SEO対策の超基本! タイトルタグとメタディスクリプションの書き方

SEO対策の超基本! タイトルタグとメタディスクリプションの書き方

ページのタイトルを表すtitleタグや、概要を表すdescriptionは、SEOのサイト技術的要件で最も基本かつ重要なポイントのひとつです。

この記事ではtitleタグ、descriptionタグの書き方を解説します!

\SEO記事のタイトル設定を解説!無料のスライド資料はこちら/

タイトルタグとメタディスクリプション

タイトル(title)タグは、HTMLの<head>内に記載され、<title>~</title>というタグで囲まれた部分がそのページのタイトルを表します。タイトルタグに記載された内容は、ブラウザのタブなどに表示されたり、検索結果ページでページのタイトルとして表示されます。

メタディスクリプションは、サイトの概要文・説明文として使われます。多くの場合、検索結果でページの説明文として表示されます。

例えばSEO 相談室のTOPページでは、

これがHTML内のタイトルタグとメタディスクリプションして設定されています。下記のとおり、検索結果に反映されます。

SEOを考慮したタイトルタグとメタディスクリプションの設定方法

タイトルタグやメタディスクリプションは、上記のように検索結果に表示されるものですので、「クリックする前にユーザーが見るもの」として考えなければいけません。

また、ユーザーがタイトルを見てそのページに何が書かれているかを想像するのと同様に、検索エンジンもタイトルに記載されている内容はそのページの主だったテーマと判断します。以下は設定時に注意すべきポイントを整理します。

1. 目標とするキーワードを必ず含める

検索エンジンはタイトルや概要文に記載されているキーワードをそのページのテーマと判断し、順位評価に影響させます。また、ユーザーにとっても自分が検索したキーワードがここに入っていなかった場合、クリックした先に自分が知りたい情報が無いのではと躊躇してしまいますので、よほどの事情がない限り、必ずキーワードを含めます。

ペット通販の検索結果。タイトルに含まれる

 

2. ページの内容がわかるものにする

検索結果画面での表示内容(スニペット)は、サイト内容がわかるようなものにしましょう。表示の範囲内で、端的にページの内容が伝わる記述を心がけてください。

3. 表示される文字数で記載する

タイトルタグの場合全角で30文字前後が検索結果に表示され、それを大きく超過する場合には「…」で途切れてしまいます。メタディスクリプションはおよそ全角80~100文字を超過した場合に途切れてしまいます。
※30文字 / 80~100文字 というのはあくまで目安で、状況や利用環境によって増減します。

必ずしも30文字以内、100文字以内というところにこだわる必要はありませんが、少なくとも「伝わってほしいことが検索結果で途切れてしまう」ということがないようにしてください。特に記事タイトルの末尾に入れたサイト名などは省略されがちです。

「文字数が多くなってしまうのでタイトルには盛り込みにくいけれど、ユーザーから検索される可能性のある関連キーワードがほかにもある」といった場合は、関連キーワードを盛り込んだディスクリプションの作成がおすすめです。

最も検索されそうなキーワードをタイトルに入れ、メインキーワードに関連するキーワードをディスクリプションのほうに振り分けます。そうすることでより、ユーザーへの訴求力がある魅力的なディスクリプションになるでしょう。

ページのコンテンツ内に、タイトルで使用したメインキーワードに関連するキーワードがいくつも含まれていれば、検索結果で上位表示される可能性があります。また、検索結果にディスクリプションが表示される際、検索キーワードは太字で表示されますので、ユーザーの目を引く効果が期待できます。

4. クリックしたくなるようなものにする

タイトルタグやメタディスクリプションの内容はCTR(=クリック率)に大きく影響します。

まずは、ユーザーにそのページの内容を適切に伝えることと、その上で金額や特徴などの他サイトとの違いや差別化を打ち出し、競合するページよりもクリックしたいと思わせるような工夫が必要です。

ユーザーがディスクリプションを読んでクリックしたいと感じてもらうには、「コンテンツをどのような人に届けたいのか」というターゲットの設定が重要です。

年齢層や性別、職種などによって最適な文章表現や文字数は異なります。コンテンツとディスクリプションのトーンに、ずれがないよう注意しましょう。

ターゲット層に最適な文章表現を検討した上で、コンテンツがユーザーの課題をどのように解決するのかを考えます。コンテンツを閲覧することでユーザーが享受できるメリットをはっきりと打ち出しましょう。

加えて、コンテンツを閲覧し、課題が解決した結果どうなるかまで、ユーザーに想起してもらえるようなディスクリプションであれば理想的です。

なお、こうした考え方は昔から今までさほど変わっておらず、弊社の土居が執筆した初心者向けSEO本『10年つかえるSEOの基本」』の中でも触れられていますので、ご興味ある方はぜひご覧ください。

\社内共有にもオススメ!無料のスライド資料はこちら/

設定したタイトルやディスクリプションの表示を確認する

ディスクリプションは検索エンジン側がページの内容を判断し、自動的に生成して検索結果に表示します。そのため、こちらでディスクリプションを設定しても、設定通りの文章が表示されないこともあります。

こちらの希望通りにディスクリプションを表示させるためには、コンテンツの内容をできる限り正確にディスクリプションへ反映するよう心掛けましょう。

検索結果でタイトルやディスクリプションが実際にどのように表示されるかは、自社サイトのURLの前に「site:」コマンドを付けて検索をすると確認できます。

サイト全体だけでなく、ページごとにタイトルとディスクリプションがどのように表示されるかが閲覧可能です。新しくページを作成したり、リライトしたりした後に都度確認してみましょう。

ディスクリプションとSEOの関係

近年、検索順位を決定するアルゴリズムにディスクリプションの有無は含まれていません。ディスクリプションの設定によって向上が期待できるのはCTRであり、直接的に検索結果の順位を向上させてくれるものではないです。

しかし、ディスクリプションは直接的に検索順位を向上させなくても、よりコンテンツの内容を反映する大事な役割です。ユーザーにとって魅力的なディスクリプションへと改善することでクリック率が高まり、結果としてSEOに影響し検索順位も向上することは留意しておきましょう。

SEOの基本施策として、タイトルだけでなくディスクリプションもページごとに最適なものを考え、しっかりと設定しておくことが大切です。

また、SEOに効果的なタイトルの付け方をまとめた資料もご用意しております。

  • タイトルタグとは
  • タイトルタグがSEOにおいて与える効果
  • 6つのタイトルのポイント

などタイトル設定について解説しており、具体的な内容は資料内で紹介しております。

お気軽に以下のバナーをクリックして、ダウンロードフォームより無料のスライド資料をお申し込みください。

SEO事例

コンテンツのリライトで検索流入を700%に改善した事例《freee株式会社》

BtoB向けサービスサイトへの自然検索流入を40倍にした事例《ちきゅう株式会社》

オウンドメディアのSEO設計で、自然検索流入数が3.5倍、CV数5倍にした事例《株式会社恵学社》

関連記事

titleタグなどのキーワード最適化は「ページの内容」ではなく「検索する人」に合わせて言葉を書く

外部リンクとは?質の悪い被リンクの事例とペナルティのリスクについて

外部リンクとは?質の悪い被リンクの事例とペナルティのリスクについて

検索キーワードの表記揺れの対応方法について

検索キーワードの表記揺れの対応方法について

新着記事

リード文 書き方

効果的なリード文の書き方とは?その方法を一から解説

オウンドメディア 事例記事 書き方

オウンドメディアにおける事例記事の書き方とは?

オウンドメディア 意味ない

オウンドメディアは本当に意味がないのか?成果が上がらない原因と成功へのポイントを探る