インバウンドマーケティングとコンテンツマーケティングの違いとは?

インバウンドマーケティングとコンテンツマーケティングの違いとは?

インターネットやSNSの普及により、消費者が自ら必要な情報を集めるようになった現代では、人々の購買行動も大きく変化しました。それに伴い企業側のマーケティング手法も、従来のマス型広告を中心とするアウトバウンドマーケティングから、消費者に見つけてもらうインバウンドマーケティングへと変化しつつあります。

インバウンドマーケティングに似たマーケティング手法で見られるのが、コンテンツマーケティングです。今回の記事では、双方の位置づけや実施する際のメリットとデメリットも踏まえた特徴と活用方法について解説します。

\コンテンツマーケティングをサクッと学ぶなら!/

インバウンドマーケティングについてざっくり解説

インバウンドマーケティング(Inbound Marketing)とは、ユーザーにとって関心の高い情報や有益な情報を発信することで、ユーザー自身に自社や商品・サービスを「見つけてもらう」マーケティング手法のことです。そのスタイルから「顧客主導型」「プル型」「受け身の手法」などといわれることもあります。

従来のテレビ・雑誌・新聞・ラジオなどの広告に代表される、マス型広告を主とした企業主導型のマーケティングスタイルを「アウトバウンドマーケティング」と呼びます。これに対して、消費者の興味・関心を軸としたマーケティングスタイルが「インバウンドマーケティング」です。

インバウンドマーケティングが注目されるようになってきた背景として、インターネットの普及による消費者を取り巻く環境が変化してきたことが挙げられます。誰でもインターネットに簡単にアクセスできるようになったことから、人々は購買行動の多くをインターネットに依存するようになりました。

具体的には、商品やサービスを認知したのち、具体的な情報を企業の自社サイトやオウンドメディアなどで調べたり、SNSや口コミサイトで実際の使用感をチェックしたりして比較・検討します。

このように商品を比較検討する流れは、多くの人が経験しているのではないでしょうか。注目すべきは、購買前のプロセスのほとんどがオンラインで行われている点です。特にECサイトでは、購入するところまでオンラインで完結することも多いでしょう。

つまり、ユーザーのニーズに応えるような情報を、いかにうまくユーザー自身に見つけてもらうかに重点を置く必要があります。企業が商品の情報を一方的に発信する「売り込み型」の情報では、もはや人々に見てもらえない可能性が高いでしょう。ユーザーの能動的な購買行動にうまく対応してタッチポイントを活かすべく、インバウンドマーケティングが注目を集めているのです。

コンテンツマーケティングとの違いとは?

では、インバウンドマーケティングとコンテンツマーケティングの違いとは何でしょうか。コンテンツマーケティングとは、コンテンツ(=広告ではない、有益な情報のこと)を使ったマーケティング活動のことを指します。

ユーザーにとって有益な情報、魅力的で関心の高い情報を発信することで、マーケティングにつなげていく手法です。このように、コンテンツマーケティングはインバウンドマーケティングと非常によく似た手法です。

インバウンドマーケティングとコンテンツマーケティングはほぼ同義として使われることも多いのですが、インバウンドマーケティングはより包括的な「概念・プロセス」であり、コンテンツマーケティングはその概念を実践するための「手法そのもの」と捉えるとわかりやすいでしょう。

インバウンドマーケティングという概念を提唱したのはHubSpot社の創立者です。そのHubSpot社がインバウンドマーケティングとコンテンツマーケティングの違いをマーケターにアンケート調査したところ、「コンテンツマーケティングはインバウンドマーケティングに含まれる」という回答がもっとも多い結果でした。このことからも、インバウンドマーケティングという概念の中に、コンテンツマーケティングがあると考えていいでしょう。

インバウンドマーケティング コンテンツマーケティング

コンテンツSEOとコンテンツマーケティングとの違い

一方で、コンテンツSEOとコンテンツマーケティングはよく似ているようで、全く異なるものです。コンテンツSEOとは、SEO(検索エンジン最適化)を行い、検索ニーズと意図を把握したコンテンツを充実させることで、GoogleやYahoo!などの検索エンジンを介して自社サイト、オウンドメディアへの流入を増やす手法のことを指します。

世界中で検索エンジンの圧倒的なシェアを占めるGoogleの検索アルゴリズムは、ペンギンアップデートやパンダアップデートなどを経て、日々進化しています。その結果、SEOは単なる機械的な手法ではなくなり、ユーザー目線での本当に良質なコンテンツが重要視されるようになりました。そのような背景からコンテンツSEOという概念が生まれたのです。

つまり、SEOとコンテンツマーケティングの重なる部分が「コンテンツSEO」だといえるでしょう。見込み顧客に向けたコンテンツは検索ニーズもあるため、コンテンツマーケティングとセットでコンテンツSEOが行われることも多いです。

 

\コンテンツマーケティングをサクッと学ぶなら!/

コンテンツマーケティングの種類

続いて、コンテンツマーケティングの種類について解説します。コンテンツマーケティングにはさまざまな種類がありますが、明確な定義があるわけではありません。例えば、「自社サイトやメディアでブログ記事を載せる」、「成功事例を紹介する」、「ホワイトペーパーを配布する」などもそれぞれコンテンツマーケティングの一部です。

また、SNSなどソーシャルメディアから情報を得る人がも多いのも現代の特徴です。YouTubeやTikTokなど動画配信プラットフォームの充実、Instagramなどの写真・映像共有サービスの発展により、動画・画像・映像などテキスト以外のコンテンツもコンテンツマーケティングに取り入れる企業が増えています。

