SEO界隈で噂の「AMP」について解説しています。

AMPとは

AMP(Accelerated Mobile Pages)とはGoogleとTwitterで共同開発されている、モバイル端末でウェブページを高速表示するためのプロジェクト、またはそのためのフレームワーク(AMP HTML)のことです。

AMPプロジェクト公式

AMPの仕組み

通常、ウェブページにアクセスするとき、リンクをクリックしてからHTMLを読み込み、ページを表示するため、その分時間がかかってしまいます。一方AMPでは、ウェブページのHTMLをあらかじめGoogleあるいはTwitter側でキャッシュすることで、読み込む分の時間を大幅に削減する仕組みとなっています。

AMPの構成

    AMPを構成する主要素としては、以下の4つがあります。

  • HTML5(AMP HTML)
  • CSS 3(Custom Styling)
  • JavaScript (AMP JS)
  • グローバル プロキシ キャッシュ (AMP Cache)

このAMP HTMLというフレームワークはオープンソースとして公開されており、あらかじめその仕様に沿ってモバイルサイトを作成することで、Googleの検索結果やTwitterからリンクを開く際の表示速度を高速化することができます。

AMPと類似した技術として、FacebookのInstant ArticlesやAppleのApple Newsがありますが、AMP HTMLはオープンソースとして公開されているため誰でも実装できるという利点があります。

AMPの課題

現在、徹底的な高速化の代償として、AMPに対応する場合、JavaScriptの使用が大きく制限されてしまう状態にあります。この問題を解決するためGoogleは現在開発を進めております。

実際、「escape hatches(エスケープ・ハッチ)」という仕組みが準備されており、これが提供されれば、JavaScriptを利用した独自機能をAMPで実装できるようになります。

同じように発表直後はできないと言われていた広告表示アクセス解析については、2月頭に対応可能になったと公式から発表がありました。アクセス解析については、AMP Analyticsと呼ばれる専用の仕組みが公開されると同時に、Google アナリティクスもAMP Analyticsに対応したため、Google アナリティクスでAMPページへのアクセスを計測できるようになっています。

AMPがもたらす影響

AMPを導入したら検索流入が爆発的に伸びるかといえば、そうではないと言われています。

しかし、検索ランキングの順位に紐づく指標(200項目ほど)の一つに、ページの表示速度に関する項目がありますので、影響がないとは言えません。むしろAMPの導入による一番の効果としてあげられるのは、ページの表示速度が劇的に速くなり、ユーザビリティの向上につながることです。

事実として、サイトによってはページの表示速度が2秒遅くなるだけで直帰率が50%も増加するというデータも有り、AMPの導入によってユーザーのページ離脱率を抑えることができれば、これは非常に大きいメリットとなると言えます。

AMPが利用されるプラットフォーム

AMPは、前述したようにAMP HTMLの制約から、ニュース記事が中心として使われており、朝日新聞デジタルや毎日新聞デジタル、産経デジタルが早い段階から参加しています。

また、現在はGoogle検索以外のプラットフォームでもAMPの恩恵を受けられるように進められており、有名なウェブサービスとしてTwitterやLinkedIn,Pinterestなどが例として挙げられています。

AMPは、現状ではまだいくらか制約の問題をかかえていますが、それらは今後次第に解消される方向に向かっていくはずです。

まだ正式版ではありませんが、すでにWordPressでもAMPを簡単に実装できるプラグインが開発されておりますので興味のある方は実装してみてはいかがでしょうか。

少人数でSEO業務を担当されている方へ

社内外の関係者へ報告するためのレポート作成業務や日々の状況把握に追われ、施策の実行がおろそかになってにいませんか?Refractなら1つの画面で重要なデータを全て把握でき、その上ワンクリックで詳細なレポートを作成することが可能です。

SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中!

ワンクリックでレポート作成可能。SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中、15日間無料でお使い頂けます。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ(無料)

0120-304-864
受付時間:平日 10:00~18:30

フォームでのお問い合わせ

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。