コンテンツマーケティングの意味を初心者でもわかりやすく解説!

コンテンツマーケティングの意味を初心者でもわかりやすく解説!

従来とは異なるマーケティング手法として、日本では2014年頃から注目されているのがコンテンツマーケティングです。記事や動画など、顧客にとって価値のある情報を発信することで潜在的な顧客との接点を図り、商品の購買を経てファンになってもらうことを目的としたマーケティング戦略になります。

今回の記事では、現代の主流となるコンテンツマーケティングの意味と特徴を解説していきます。

\コンテンツマーケティングを中心に支援!資料ダウンロードはこちらから/

コンテンツマーケティングの意味と特徴

コンテンツマーケティングの「コンテンツ」は中身、内容という意味です。つまり、情報発信することで、商品やブランドを認知してもらい、販売する仕組みを作ります。具体的には、ブログや動画など受け手にとって有益な情報を継続的に発信することで、まだ自社の商品やサービスを知らない見込み顧客を集めて、購入に結びつけるマーケティング手法です。

コンテンツマーケティング 意味

コンテンツマーケティングは、短期的な利益や一時的な売上だけを目的にした戦略ではありません。自社の根強いファンになってもらうことでリピート購入やネット上でのさらなる広がりを促し、中長期的な収益の獲得を目指して計画を立てます。

今、コンテンツマーケティングが必要な理由

インターネットが普及したことで、消費者は知りたいときに知りたい情報を自ら探すようになりました。そこで今、コンテンツマーケティングが必要とされているのは、世間に情報が溢れすぎている、情報過多社会になっているからといえます。

テレビを見ながらCMの合間にスマホを見たり、ラジオや動画を再生しながら、同時にSNSをチェックしたり、メッセージのやり取りをする人も多いでしょう。自分に興味のない広告、関係のない情報が流れている間は別のことをしたり、簡単にスキップしたりすることができます。

したがって企業側が商品やサービスの良さを一方的に伝える宣伝方法は、今の時代には「貴重な時間を奪われる不要なもの」と認識されてしまうのです。一日の長さは誰もが平等に24時間ですから、1人が情報をインプットするのに使える時間は限られています。

この先も、情報の量はどんどん増えていくので、消費者はさらにインプットする情報をより厳選しなければなりません。商品やサービスを選んでもらう前段階として、消費者が自らインプットしたいと思える情報を配信することが、ファーストステップとして必要になってきています。

潜在顧客と企業のギャップを埋めるのが「コンテンツ」

ユーザー主体の市場の中で、頭角を現したのが、コンテンツマーケティングです。ユーザーが知りたがっている良質なコンテンツを発信することで見込み顧客と接点を持ったり、コンテンツの内容をとおして「買いたい」「行きたい」「サービスを受けたい」という購買意欲を支援します。

ユーザーが知りたいことと、企業側が伝えたいことの溝をコンテンツによって埋める、そんな情報伝達方法です。一方的な押し売りではなく、段階的に見込み顧客との関係性を築いていき、最終的な購入を目指して運営していきます。

コンテンツは、ブログ、動画、音声配信などさまざまな発信方法があります。どんな方法においても、見込み顧客が探し求める良質な情報がコンスタントに配信されていること、世の中の関心に寄り添っているような、価値のある情報を提供することが重要です。

消費者はどんなことを知りたがっているのか、どんな悩みを抱えているのかを意識したコンテンツ作りを行うことで、見込み顧客の幅を大きく広げることができるでしょう。

インバウンドマーケティングとしてのコンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングと混同しがちな言葉に、インバウントマーケティングがあります。次にインバウンドマーケティングの考え方と、対抗する戦略について解説します。

コンテンツマーケティング 意味

インバウンドマーケティングとは?

コンテンツマーケティングと似た用途で使われる言葉に、インバウンドマーケティングがあります。インバウンドマーケティングとは、見込み顧客に製品やサービスを「見つけてもらう」ことを重視したマーケティング戦略です。企業側から売り込みをするのではなく、自然に顧客になるように見込み顧客を育ててリピーターにつなげます。

コンテンツマーケティングは、インバウンドマーケティングという「目的」のための「手段」です。インバウンドマーケティングという目的を達成したいと考えたとき、コンテンツの制作、発信という手段が必要になります。

そして、コンテンツマーケティングで顧客に製品やサービスを見つけてもらい、その後ファンとして定着を図るための情報を発信するのです。

アウトバウンドマーケティングとは?