オフラインではセミナーや展示会などもコンテンツマーケティングの1つですが、感染症対策などのニューノーマル化により、ウェブ上でセミナーを行う「ウェビナー」が増加しています。さまざまなチャネル、コンテンツの中から自社やトレンドに合ったものを選び、消費者とのタッチポイントを設計しましょう。

コンテンツの種類
主な配信先
テキストコンテンツ
オウンドメディア、ブログ、SNS、メールマガジン、書籍、雑誌、ホワイトペーパー
写真
オウンドメディア、SNS
動画・ウェビナー
オウンドメディア、SNS
オフラインセミナー・イベント
オフライン

 

知っておきたいコンテンツマーケティングのメリット・デメリット

コンテンツマーケティングのメリット・デメリットを紹介します。

コンテンツマーケティングのメリット

コンテンツマーケティングのメリットとしては、主に以下のような点が挙げられます。

  • 広告費を抑えられる
  • 導入のハードルが低い
  • コンテンツが資産として蓄積できる
  • ブランディングにつながる
  • ソーシャルメディアとの相性がいい

コンテンツマーケティングに必要なのはオウンドメディアやメールマガジン、SNSアカウントなどのシステムと良質なコンテンツだけなので、コストを抑えやすいのが大きなメリットです。外注せず社内でコンテンツから運用まで管理できれば、導入のハードルも低いでしょう。

また、一度作成されたコンテンツは自社オリジナルの資産として残り続けます。有益な情報がインターネット上に残り、さまざまな人の目にふれられれば企業への信頼度が高まり、ブランディングにもつながるでしょう。さらに、公開されたコンテンツがユーザーにとって有益ならSNSなどで拡散されやすいのも、コンテンツマーケティングならではのメリットです。

コンテンツマーケティングのデメリット

一方、コンテンツマーケティングには以下のようなデメリットもあります。

  • 成果が出るまでには、ある程度の時間がかかる
  • コンテンツ制作に時間や労力がかかる
  • 定量的な目標設定(KPI)がないと、成果が見えにくい

コンテンツマーケティング最大のデメリットは、成果が出るまでにある程度の時間がかかることです。即効性がないため、成果が出るまでコンテンツマーケティングを続けていくモチベーションを保つのはなかなか難しいかもしれません。これは、そもそも良質なコンテンツを作るためには、どうしても時間も労力もかかるというデメリットも関係してきます。

コンテンツマーケティングを、成果が出る前にやめてしまう企業も少なくありません。非常にもったいないことですが、短期的な目標をクリアしていく過程がないとモチベーションを維持しにくいばかりか、施策として有効なことを社内に示しづらいのも事実です。適切かつ定量的な目標設定をし、KPIを1つひとつステップアップしていくようにしましょう。

インバウンドマーケティングの実践には、コンテンツマーケティングが重要

インバウンドマーケティングとコンテンツマーケティングはほぼ同義で使われることが多い言葉ですが、インバウンドマーケティングの方が広い概念です。インバウンドマーケティングという包括的なプロセスに対し、コンテンツマーケティングという手法があると捉えるのがいいでしょう。

インバウンドマーケティングの実践として、コンテンツマーケティングは重要です。コンテンツマーケティングの種類やメリット・デメリットを正しく理解し、インバウンドマーケティングの成功につなげましょう。

ナイルでは、コンテンツマーケティングについてまとめた無料のPDF資料もご用意しております

  • コンテンツマーケティングの流れ
  • コンテンツマーケティング成功の秘訣
  • 投資対効果を最大化するための効果測定の考え方

を解説しており、具体的な内容は資料で紹介しております。メールで資料のPDFファイルを配信しておりますので、いつでも読み返しできます。

情報収集中の担当者様も、お気軽に以下のバナーをクリックして、ダウンロードフォームより資料をお申し込みください。

編集者情報

金子 光
金子 光(かねこ ひかる)
新卒で楽天グループ株式会社に入社。
営業管理として40人規模のチームをマネジメント。その後社員3人のベンチャー企業に入社し新規事業立ち上げを経験。
現在はナイルのマーケティング相談室編集長として、Webマーケティングに従事している。
無料相談はこちらから

監修者情報

ナイル編集部
ナイル編集部

2007年に創業し、約15年間で累計2,000社以上の会社にマーケティング支援を行う。また、会社としても様々な本を出版しており、業界へのノウハウ浸透に貢献している。(実績・事例はこちら

PIVOTにもスポンサード出演しました!

PIVOTにもスポンサード出演しました!
チャンネル登録者数が100万人を超えるYoutubeチャンネルPIVOTにスポンサード出演しました!
動画内では、マーケティング組織立ち上げのための新しい手段についてお話しています。
マーケティング組織に課題がある方はぜひご覧下さい。
動画を見る

関連記事

【営業マン必見】クロージングとは?成功率向上のコツ11選と基本の流れを紹介

【営業マン必見】クロージングとは?成功率向上のコツ11選と基本の流れを紹介

maツール 選び方

失敗しない!MAツールの選び方を解説

MA本

【MAツール入門】本でマーケティングオートメーションを深く知る!おすすめ12冊を紹介

新着記事

【下書き_五十嵐】コンテンツマーケティングの記事作成の基本!手順やコツ、種類をわかりやすく解説

コンテンツマーケティングの記事作成の基本!手順やコツ、種類をわかりやすく解説

SEOで売上をアップするコツとは?仕組みや7つの解決施策を紹介

【2024年バレンタインギフト購買調査】

もっと効果的な集客施策
してみませんか?

Web戦略の情報を
定期的に受け取りたい方

取材・メディア掲載に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。