サイトリニューアルのSEOで、絶対に気をつけるべき11の注意点

 

サイトのリニューアルは気にするポイントが多くて

「なにか重大なことを見落としていないか…」

「リニューアル後、サイトのパフォーマンスが落ちたらどうしよう…」

とハラハラすることも多いかと思います。

 

リニューアルのタイミングはお客様によって異なりますが、検索からのユーザーを集めたいと思っているサイトで、10年前に作ったサイトから一度もリニューアルしていないお客様はほとんどいません。

弊社ではリニューアルについてのブログ記事を多く公開していますが、それらをまとめて確認できる記事がないことに気づき、今まさにリニューアル作業中の方、直近でリニューアルを考えている方のために、リニューアルの際にSEOで気をつけるポイントをまとめました。

Web担当者様・SEO担当者様が重要だと思っていても、開発担当様や制作会社様が「そんなに重要じゃないだろうと」判断したせいで実装漏れが発生し、結果として多大な損害が起こることも「リニューアルあるある」です。これらの情報をリニューアルに関わるメンバー全員に周知させることも、Web担当者様・SEO担当者様の重要な業務の1つになります。

それぞれの項目について、詳細な説明がされているページへのリンクも貼っておきますので、そちらも併せてご確認下さい。

リニューアル全般において気をつけるポイント

  • コンテンツ(テキスト)を減らしすぎていないか
  • 内部リンクを減らしすぎていないか
  • robots.txtでクローラーを拒否していないか
  • title、description、見出しが適切に設定されているか
  • 存在しないページ、削除したページは404を返しているか
  • XMLサイトマップを設定しているか
  • スマートフォン向けURLとPC向けURLを対応させているか
  • 検索エンジンがページ内容を読み取りづらい仕様になっていないか

URLやドメインの変更があるリニューアルで特に気をつけるポイント

  • 旧URLと新URLを対応させてリダイレクトしているか
  • Google Search Consoleでドメイン変更を伝えているか
  • サイト内にあるリンクのURLを、新URLに変更しているか

 

上記の様に分類してご説明いたします。

(※宣伝ですが、読んでいて「リニューアルでSEO気にするの面倒・不安だな」と思ったら、是非弊社「ナイル株式会社」にご相談下さい)

◆リニューアル全般において気をつけるポイント

1.コンテンツ(テキスト)を減らしすぎていないか

この問題が起きるケースの例:

  • クリエイティブで斬新なデザインを取り入れる
  • モバイルファーストでUIで考える

 

リニューアルを機に、テキストが多すぎるから減らす、テキストを画像化する、といった形でリニューアル前のサイトからテキストコンテンツを削除な変更を行う場合は要注意です。

SEOにおいて、コンテンツ(テキスト)は評価項目として重要な要素です。不必要なテキストは削除しても良いですが、ページごとのメインコンテンツを減らしてしまうと、リニューアルに関係なく評価が下がってしまう恐れがあります。

詳細は下記記事にも記載しております。

リスク回避としてのSEO。「あえてSEOを意識する」べきタイミングとは

 

どうしてもデザイン上の都合で、テキストを減らしたい場合はタブやアコーディオンで隠すなどの対応を推奨いたします。

また、少し古い記事ですが、SEO・Webサイトにおけるコンテンツについて弊社の考えを書いた記事になります。

Webサイトに必要なコンテンツとSEOについて

2.内部リンクを減らしすぎていないか

この問題が起きるケースの例:

  • 「ハンバーガーメニューを置くからいいでしょ?」という思想
  • モバイルファーストでUIを考える

 

内部リンクは、SEO上は大きく2つの役割があります。

  • ページを検索エンジンのクローラに見つけてもらう
  • 重要なページがどこかを検索エンジンに伝える

リニューアルの際に、不用意に内部リンクを大量に削除すると、SEO上マイナスに働く恐れがあります。

 

せっかくリニューアルするのであれば、「それぞれのページから、どこのページに向けて内部リンクが置かれていたら、ユーザーとして便利だろうか」を考えて、内部リンクの設計を見直すことをおすすめいたします。

内部リンクの重要性は下記記事に詳細があるので、興味が有る方はご覧ください。

SEOで本当によく見る”もったいない”内部リンク設計

内部リンクとは

【家具ECサイトのSEO事例】内部リンク設計でカテゴリページへの検索流入が1,157%改善

3.robots.txtでクローラーを拒否していないか

この問題が起きるケースの例:

  • 公開に際してのチェックリストを作っていない
  • 開発担当の役割分担ができていない

 

リニューアルに伴い、リニューアル作業を行っている最中は、robots.txtのdisallowで検索エンジンのクローラーを拒否する設定や、テスト環境でサイトを非公開にしているいることかと思います。

公開後に何故か検索エンジンにインデックスされない…といった事が起きた場合、実はrobots.txtを外し忘れていた、ということがあります。

サイトを公開する際は、robots.txtが外れていることを確認するようにしましょう。

robots.txtとは

4.title、description、見出しが適切に設定されているか

この問題が起きるケースの例:

