スパムアップデートが2回実施される

更新日: 公開日:
SEO
スパムアップデートが2回実施される

こんにちは!ナイル株式会社の青木です。

本日は「スパムアップデート」など4つのニュースをお届けします!

※トピックは初級者~中級者くらいの方向けを想定して紹介します。

なお、本企画は取り上げるページを実際に読んでいただくことを想定しております。簡単なひとことコメントとお役立ち度(収集部隊の主観です)を参考に、該当ページを読んでみてください。

前回のニュース(2021年6月23日収集分)はこちらから

次回のニュース(2021年7月9日収集分)はこちらから

本日のSEOニュース

①6月24日、29日に2回のスパムアップデート実施

お役立ち度:★★★☆☆

ナイルのひとこと
スパム行為を行っていなければほとんど関係のない話です。

そもそもGoogleは
2020 年の Google の検索スパム対策 | Google 検索セントラル ブログ
のような取り組みを日々行っております。

今回は告知がありましたが、そうでなくてもGoogle検索ではスパム対策はしていますので、間違ってもスパム行為は行わないようにしましょう。

②MUMのユースケース

記事紹介:Learn how to improve your content with Search Console Insights(Search Engine Roundtable)

お役立ち度:★☆☆☆☆

ナイルのひとこと
以前
「Multitask Unified Model」略して「MUM」という言語理解技術の登場
の記事でMUMに関して解説しましたが、Google検索で活用されたというニュースです。

今回、MUMはコロナウイルスのワクチンに関連する検索に用いられ、ユーザーがワクチンに関連する検索に使用しているキーワードを識別し、適切な情報を返すために活用されているそうです。

背景としては、ワクチンは各国で様々な呼び名が付けられており、Googleの調査によると800を超えていることがMUMを導入する要因になったとのことです。

我々としては対策することは一切ありませんので、よりGoogle検索が便利になるくらいの認識でいいと考えています。

③SEO担当者向け初めてのGA4

記事紹介:Google Analytics 4 Basic (SEO) Guide(SEOSLY)

お役立ち度:★★★☆☆

ナイルのひとこと
GA4の上場企業導入率は以下の記事によると2021年6月時点で、5.24%とまだまだ使ったことがない人の方が多いと思います。

参考:GA4の導入状況調査 2021年06月 | SEM Technology

そんな中、急にSEO担当者がGA4を確認しないといけなくなった!という時に手引になるのがこの記事です。

今すぐは使わないという人もブックマークしておいて、後から見返せるようにすると便利だと思います。

④改善リソースがあまりない人におすすめ!マイクロコピー改善

記事紹介:【A/Bクイズ】ボタンの位置をずらすだけでCVRが19%アップした事例(microcopy.org)

お役立ち度:★★★☆☆

ナイルのひとこと
マイクロコピーとはボタンなどの周りのテキストコピーのことで、

マイクロコピーとは

こんなようなものをイメージしていただければと思います。

こうした細部の改善だけでも、ユーザーの心理的障壁を取り除いたり、行動を促したりすることに繋がり、最終的なコンバージョン数の増加につながることもあります。

改善のリソースがあまりないという方は、こうしたマイクロコピーや今回の記事で紹介されている比較的簡単なテストを行ってみるのはいかがでしょうか?

最後に

みなさまのSEO施策にお役に立てるように、今後もSEOニュースまとめを平日数回更新する予定です。

また、SEO情報やセミナー情報などを配信しているメールマガジンもご用意しておりますので、よろしければご登録ください。

前回のニュース(2021年6月23日収集分)はこちらから

次回のニュース(2021年7月9日収集分)はこちらから

※もしSEOでお困りであれば、こちらのお問い合わせからお気軽にご相談ください!

関連記事

外部リンクの購入

ブラックハットSEOとホワイトハットSEOの違いは?手段や効果を解説!

人材業界のWebマーケティングで気をつけたいSEOの考え方

HTML5とは何か?SEOとの関係・特徴・メリットを説明

新着記事

デジタルマーケティング

デジタルマーケティングとは?6つの手法について解説

オウンドメディアの成功事例6選!成功のポイントを解説

インハウスseo 本

インハウスSEOを学べる本!厳選の12冊

サイト内検索