外部リンクの重要性とリスク:質の悪い被リンクはついていませんか?

1.外部リンクとは?

外部リンクとは、自分のwebサイトと外部のwebサイトを繋ぐリンクのことです。外部リンクには、自分のサイトから外部のサイトに出ていく「アウトバウンドリンク(または発リンク)」と、外部のサイトから自分のサイトに入ってくる「インバウンドリンク(被リンク、バックリンクとも言います)」の2種類があります。

今回はそんな「外部リンク」のSEOにおける重要性と、検索エンジンからの評価を下げる可能性のある「質の悪い被リンク」について、事例と対策を併せてご紹介します。

2.外部リンクの重要性とリスク(2018/02/14 公開後修正)

2-1.外部リンク(特に被リンク)の重要性 

外部リンクのうち、SEOにおいて特に重要視されるのは外部のサイトから自分のサイトへの「被リンク」です。なぜ重要かというと、「被リンク」は検索エンジンが検索結果の順位を決定する際のひとつの指標になっているからです。簡単に、Googleの検索エンジンが検索結果の順位を決定する方法についてご説明します。

検索エンジンは、コンテンツの情報量(文字数)・内容(用いられているキーワード)・読みやすさ(サイト全体のHTMLの構成)を判別して、より良いコンテンツを発信しているページを評価し、検索結果に反映します。しかし、仮にこれらの要素がほぼ同じコンテンツAとBがあった場合、果たしてどちらのコンテンツがユーザーにとって良いものなのか、その2つのコンテンツを見比べるだけでは判定できません。

そこで重要になってくるのが、外部のサイトから自分のサイトに向けられる「被リンク」です。検索エンジンは、「自然な被リンクを集めているコンテンツ」=「ユーザーから支持されている・役に立っているコンテンツ」として見なし、検索結果の順位を決める要素として評価します。

参考:被リンクとは

2-2.外部リンクのリスク

「被リンクの獲得」が重要と聞くと、これからSEO業務に関わっていこうと考えている方の中には、「クラウドソーシングで記事を大量に作成して、作った記事に大量にリンクつければ順位上がるんじゃないの?」と思う方もいるかもしれません。

しかし、よく考えてみて下さい。そのような方法で作られた記事は、果たして「ユーザーからの支持」に繋がるでしょうか?自分で検索をした時のことを想像してみて、そういった「無理やり推されたコンテンツ」ばかりがヒットした場合を思えば、きっと「支持」につながらないことはわかると思います。

参考:被リンク数が多いのに競合サイトより上位表示できないのはなぜですか?

実際には、業者からリンクを買うことが有効だった時代もありましたが、2012年にGoogleのペンギン・アップデートによって対策がなされて以降、それらの「低品質な被リンク(業者等による、意味の無いリンク)」を持っていたサイトは軒並みペナルティを受けて、順位を大きく下げました。そのような「意図的な業者リンクの購入」をやっていなくても、大きな会社になると、スパムサイトなどからリンクをつけられてしまい、評価に悪影響があったケースもあります。

一方で、業者から低品質な被リンクを買わずに、純粋なユーザーからのリンクや、企業間のリンクといった「意味のあるリンク」を持っていたサイトの順位は下落しませんでした。 このように、現在のSEOにおける「被リンク」の焦点は、その「質」にあります。低品質な被リンクは、それ自体がサイトの評価を下げる「リスク」になりうるのです。

参考:(過去記事)低品質・不自然な外部リンクがもたらすリスクについて

3.低品質・悪質な被リンクの事例

では、実際に低品質なリンクの例について見ていきましょう。

 

①リンク集サイトからのリンク

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%bb%e5%83%8f1

↑サイト名+リンクの羅列が続く。

 1つ目は、リンク集サイトからのリンクです。こういったサイトは、かつて「被リンク数」がSEOの重要な指標だった頃はよく作成されていました。ペンギン・アップデート以降、このようなサイトの多くは活動を停止していますが、リンクは残り続けています。

過去の担当者がリンクを購入していた場合や、悪質なサイト運営者によって、知らず知らずのうちに自社サイトにリンクを設置され、評価を下げてしまうケースがあります。

 

②SEO目的のリンクをただ羅列したコンテンツ

 

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%bb%e5%83%8f2

↑水色部分がリンク。文章の内容自体はとりとめのないもの。

 

2つ目は、SEO目的のアンカーテキストが設定されたリンクです。上の画像は、いまいち要領を得ない文章の中に、「◯◯ 求人」や「居酒屋 東京」のようなアンカーテキストのリンクが埋め込まれている記事です。1つ目で紹介したリンク集をちょっと工夫したバージョンですね。

 

③コピーコンテンツ

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%bb%e5%83%8f3

↑タイトル、本文ともにYahoo知恵袋からコピーしただけの記事。

3つ目は、コピーコンテンツからのリンクです。リンク先のサイトからただテキストをコピーして貼り付けただけの、いわゆる「低品質サイト」からのリンクも、放置しておくことは好ましくないでしょう。

