サブドメインとサブディレクトリの違い・使い分け

SEO対策を実践する際に何かしらの理由でサブドメインの使用を考えることもあると思いますが、サブドメインとサブディレクトリ、各々どのように使い分ければ良いかと質問されることがありますのでそれに関して解説します。

そもそもサブドメイン・サブディレクトリとは何か

サブドメインとは、「http://example.com/」を本体(ルートドメイン)とした場合に、「http://sub.example.com/」の”sub”の部分をルートドメインに対するサブドメインと呼びます。一方「http://example.com/sub/」の”/sub/”の部分はサブディレクトリと呼びます。

身近なサイトではYahoo!でもサブドメインでのサイト展開がされています。

  • Yahoo!JAPAN: http://www.yahoo.co.jp/
  • Yahoo!オークション: http://auction.yahoo.co.jp/
  • Yahoo!知恵袋:?http://chiebukuro.yahoo.co.jp/

Yahoo!JAPANの「yahoo.co.jp」に対して、「auctions」や「chiebukuro」がサブドメインに当たります。

※実際には「www.」もサブドメインなのですがここではその議論は割愛します。

サブドメインとサブディレクトリの違い

これもGoogleの中で厳密にサブドメインとサブドメインの扱いがどのようになっているかは少し微妙なところもあるのですが、例えば「Yahoo」と検索したGoogleの検索結果を見てみましょう。

「Yahoo」での検索結果Yahoo!JAPANの検索結果の中にYahoo!のサブドメインのコンテンツが束ねられて表示されています。ここから、少なくとも完全な別サイトということではなく本体(ルートドメイン)と密接な関係にあるWEBサイトとして扱われていることは伺えます。

一方、今度は「価格 com」でのGoogle検索結果を見てみます。

「価格com」での検索結果こちらはサブドメインではなく、サブディレクトリのコンテンツが先ほどの「Yahoo!」の例と同じように束ねられて表示されます。ここだけ見ると、どちらも検索エンジンからは似たような扱いを受けている部分もあるのではないかという想像はできます。

※2011年10月28日にこのページは作成されていますが、検索結果上の表示は時折検索エンジンの仕様変更により変化することもあります。記事作成時点ではこの表示をされています。

何が違うのか、どう使い分けるのか

基本的には「本体サイトに対して、同じテーマ内のより詳細なコンテンツである場合にはサブディレクトリ、テーマや役割が異なるコンテンツである場合にはサブドメイン」という考え方で良いと思います。

例えばYahoo!JAPANは巨大なポータルサイトですが、Yahoo!知恵袋はQ&AサイトですしYahoo!オークションはオークションサイトです。Yahoo!の名を持つサイトではありますが、サイトとしての性質と目的がそれぞれ異なる独立したものですので、この場合はサブドメインで切り分けるのが自然と思います。

価格.comは価格比較サイトです。上記の例に挙げた「パソコン」「カメラ」などは、サイト内で扱う商品カテゴリになります。同じ価格比較というテーマの中で、どのコンテンツも最終的なゴールは同じで、単にそれぞれ異なる商品カテゴリを表すページですので、この場合にはサブディレクトリで同一サイト内で展開するのが良いです。

価格コムをサブドメインで展開した場合

もし価格.comをサブドメインで展開したとなると、下記のようなサイト構成になります。

価格.com トップ: http://kakaku.com/
価格.com パソコン: http://pc.kakaku.com/
価格.com カメラ: http://camera.kakaku.com/

これを行うメリットはあるでしょうか??

ちなみに「パソコンやカメラのページがTOPページになるので上位表示されやすい」なんていうことはありません。TOPページが一番上位表示されやすいのはあくまで通常のWEBサイトでは最もTOPページにリンクが集まりやすいためというだけであって、TOPページをより高く評価するなどという決まりは特にないと考えて下さい。

※実際に価格.comは現状でも「パソコン」などのキーワードで常に上位にあります。

また、「サイトが異なるのでそれぞれが外部リンクとして相互リンクの役割を果たせる」と考える方もいるかもしれませんが、それも疑問が残る考え方です。

現時点でGoogleのウェブマスターツールにおいては「サブドメインからの被リンク=内部リンク」とカウントされていることを考慮すれば、通常のサイト内リンクと全く同一の扱いであるかは別としても、少なくとも完全なる別ドメインのサイトからのリンクと同等の扱いではないということは想像できると思います。

