SEO対策とリスティング広告の共通点/相違点

SEO対策とリスティング広告のそれぞれの違いや共通点、それぞれの特徴について解説しています。

SEO対策とリスティング広告

これらの言葉は、ともにYahoo!とGoogleといった検索エンジンを媒体としてユーザーをWEBサイトに誘導するための手段として共通しているため、並列に語られることが多くあります。

ただし、実際にSEO対策とリスティング広告をよーいドンでスタートしてみると、実はそれらが全く性質の異なる(実行するための戦術としての性質で異なる)ものであると感じることが少なからずあると思います。ここでは、実際にそれらがどのように共通で、どのように異質であるかについて簡単に解説してみます。

※ここでは便宜上、「リスティング広告=検索連動型広告」としています。

何が共通なのか

SEO対策にせよリスティング広告にせよ、どちらも「検索エンジンを通じて、WEBサイトの内容に関連するキーワードで検索したユーザーを誘導する」という意味では全く同じです。

わざわざキーワードを打ち込み検索するユーザーには大抵何かしらの目的がありますし、特に商品の購入を検討しているような検索を行うユーザーだけに絞ってWEBサイトに誘導出来るのであれば、SEO対策もリスティング広告どちらも他の広告手段と比較して非常に効率的なプロモーションが可能であることは想像しやすいと思います。(「可能」なのであって、必ずしもそうとは限らないということを補足しておきます)

ですのでSEOやリスティング広告の売り文句として「費用対効果の高い集客方法」というフレーズが浸透していますし、このフレーズ自体は深読みしなければ間違いではありません。(※このページはマーケティング手法を解説するページではありませんので、そういう意味で共通であるということに留めておきます。)

何が違うのか

まず第1に、検索エンジンのランキングアルゴリズムによって順位付けられて表示される自然検索(オーガニック検索)枠と、主にキーワードの入札価格や広告としての品質によって順位付けられて表示される広告枠では、そもそもそれらの存在意義自体が異なります。

上記に関連しますが第2に、リスティング広告はPPC(Pay Per Click)というクリック課金型の広告で、諸々の準備を行えば広告が表示されますが、SEOによって自然検索枠で表示されるのはユーザーを誘導するための広告文ではなく、「コンテンツそのもの」であるという点で異質です。

自然検索(オーガニック検索)枠に掲載されるものは「コンテンツそのもの」

SEO対策によって順位が改善できるオーガニック検索枠においては、そもそもこのスペースは企業のWEBサイトの集客やブランディングなどのための場所ではなく、検索したユーザーの目的に適したWEBコンテンツを順序づけて提示するための場所です。

検索したユーザーが期待するようなWEBコンテンツに素早く到達できるようにするためにアルゴリズムは改善されているわけですので、そもそもユーザーが期待するコンテンツがサイト内に存在していないのであれば、ランキング以前の問題になります。つまりより多くの検索に対して幅広く露出を増やすためには、それだけのコンテンツを用意して、更に検索エンジン向けの最適化(=SEO)をしておかなければなりません

コンテンツが乏しいWEBサイトではSEOがうまくいかないのはそもそもそういった前提があるためです。どうがんばっても「無いものは無い」ので、提示したくても提示できません

逆に、ある特定のテーマにおいて様々なコンテンツが豊富にあり、それらがうまく整理してまとめられたWEBサイトであればあるほど、そのテーマにおける人気キーワードでのアンサー度も高くなります。「SEOはコンテンツ」というフレーズをよく目にしますが、同時にコンテンツがあって初めて行えるものがSEOでもあります。

違いはあれど一般的な優劣は無い

繰り返しになりますが、SEO対策はWEBコンテンツをより多く露出させてユーザーを誘導するために行うものですし、リスティング広告は検索したユーザーを広告を通じて誘導するために行うものです。

「SEO対策とリスティング広告ではどちらが良いですか?」という質問をしばしば受けることもありますが、ケースバイケースとしか言いようがありません。どちらが良く、どちらが良くない、などという一般的な決まりはどこにもありません。

コンテンツでユーザーを集めるか、広告でユーザーを集めるか

例えば、売っている商品がたった1つのオリジナル商品しかないオリジナルブランド型のEコマース(通販サイト)では、通常は用意できるコンテンツが限られていることも多く、そういう場合はSEOだけでの集客の可能性は狭くなりますが、一方のリスティング広告であればコンテンツ量に限定されずに広告を出稿できるので、キーワードの探し方やランディングページの内容次第でうまく集客・販売につなげることが出来ます。

逆に、大量のコンテンツを有しているWEBサイトであれば、サイト内のSEOがしっかりと行われていれば、仮に広告費を一切かけなくとも一定以上のアクセスを自然検索だけで獲得することが出来ます。

特に収益源が商品販売などではなくバナー広告などによる広告収益だとすると、そのためのアクセスを増やす目的でのリスティング広告はあまり現実的ではありませんので、コンテンツを作ることをそのまま集客増につなげられるSEO対策は(よほどメディアとして認知されていない限り)欠かせない手法になります。

また、特に購入や受注に結び付くようなキーワードでの最大の露出をさせるためにSEO対策もリスティング広告もどちらも実施した方が良いこともあります(むしろ、一般的な企業サイトやEコマースであれば本来はこれが一番多いタイプだと思います)。

もちろんここに挙げたような例だけではなく、どんなユーザーにどんな商品やサービス・コンテンツを提供しているか、WEBサイトにユーザーを集める目的は何か、などによって戦略自体が大きく変わりますし、そもそも検索エンジンでの集客自体が不向き(認知が進んでおらず検索のニーズがほとんど無いなど)というケースもあります

使い方次第でSEO対策もリスティング広告もどちらもWEBプロモーションの強い武器になることは間違いありませんので、誰に何を売るのか、コンテンツはどれだけ提示できるのか、どれほどの検索の需要があるのか、などによって何を優先させるかは変わってくると思います。

少人数でSEO業務を担当されている方へ

社内外の関係者へ報告するためのレポート作成業務や日々の状況把握に追われ、施策の実行がおろそかになってにいませんか?Refractなら1つの画面で重要なデータを全て把握でき、その上ワンクリックで詳細なレポートを作成することが可能です。

SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中!

ワンクリックでレポート作成可能。SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中、15日間無料でお使い頂けます。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ(無料)

0120-304-864
受付時間:平日 10:00~18:30

フォームでのお問い合わせ

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×