インバウンドマーケティングに対抗する方法として、アウトバウンドマーケティングがあります。かつて、営業活動や広告活動といえば、企業側から商品やサービスをアピールするアウトバウンドマーケティングが主流でした。例えば、電話営業や展示会への出展、より多くの人の目にふれるマス広告などの「PUSH」型と呼ばれる方法です。これらの手法は、見込み顧客が商品情報を得られる方法が少ない時代には大変有効でした。

一方、インバウンドマーケティング、コンテンツマーケティングは「PULL型」と呼ばれる手法です。ユーザーが興味を持ちやすいコンテンツを配信することで、ユーザーの意志で選んでもらい、コミュニケーションを取りながら段階的に見込み顧客を顧客、そしてファンに育てていきます。

現代にマッチしたPULL型の戦略

コンテンツマーケティングは、相手の都合に寄り添いながら、段階的に関係を深めていくという意味で、下記のような恋愛に例えられることもあります。

コンテンツマーケティング 意味

コンテンツマーケティングは従来の純広告に比べると、時代に合ったPULL型のマーケティング手法といえるのではないでしょうか。

PUSH型のアウトバンドマーケティングに比べて、成果につながるまで時間と制作に手間はかかりますが、その分広告費がかからないので始めやすいのも魅力です。

コンテンツマーケティングとSEO

コンテンツマーケティングでは、情報を求めている人に「見つけてもらいやすくする」ためのプロセスも必要です。コンテンツ自体が直接的な広告ではないので、「いろんな人に知ってもらいたい」というユーザーが増えれば、SNSで拡散しやすい特性があります。記事や動画をアップしたら、SNSで告知するとよいでしょう。

また、消費者は情報にたどり着くために、Googleをはじめとした検索エンジンを活用しています。SEO対策は「見つけてもらう」ための強力な手段となるため、コンテンツマーケティングの効果を最大化できる施策です。

具体的には、読み手がわかりやすい記事を書く必要はもちろん、検索エンジン側が「ユーザーが求めている回答に近い記事」と認識されるような内容を意識するなどの対策も有効になります。

コンテンツマーケティングの種類

コンテンツマーケティングにはさまざまな種類があります。情報を見つけてもらうことに集中するためには無料のものから始めるといいでしょう。将来的に、ファンになった顧客が長く楽しめるような書籍やセミナーなどの有料コンテンツも取り扱うようにすると幅が広がります。

コンテンツマーケティング 意味

定番はブログ形式の記事

コンテンツマーケティングで最も多く利用されているのが、ブログ形式の記事の更新です。これは、自社ホームページに追加することもでき、リソースのない中小企業も簡単に始められます。自社の業界の歴史や、会社に多く寄せられる質問など、定期的に発信するのが効果的です。また特定のジャンルに特化したオウンドメディアを開設しても、同じように情報発信ができます。

動画、音声コンテンツでの配信

動画は、短い時間で静止画や文章よりもたくさんの情報を伝えらるため、YouTubeなどで、動画コンテンツ発信をしている企業もあります。ただし、制作に手間がかかるのと、定期的に更新していくためにはある程度の時間的な余裕が必要になります。

また、たくさんの動画の中から選んで視聴してもらうためには、タレントを起用したり、凝った内容に作りこんだりと予算が高くなる可能性もあります。競合が多い場合は特に、自社の商品やサービスが動画に向いているかどうか、じっくり考える必要があるでしょう。

最近では音声メディアを使ったコンテンツも増えています。音声メディアでのマーケティングというと、ラジオのスポンサー契約などを思い浮かべるかもしれません。しかし今では、独自の音声番組を録音して配信している企業も増えています。

家事や内職をしながら聴取できるので手軽な上に、リスナーとのやり取りが近いため、ファンを獲得しやすいという特徴があります。

今できることからコンテンツ作りを始めよう

コンテンツマーケティングでは「自社の商品やサービスには、どんな見込み顧客がいるのか」を考えてコンテンツを作ります。発信してみると、思いがけない潜在ニーズが見つかる可能性もあります。ただスタート時はできるだけターゲットを絞って考えたほうが、目的が明確になるでしょう。

現代はインターネットの普及により情報が溢れて、ユーザー自身が主体的に商品を選べる時代になりました。この時代背景から、「企業が一方的に商品をPRすれば売れるという時代は終わった」といえます。自社の製品やサービスを見つめ直し、先々を見据えてできることから取り組んでいく必要があるでしょう。

また、コンテンツマーケティングについてまとめた資料もご用意しております。

  • コンテンツマーケティングの流れ
  • コンテンツマーケティング成功の秘訣
  • 投資対効果を最大化するための効果測定の考え方

具体的な内容については、ダウンロードの上、ご確認ください。

関連記事

ブログ記事をリライトして検索順位を上げるには?

ブログ記事をリライトして検索順位を上げるには?

コンテンツマーケティング 採用

コンテンツマーケティングで採用活動するメリットを解説【事例付き】

Lidea(ライオン) vs 花王の顔(花王)【オウンドメディア一本勝負!第1回】

新着記事

パラメータとは?のイメージ

パラメータとは?アクティブとパッシブの違いについて

ディレクトリとは?のイメージ

ディレクトリとは?データ管理の理想的な構造でウェブサイトを最適化しよう

サブドメインとは?のイメージ

サブドメインを活用しよう!意味やメリット、サブディレクトリとの使い分けを解説