E-A-Tとは?コンテンツのE-A-Tを高める考え方

E-A-Tとは

E-A-Tとは、Webページ・WebサイトのExpertise(専門性があること)、Authoritativeness (権威があること)、TrustWorthiness(信頼できること)の頭文字をとったもので、Googleが「検索品質評価ガイドライン」で示したWebサイトを「高品質なコンテンツ」としてみなす上で重要な要素を指します。

Googleは「Google General Guideline(検索品質評価ガイドライン)」にて「E-A-Tは有益な目的を持つすべてのページにとって非常に重要である」と公式に言及しており、Googleの観点から高品質のWebサイトを判別することがわかります。

1

特に、医療、法律、金融などのYMYL(財産と生命)に関わる情報を取り扱っているサイトである場合、E-A-Tに対して特に意識する必要があります。 

E-A-Tを高める考え方について

「検索品質評価ガイドライン」では、コンテンツの品質評価の考え方を概説するに留まっているため、サイトを具体的にどのようにするべきかはわかりませんでしたが、2019年10月に公開されたGoogle公式ブログでは、コアアップデートに関するチェックリストが提示されており、コンテンツの品質を自身で評価するためのヒントとなっています。長いリストなので全て引用はしませんが、下記リンクをご確認ください。

 参考: Google ウェブマスター向け公式ブログ [JA] : Google のコア アップデートについてウェブマスターの皆様が知っておくべきこと

E-A-Tを高める取り組みの例

Googleが示しているチェックリストに応えるような取り組みを「専門性」「権威性」「信頼性」それぞれでいくつかご紹介します。

専門性に関する取り組み

サイトの専門性を高める取り組みとしてまず考えられるのは、サイトで取り扱うジャンルに詳しい専門家に監修してもらうことです。加えて、以下のような施策で、監修に関わった専門家やサイトの運営会社に関する情報をサイトで明確に記述してユーザーやGoogleに示すことも重要です。

  • 著者ページの作成 
  • 記事ページ内に著者紹介エリアを設置
  • ウェブサイト運営者概要ページの作成 
  • 記事ページの構造化データのauthorプロパティに著者情報を記述

権威性に関する取り組み

サイトの権威性を高めるための方針としては「高品質な被リンク、または引用リンクの獲得」を挙げられます。高品質な被リンクとは、大学や公的機関などの権威性の高い企業や団体や、自社サイトと関連性の強いサイトから自然についたリンクを指します。

被リンクを集めやすいコンテンツは、以下のような訪れたユーザーが「誰かに紹介していい」と思えるほど有益な情報であると考えられます。

SEO HACKSがリンク獲得している記事の傾向をまとめてみると

  • 初心者が見ても分かりやすくなっていて、丁寧に作られているなと感じてもらえる
  • ノウハウとしてすぐに役立てるイメージが湧くようになっている
  • 速報性があり、かつ詳細でわかりやすくなっている
  • 勘違いされがちな概念、難しい概念をわかりやすく説明している

上記のようなポイントを満たした記事がリンクされていました。

出典:被リンクはどう増やす?SEO HACKS事例からみるリンク獲得方法 | SEO HACKS公式ブログ

また、すでに自社サイトで獲得している被リンクにも注目することも重要です。順位操作を目的とした人工リンクや、スパムサイトからの不自然なリンクがついていないかチェックしましょう。被リンクのチェックの仕方については次の記事からご確認ください。

参考記事:【ペンギンアップデート4.0実施】今見直しておきたい。SEOにおける『良い被リンク』『悪い被リンク』の見分け方 | SEO HACKS公式ブログ

信頼性に関する取り組み

サイトの信頼性を高めるためには、サイト内のコンテンツが事実に基づいた網羅性がある内容であり、そのことがユーザーやGoogleに認識されていることが重要です。コンテンツ内で扱う情報は、可能な限り大学・上場企業・公的機関など信憑性の高いサイトで言及されている情報を参考に、出典を明記しましょう。 

また、ウェブサイトのセキュリティ対策を徹底することも信頼性を担保するために重要です。GoogleはHTTPSに移行した(SSL化された)ウェブサイトの評価を高めると公表しています。SSL化は個人情報を取り扱うウェブサイトを安全に運営していく上で重要な役割を担っています。SSLに限らずサイト全体の脆弱性やバグに対して柔軟に対応していくことが重要です。 

最後に

上記に挙げた以外にも、E-A-Tを高めるための取り組みと呼ばれるものはありますが、特定の対策を施せば検索エンジンからの評価が高まるというものではありません。

一番大事なのは検索エンジンの方を見るのではなく、ユーザーの方を向いて彼らのニーズに応えることです。ユーザーにとって安心でき、信頼に足る発信者であり続けていきましょう。

Webサイトの運用・集客でお困りではありませんか?

デジタルマーケティング全般についてのご相談はこちら

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

お問い合わせはこちら