サブドメインとサブディレクトリの違い・使い分けについて

更新日: 公開日:

新しいサイトを作成する際など、サブドメインとサブディレクトリのどちらで作成すればいいのか気になった方も多いのではないでしょうか?できるなら効果的な方で作成したいですよね。
今回はサブドメインとサブディレクトリの違いやどのように使い分ければ良いかを解説していきます。ぜひ最後まで読んで、正しく理解いただければと思います。

そもそもサブドメイン・サブディレクトリとは何か

サブドメインとは

サブドメインとは、「https://example.com/」を本体(ルートドメイン)とした場合に、「https://sub.example.com/」の”sub”の部分をルートドメインに対するサブドメインと呼びます。

身近なサイトではYahoo!でもサブドメインでのサイト展開がされています。

  • Yahoo!JAPAN: https://www.yahoo.co.jp/
  • Yahoo!オークション: https://auction.yahoo.co.jp/
  • Yahoo!知恵袋: https://chiebukuro.yahoo.co.jp/

 

Yahoo!JAPANの「yahoo.co.jp」に対して、「auctions」や「chiebukuro」がサブドメインに当たります。

※実際には「www.」もサブドメインなのですがここではその議論は割愛します。

サブディレクトリとは

一方、サブディレクトリとは、「https://example.com/」を本体(ルートドメイン)とした場合に、「https://example.com/sub/」の”sub”の部分をルートドメインに対するサブディレクトリと呼びます。

身近なサイトでは価格.comで、サブディレクトリでのサイト展開がされています。

  • 価格.com : https://hoken.kakaku.com/
  • 価格.com 家電製品: https://kakaku.com/kaden/
  • 価格.com PC製品: https://kakaku.com/pc/

 

価格.com保険比較の「kakaku.com/」に対して「kaden」「pc」がサブディレクトリに当たります。

サブドメインとサブディレクトリのSEO上の違い

はじめにGoogleのジョン・ミューラー氏と元Googleのマット・カッツ氏の発言を確認しましょう。

サブドメインとサブディレクトリはほぼ同等です。 私は基本的には構成、CMS、その他すべての点で簡単な方を選びます。どちらも同じドメインにあるため、どちらが簡単かがポイントになります。

原文

They’re roughly equivalent. I would basically go with whichever one is easier for you in terms of configuration, your CMSs, all that sort of stuff… Both are on the same domain overall and so it’s really a question of which one is easier for you.

引用元:Should I structure my site using subdomains or subdirectories? – YouTube

マット・カッツ氏は、サブドメインとサブディレクトリの扱いはほぼ同等であり、運用しやすい方を選ぶとコメントしています。

次にジョン・ミューラー氏ですが、

Googleのウェブ検索は、サブドメインまたはサブディレクトリのいずれかを使用しても問題ありません。サイトのURL構造を変更すると、検索順位が落ち着くまでに少し時間がかかる傾向があるため、より長く保持できる設定を選択することをお勧めします。

原文

Google websearch is fine with using either subdomains or subdirectories. Making changes to a site’s URL structure tends to take a bit of time to settle down in search so I recommend picking a setup that you can keep for longer.

引用元:Subdomain or subfolder, which is better for SEO? – YouTube

と、サブドメインとサブディレクトリをどちらを使っても良いが、長期的に運用できる方を選択することをオススメしています。

上記2人の発言を踏まえると、サブドメイン、サブディレクトリは運用観点で選べば良い。ということがわかります。

サブドメインとサブディレクトリの検索結果における違い

とはいえ、みなさん気になるところもあると思うので、Googleが本当にサブドメインとサブディレクトリの扱いが同じなのか確認してみましょう。

まず「Yahoo!」と検索したGoogleの検索結果を見てみましょう。(2021年4月28日の検索結果です。)

Yahoo検索結果

Yahoo!JAPANの検索結果の中にYahoo!のサブドメインのコンテンツ(例https://shopping.yahoo.co.jp/)が束ねられて表示されています。ここから、少なくとも完全な別サイトということではなく本体(ルートドメイン)と密接な関係にあるWEBサイトとして扱われていることは伺えます。

一方、今度は「価格 com」でのGoogle検索結果を見てみます。(2021年4月28日の検索結果です。)

価格コム検索結果

こちらはサブドメインではなく、サブディレクトリのコンテンツ(例https://s.kakaku.com/kaden/)が先ほどの「Yahoo!」の例と同じように束ねられて表示されます。

この点だけ見ると、サブドメインとサブディレクトリは検索エンジンからは似たような扱いを受けている部分もあるのではないかという想像ができます。

検索結果で同じドメインのページの表示数の制限

サブドメイン・サブディレクトリでサイトを運用する際の注意点としては、検索結果は同じドメインのサイトの表示を2件以内にするというアップデートを受けているという点があります。

これは検索結果の多様性を高めるためのアップデートと考えられますが、ポイントは「同じドメイン」という点です。サブドメインもサブディレクトリもドメインは同じであるため、検索結果においては同様に表示数の制限を受けることになります。

※関連性が認められる場合は検索結果に3つ以上のサイトが表示されることがあります。

このことからも、Googleが明確にサブドメインとサブディレクトリを分けて考えていないのではと考えられます。

他にも様々な点からサブドメインとサブディレクトリは違うのでは?と思う人はいると思いますが、違いはないと考えてよいでしょう。どうしても納得いかないという方は以下の記事も読んでみて下さい。

参考:Subdomain vs. Subfolder, Is One Better Than the Other for SEO?

