コスト・リーダーシップ戦略とは

更新日: 公開日:

コスト・リーダーシップ戦略とは

コスト・リーダーシップ戦略とは、競合している他社と比較して低いコストを実現することによって競争優位性を保つ戦略のことを言います。競合他社より低いコストの実現を目指すコスト・リーダーシップ戦略は、ハーバード大学で教鞭をとり世界的に戦略論の分野で有名であるマイケル・ポーターが提唱している企業戦略の1つです。

詳しいコスト・リーダーシップ戦略の説明と企業での事例

コスト・リーダーシップは、競合他社よりも安い価格で商品を提供することによって顧客を集める戦略です。ハーバード大学で教鞭をとるポーターによれば、コスト・リーダーシップ戦略を実現するためには、規模の経済・経験曲線効果・画期的な生産・オペレーションプロセスの確立などが挙げられます。

例えば、UNIQLOは、圧倒的に安い価格で顧客に商品を提供していることで有名です。圧倒的に安いだけではなく、高品質であることがUNIQLOの特徴で、それによって競合他社よりも高い競争力を生み出しています。UNIQLOは世界中に店舗をもち同じものを世界中で販売することで規模の経済の恩恵を受けています。

他にも、マクドナルドがコスト・リーダーシップ戦略をとっています。同業他社と比べてマクドナルドは圧倒的に安い価格で商品を顧客に提供することで集客率を高めています。マクドナルドは圧倒的に安い価格だけではなく、オペレーションプロセスの最適化も進めており、徹底的に無駄を削ぎ落とすという戦略がマクドナルドのコスト・リーダーシップ戦略を可能としています。

差別化戦略と集中戦略について

マイケル・ポーターは、企業の競争優位を生み出すのは戦略であることを主張しました。ポーターは、競争優位を生み出す戦略はコスト・リーダーシップだけではなく、他にも企業の競争優位の源泉となる戦略があることを主張し、競争力を持った企業が採用している戦略を3つに大別しました。

それがコスト以外で同業他社と差別化することを目的とした「差別化戦略」、特定の領域に資源を集中して投下する「集中戦略」です。前者は他社の製品・サービスの価値よりも高い自社の製品サービスを顧客に提供する戦略です。何が他の会社とは違うのかを示すことで競争優位を生み出します。後者は会社の持つ資源を一点に集中することで他の企業よりも競争優位を作り出す戦略です。特定の一点に集中して資源を投下することから、少ない経営資源でも競争優位な状態を作り出すことができます。

まとめ

徹底的なコスト削減によって競争優位を生み出す戦略は、コスト・リーダーシップ戦略と呼ばれます。厳格にコストを管理することによって、製品・サービスの価格を低くし、競合他社よりも高い競争力を生み出す戦略です。

Webサイトの運用・集客でお困りの際は、ぜひお気軽にご相談ください

お問い合わせはこちら