  • meta要素がページごとに個別設定できないCMSやシステムを導入してしまう

 

リニューアルに伴い、titleやdescription、h1などの要素を変更することがあるかと思います。

その際に、今まで入っていたキーワードをtitleなどから削除してしまうと、そのキーワードでの評価が下がる恐れがあります。

また、下記のような仕様になってしまうと、SEOを意識してキーワードをtitleに入れたりといった変更が難しくなってしまい、SEOの施策が制限されてしまいます。

  • 1つのtitleを変更すると同じディレクトリにあるページのtitleも変更されてしまう
  • titleとh1は強制的に同じになる
  • 個別にtitleを変更することが出来ない

titleなどのmeta要素は、SEOで重要な要素のため「ページ個別に変更」「テンプレートで一括変更」どちらも可能な仕様にすることをおすすめいたします。

5.存在しないページ、削除したページは404を返しているか

この問題が起きるケースの例:

  • SEOの知見があるメンバーがリニューアルプロジェクトにアサインされていない

 

リニューアル作業中に、サイトをくまなく見ていると、何かしらの不具合でページの内容が空になっていたり、表示が乱れているようなページを発見することもあるかと思います。

その際に、トップページへ301リダイレクトをしてしまうのはSEO上よくありません。

リダイレクトは基本的に同じ内容のページに転送することが望ましいので、不具合を解消してページとして残すか、ページを削除して404を返す対応を行って下さい。

301リダイレクトとは

6.XMLサイトマップを設定しているか

この問題が起きるケースの例:

  • SEOの知見があるメンバーがリニューアルプロジェクトにアサインされていない

 

XMLサイトマップとは、下記のようなものです。

“意味:XMLサイトマップとは

XMLサイトマップ(sitemap.xml)とは、ウェブサイト内のURLを記述するxml形式のファイルを指します。検索エンジンがサイト内のURLを集める手掛かりとなるため、XMLサイトマップの設置はクローラビリティの改善に繋がります”

リニューアルを行った後のサイトを、検索エンジンにクロールさせる必要があります。XMLサイトマップを作成しておくと、クローラビリティが高まるため、設定しておくことでページ内容の変更が検索エンジンに早く伝わりやすくなります。

特に大規模サイトのお客様の場合は、優先的に設定しておくことをおすすめいたします。

7.スマートフォン向けURLとPC向けURLを対応させているか

この問題が起きるケースの例:

  • レスポンシブウェブデザインやダイナミックサービングを導入していない
  • SEOの知見があるメンバーがリニューアルプロジェクトにアサインされていない
  • URL構造をルールを決めて運用していない

 

PCユーザー向けURLとスマートフォンユーザー向けURLを別々にしている場合は、検索エンジンに対して「このURLとあのURLは、PCとSPで対応しているページですよ」ということをcanonical/alternateを記述して、伝える必要があります。

※レスポンシブウェブデザインや同一URLでユーザーエージェントによってページ内容を出し分けているお客様は、気にしなくて大丈夫です。

詳細な対応方法は、下記URLに記載しておりますので、参考にして頂ければと思います。

※よく実装を間違えるポイントになりますので、要注意です

モバイル(スマホ)のURLが別に存在する場合のSEO上の対策は?

8.検索エンジンがページ内容を読み取りづらい仕様になっていないか

この問題が起きるケースの例:

  • 新興のプログラミング言語でサイトを構築している
  • SPAなどの技術を導入している
  • 画像や動画がメインコンテンツのサイト

 

Webデザインやプログラミング言語は、日々進歩を続けております。

1年前には想像もしなかったような新たな技術が生まれたり、より動的でクリエイティブな挙動をするWebサイトを見る機会も増えてきています。

しかし、検索エンジンのロボットがそれらの技術に対応するのは、少し遅れております。

2018年3月現在、クローラーのレンダリングはchrome41というバージョンを元に行われております。

上記のバージョンで表示できないような要素は、検索エンジンは読み取ることが出来ません。

新たな技術を利用する際は、下記のツールを利用して検索エンジンが正しく認識できているかレンダリングを確認することをおすすめいたします。

・Fetch as Google

Fetch as Googleとは

・リッチリザルトテストツール

リッチリザルトテスト

・モバイルフレンドリーテストツール

モバイルフレンドリーテスト

◆URLやドメインの変更があるリニューアルで特に気をつけるポイント

9.旧URLと新URLを対応させてリダイレクトしているか

この問題が起きるケースの例:

  • とりあえずTOPページにリダイレクトしておけばいいという思想
  • 新旧URLの対応表を作っていない
  • URL構造をルールを決めて運用していない

 