サブドメイン、サブディレクトリをどう使い分けるのか

では、Googleの扱いに違いがないとして、サブドメインとサブディレクトリはどのように使い分けるのがよいのでしょうか。

基本的には、本体サイトに対して、

  • 同じもしくは近いテーマのコンテンツである場合にはサブディレクトリ
  • テーマや役割が大きく異なるコンテンツである場合にはサブドメイン

という考え方で良いと思います。同じテーマであれば、敢えてサブドメインを切ることで得られる特別なメリットはあまりないように思えます。よって、新規でブログを始める際などは、サブディレクトリでの運用を、テーマが大きく異なる(例えば食と車くらい異なる)サービスを運用するのであれば、サブドメインでの運用がいいのではと思います。

また、これまでに説明したようにGoogleではサブドメイン、サブディレクトリの双方で特に大きな扱いの違いはないため、サイトの構造上の問題、運用上の都合などを優先して選択しても良いと思います。何より、ジョン・ミューラー氏が述べていたように、長期的な運用ができるのがポイントになります。そのため、サブドメインで運用していたものを、サブディレクトリに移動させるような移管作業を、SEO目的だけで実施することは推奨しません。

再度、Yahooと価格.comを例に見てみましょう。

Yahoo!JAPANは巨大なポータルサイトですが、Yahoo!知恵袋はQ&AサイトですしYahoo!オークションはオークションサイトです。Yahoo!の名を持つサイトではありますが、サイトとしての性質と目的がそれぞれ異なる独立したものですので、この場合はサブドメインで切り分けるのが自然と思います。

一方で価格.comは価格比較サイトです。上記の例に挙げた「パソコン」「カメラ」などは、サイト内で扱う商品カテゴリです。同じ価格比較というテーマの中で、どのコンテンツも最終的なゴールは同じで、単にそれぞれ異なる商品カテゴリを表すページですので、この場合にはサブディレクトリで同一サイト内で展開するのが良いです。

ちなみに、価格.comは保険カテゴリーを一部サブドメインで展開しています。

  • 価格.com : https://hoken.kakaku.com/
  • 価格.com 生命保険: https://hoken.kakaku.com/insurance/gla/
  • 価格.com 自動車保険: https://hoken.kakaku.com/kuruma_hoken/

 

「家電製品」「パソコン」と比較して「保険商品」はテーマが少し異なります。このように、取り扱っている情報のテーマが大きく異なる場合においては、サブドメインで活用することをお奨めします。

サブディレクトリで展開しない理由として考えられるもの

ここまでの話を読むと、サブドメインに何のメリットもないと感じる方もいるかもしれませんが、そういうことでもありません。例えばYahoo!のサイトでそれぞれをサブディレクトリで展開するとどのようなことが生じるでしょうか?

①サイト内でテーマがバラバラになる

基本的にSEOを行う上で、サイト全体として1つのテーマを持ち、各コンテンツごとに情報がテーマ別にまとまって整理されているということは基本中の基本になりますが、ポータルサイト、Q&A掲示板サイト、オークションサイト、ニュースサイト、路線情報、天気情報などが一つのサイトの中に混在していた場合、単にいろいろななコンテンツを1サイトにグチャっとまとめただけのテーマの一貫性の薄いサイトになってしまいます。

テーマやサイトとしての役割や目的、ターゲットとするユーザーがそもそも異なるので、同じサイト内で展開する必要はありません。1つのサイトで1つのテーマ、はSEOでの基本中の基本です。

②アクセス解析もゴチャゴチャになる

先ほどとは正反対の意見になりますが、サイトのテーマやターゲットユーザー、サイトごとのゴール(目標)やKPIが全く異なるものをサイト内でまとめて解析することはまるでナンセンスで、それぞれ独立して解析を行わなくてはなりませんし、無理やりサイト内で解析を切り分けることもできなくはないと思いますが、あえてそうする理由はないと思います。

その他、システムの設計上の問題も大いに関わってくると思いますが、こういった理由から、Yahoo!はサブドメインでのサイト展開を行う必然性があると言えます。同じようなことは楽天などでも言えると思います。

結論

少し長くなってしまいましたが、結論としては、まずは「本体サイトのテーマの中の1コンテンツ」であればサブディレクトリで展開することにメリットが多いですし、「本体サイトとは役割や目的、サイトのテーマが異なる」場合にはサブドメインでの展開が自然です。

サブドメイン、サブディレクトリということ自体にはSEO上の優劣はほとんどなく、どういった意図でどういうサイト運用・展開を行っていくかによってどちらを用いるかは判断されるとよいと思います。

SEO対策の全体像を知りたい方は以下の記事も読んでみてください!

SEOとは?SEO対策を分かりやすく徹底解説!

検索エンジンの仕組み、リスティング広告との違い、技術要件、コンテンツ制作について1つ1つ解説しています。

Webサイトの運用・集客でお困りの際は、ぜひお気軽にご相談ください

無料相談はこちら