つまり敢えてサブドメインを切ることで得られる特別なメリットはあまりないように思えます。上述したように、最近のGoogleではサブドメイン、サブディレクトリの双方で特に大きな扱いの違いはないように感じています。従って、サイトの構造上の問題、運用上の都合などを優先してどちら(または完全に別のドメインを取得して新規の別サイトとして運営するなどの選択肢ももちろんあります)、を選択するかを検討されると良いと思います。

SEOの観点で言えば、サブディレクトリで展開している場合であれば、パソコンのページに対して向けられた外部リンクや、カメラのページに対して向けられた外部リンクがあった場合に、それが全て本体のルートドメインに蓄積されます。つまりサイト内でどのページでリンクを獲得しても、それが内部リンクを通じてサイト内に行き渡り、直接サイト全体の評価の向上につながるのです。

一方サブドメインとして切り分けられた場合、サブドメインに向けられた被リンクのパワーは、ルートドメインに直接蓄積されるわけではなく、リンクを通じてリンク先にページランクを受け流すという間接的なものになります。つまりサブドメインのサイト一つ一つがそれぞれ強化されていかなければいけないのです。

このような理由で、特に「サイトとして切り分ける」という事情がない場合にはサブドメインよりもサブディレクトリでの展開が一般的で、SEOの観点からも望ましい場合が多いと思います。

Yahoo!がサブディレクトリで展開しない理由

ここまでの話を読むと、サブドメインに何のメリットもないと感じる方もいるかもしれませんが、そういうことでもありません。例えばYahoo!のサイトでそれぞれをサブディレクトリで展開するとどのようなことが生じるでしょうか?

①サイト内でテーマがバラバラになる

基本的にSEOを行う上で、サイト全体として1つのテーマを持ち、各コンテンツ毎に情報がテーマ別にまとまって整理されているということは基本中の基本になりますが、ポータルサイト、Q&A掲示板サイト、オークションサイト、ニュースサイト、路線情報、天気情報などが一つのサイトの中に混在していた場合、単に色んなコンテンツを1サイトにグチャっとまとめただけのテーマの一貫性の薄いサイトになってしまいます。

テーマやサイトとしての役割や目的、ターゲットとするユーザーがそもそも異なるので、同じサイト内で展開する必要はありません。1つのサイトで1つのテーマ、はSEOでの基本中の基本です

②アクセス解析もゴチャゴチャになる

先ほどとは正反対の意見になりますが、サイトのテーマやターゲットユーザー、サイト毎のゴール(目標)やKPIが全く異なるものをサイト内でまとめて解析することはまるでナンセンスで、それぞれ独立して解析を行わなくてはなりませんし、無理やりサイト内で解析を切り分けることもできなくはないと思いますが、敢えてそうする理由はないと思います。

その他、システムの設計上の問題も大いに関わってくると思いますが、こういった理由から、Yahoo!はサブドメインでのサイト展開を行う必然性があると言えます。同じようなことは楽天などでも言えると思います。

結論

少し長くなってしまいましたが、結論としては、まずは「本体サイトのテーマの中の1コンテンツ」であればサブディレクトリで展開することにメリットが多いですし、「本体サイトとは役割や目的、サイトのテーマが異なる」場合にはサブドメインでの展開が自然です。

サブドメイン、サブディレクトリということ自体にSEO上の優劣は現在ではほとんどないように思います。どういった意図でどういうサイト運用・展開を行っていくかによってどちらを用いるかは判断されると良い思います。

少人数でSEO業務を担当されている方へ

社内外の関係者へ報告するためのレポート作成業務や日々の状況把握に追われ、施策の実行がおろそかになってにいませんか?Refractなら1つの画面で重要なデータを全て把握でき、その上ワンクリックで詳細なレポートを作成することが可能です。

SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中!

ワンクリックでレポート作成可能。SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中、15日間無料でお使い頂けます。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ(無料)

0120-304-864
受付時間:平日 10:00~18:30

フォームでのお問い合わせ

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×