リニューアルで最も多く起きるミスで最もSEO上マイナスの影響が多いミスになりますので、絶対に慎重に行ってください。

2018年3月~4月にかけて、国税庁のサイトがリニューアルを行った際に、旧URLにアクセスすると国税庁トップページにリダイレクトされる仕様になり、ニュースサイトでも取り上げられたことで覚えている方もいらっしゃるかと思います。

国税庁Webサイト、全URL変更で混乱 サイト内検索も役立たず、「無限ループ」状態に

URLやドメインを変更する場合は、古いURLから新しいURLに301リダイレクトを行う必要があります。

※現在は検索エンジンは301も302も同じ扱いをしている説もありますが、リニューアルであれば301で問題ないかと思います

 

リニューアル後のサイトでも使う旧サイトのコンテンツは、対応する新しいURLに対して301リダイレクトを行います。

よくあるミスとして、全てトップページにリダイレクトを掛けてしまうことがあります。

その対応を行ってしまうと、SEO的に大きくマイナスになりますので、詳細は下記記事を参考に、正しい対応を行うようにして下さい。

新規サイト公開時・リニューアル時のSEOで注意すべき”つまずき”と対策

リスク回避としてのSEO。「あえてSEOを意識する」べきタイミングとは

10.Google Search Consoleでドメイン変更を伝えているか

この問題が起きるケースの例:

  • Google Search Consoleを導入していない(導入しているがあまり知識がない)

 

ドメインを変更する場合は、Google Search ConsoleやGoogle アナリティクスなどのツールをサイトに導入している場合は、ドメイン変更に伴い設定し直すことが必要になります。

特にGoogle Search Consoleでは、Google Search Console上からドメイン変更したことを通知すると、現在の掲載順位への影響を最小限に抑えて移行することが出来ます。

詳細の手順については、GoogleのGoogle Search Consoleヘルプページに記載されていますので、そちらを参考に行なって下さい。

アドレス変更ツールの使用

11.サイト内にある内部リンクのURLを、新URLに変更しているか

この問題が起きるケースの例:

  • ページ内にURLをHTMLにベタ書きで入れている
  • 「リダイレクトするから別にいいでしょ」という思想

 

ドメイン変更や、サイト内のURLが変わった場合は、HTML上に記述されている内部リンクのURLも新しいURLに書き換える必要があります。

リダイレクト設定が完璧に行われていれば、大きな問題は無いですが、1度リダイレクトを挟むことでページの移動時間が少し長くなることが懸念されます。

ユーザー体験としてページ移動が短いほど良いので、サイト内のリンクで旧URLが記述されている内部リンクにつきましては、新URLに書き換えることをおすすめいたします。

 

以上、長くなりましたがリニューアルに際して気をつけるポイントをおまとめいたしました。

リニューアルの際にSEOのチェックをしてほしいというご依頼をいただくことは多いです。しかし、実際にリニューアル後のサイトを弊社が確認してみて、問題点が1つもなかったケースは0件です

※自社で確認ができるSEOの知見がある方がいる会社様は、弊社に依頼しないというところもありますが…

 

リニューアルの目的は、サイトのパフォーマンスを上げること(ひいては売上やコンバージョンを増やすこと)なので、「細かいSEOのミスによってリニューアルがうまく行かなかった…」とならないように注意して確認することは必要不可欠です。

リニューアルに際したSEOチェックに自信がなく不安な場合は、ぜひ弊社にご相談いただければと思います。

リニューアル前後の内部SEO評価サービスはこちら

 

項目を改めてまとめましたので、チェックリストとして使っていただければと思います。

リニューアルSEOチェックリスト

□ コンテンツ(テキスト)を減らしすぎていないか

□ 内部リンクを減らしすぎていないか

□ robots.txtでクローラーを拒否していないか

□ title、description、見出しが適切に設定されているか

□ 存在しないページ、削除したページは404を返しているか

□ XMLサイトマップを設定しているか

□ スマートフォン向けURLとPC向けURLを対応させているか

□ 検索エンジンがページ内容を読み取りづらい仕様になっていないか

・URLやドメインの変更があるリニューアルで特に気をつけるポイント

□ 旧URLと新URLを対応させてリダイレクトしているか

□ Google Search Consoleでドメイン変更を伝えているか

□ サイト内にあるリンクのURLを、新URLに変更しているか

私たちと一緒に成長しませんか?

私たちはコンサルティング企業であると同時に、自社事業を新規展開するベンチャー企業です。当社の成長そのものに関心がある方からのメッセージを歓迎いたします。

キャリア採用・業務委託募集

これまでのご経験やこれから伸ばしたい専門性から、どのような可能性を見込めるのか相談ベースでお話しましょう。

この内容に関連する
無料のeBookがあります

コンテンツマーケティング基礎

コンテンツマーケティング基礎

無料のメルマガを
配信しています

実務に役立つ情報を無料のメルマガで配信しています。ぜひご登録ください。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

初級者から上級者まで幅広くコンテンツマーケティングの知識を学べるセミナーもございます

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×