4.対策

さて、ここまで見てきて「自分のサイトは大丈夫だろうか?」と不安になった方のために、「低品質な被リンク」への対応策をご紹介します。

基本的な流れは、

  1. 自分のサイトへの被リンクのデータを取得する
  2. 被リンクの質を精査
  3. 悪影響を及ぼす可能性のある被リンクは外す・否認する

です。

※ここで重要なのは、質の高い被リンクはSEOに「良い影響」を与えるので、「とりあえず全部外してしまえ」という判断は軽率である、ということです。しっかり被リンクの質を見分けることが重要です。

4-1.自分のサイトの被リンクのデータを取得する

まずは、Google Search Consoleと外部ツールを用いて、自分のサイトの被リンクを取得します。Google Search Consoleだけでは全てのリンクデータが抽出できるわけではないため(特にリンク数が膨大な場合)、外部ツールを併用してなるべく多くのリンクデータを取得しましょう。

 

外部ツールでは、

・Ahrefs

https://ahrefs.com/

 

・Majestic

https://ja.majestic.com/

 

・MOZ(Open Site Explorer)

https://moz.com/researchtools/ose/

 

の3つが代表的です。

それぞれ無料プランもありますが、取得できるリンク数に制限があり、全ての被リンクを確認することができないことが多いです。しっかり調べたい場合は有料版を使用することをおすすめします。

 

※今回の記事では、それぞれのツールの使い方に関しては割愛します。

4-2.取得した被リンクのデータを精査する

上記のようなツールを使用して自分のサイトに向けられた被リンクのデータを取得したら、その内容を精査していきます。

 

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%bb%e5%83%8f4

↑ahrefsで取得した被リンクのデータ。

リンクされているページのタイトルやアンカーテキストを一覧できる。

 

主に見るべきポイントは、リンク元のページのタイトルやアンカーテキストです。自社のコンテンツと全く関連性がないもの、スパムのような文言、「◯◯ 求人」のようなSEO目的のアンカーテキストになっているものがあった場合には、そのリンク元のURLを控えておきましょう。

 

【重要】

あなたのサイトに集まっている被リンクのうち、Googleのガイドラインに違反しているスパムサイトや低品質なサイトからのリンクが多い場合には、「ペナルティ」を受ける可能性があります。ペナルティとは、検索順位を大きく下げられたり、そもそも検索結果に表示されなくなる措置などのことです。

参考:https://www.seohacks.net/basic/terms/penalty/

4-3.低品質・悪質な被リンクへの対処法

低品質・悪質な被リンクを放置することは、SEO上好ましいことではありません。では、どのように対処すれば良いのでしょうか?

まずは、それらのリンクをweb上から削除することができないかを試しましょう。

具体的には、過去にリンク業者へ依頼したことがあるならコンタクトをとって削除を依頼しする、アフィリエイトサイトの場合は管理者に連絡して外してもらう、といった対処をしていきましょう。外せるものは外していくことが重要です。

しかし、残念ながら、削除しようとする試みが上手くいかないことは多いです。例えば、「担当が変わっているのでわかりません」「うちは知りません」「対応できません」などの返答を受けてしまうケースです。

こういった場合は、Google Search Consoleを用いてリンクを「否認」することができます。否認とは、特定のURLやドメインからの被リンクの影響を、Googleによるサイトの評価に含めないようにする措置のことです。

参考:バックリンクを否認する

https://support.google.com/webmasters/answer/2648487

※リンク否認は効果的な対処法ですが、同時に、誤って「良い影響のある被リンク」を否認してしまった場合、損失も大きいです。利用する際はご注意下さい。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。被リンクはあなたのサイトの評価を高める大切な指標です。だからこそ、低品質・悪質な被リンクによって評価を下げるリスクを正しく認識し、対処するために行動することが重要です。

特に大事なのは、きちんと全ての被リンクについて確認すること。抜け漏れがあると、仮にSEO上で何らかの不具合が発生していたとしても、原因が特定できない可能性があるためです。

 

さて、ここまで読んでいただいた方はおわかりかと思いますが、「被リンク」は重いペナルティを受けるリスクがある割に、その精査・対処に多くのコストがかかります。

そこで、ナイルでは、被リンクを含めたSEOの課題点チェック及び被リンクの精査否認申請のサービスを提供しています。自社サイトの被リンクやSEOの課題点が気になる方は是非、ご検討ください。

(2018/02/14 一部修正)

サイトの集客・SEOでお悩みはありませんか?

ナイルのSEOは細かい技術的な改善だけでなく、ユーザー調査やコンテンツ制作を含めた「ビジネスの成果」に繋がるSEO戦略と改善施策を提案します。

ナイルのSEO戦略設計・運用コンサルティング

SEO戦略立案・運用改善からコンテンツ制作までお客様のSEO課題をトータルで支援いたします。

Webサイトの運用・集客でお困りではありませんか?

デジタルマーケティング全般についてのご相談はこちら

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

  • 資料ダウンロード

    会社紹介資料・事例集からSEOのお役立ち資料まで無料でダウンロードできます。

  • メルマガ登録

    SEO・コンテンツマーケティングを中心にWeb戦略に役立つ情報を週一でお届けします。

×