SEOコンサルタントとはどんな仕事?仕事内容や必要スキルを紹介

更新日:
SEOコンサルタントとはどんな仕事?仕事内容や必要スキルを紹介

アクセス数に悩むウェブサイトの運営担当者にとって、SEOコンサルタントは“ウェブ業界の医者”のような存在です。

近年、ウェブマーケティングの重要性が高まるなか、専門職としてのSEOコンサルタントに、多くの注目が集まっています。

SEOコンサルタントになりたい方、SEOコンサルタントを必要としている方に、SEOコンサルタントとはどんな仕事であるかを解説します。

また、ナイルのSEOコンサルタントが、SEOのよくある疑問に回答したPDF資料(無料)をご用意しております。

弊社のSEOコンサルタントが、SEOに対してどのような考えを持っているか、取り組んでいるか知りたい方は、お気軽に以下のバナーをクリックして、ダウンロードフォームより資料をお申し込みください。

\SEOのよくある疑問にコンサルタントが回答!

SEOコンサルタントとは、一体どんな存在?

SEOコンサルタントとは、クライアントのウェブサイトへ流入数を増やし、売上や集客などを達成するためにコンサルティングを行う専門職のことです。

SEOコンサルタント

「自社ウェブサイトの閲覧者がなかなか増えない」「検索上位に自社ウェブサイトが出てこない」など、クライアントにはウェブサイト運営に関するさまざまな悩みがあります。SEOコンサルタントは、SEOの知識や専門性を活かしてクライアントの悩みを解決に導くことがミッションです。

SEOコンサルタントから、ウェブサイトの分析や見直しに関するアドバイスをもらうことで、ビジネス全般の改善にも効果を派生させることができます。ウェブサイトの運営担当者にとって心強い存在、それがSEOコンサルタントなのです。

SEOコンサルタントの仕事内容とは?

SEOコンサルタントが、具体的にどんな仕事をしているのかを解説します。

SEOコンサルタントを目指す場合であっても、SEO対策を依頼する場合であっても参考となるでしょう。

SEOコンサルタント

サイト運営目的を聞いて、SEO戦略を立案する

企業によって商品やサービスは異なり、ウェブサイトの運営目的もさまざまです。

目的が曖昧なままでは、効果的な戦略を立てることはできません。「アクセス数を増やしたいのか」「商品をウェブサイト経由で購入してもらいたいのか」「商品やサービスの認知度を上げて来店につなげたいのか」など、まずはクライアントがウェブサイトを運営する目的を具体的にヒアリングします。

その後、KPI(Key Performance Indicator:重要業績評価指標)を設定し、目標を具体的な数値で示した上でSEO戦略を立案します。

また、目的のヒアリングだけでなく「本当に流入を増やすべきなのか」「どういったユーザーに来てほしいか」など、ビジネスに貢献するSEO戦略をクライアントとともに考えるのも、SEOコンサルタントの役割です

具体的なSEO施策を考え、実装へとつなげる

SEO施策といっても、多様な手法があります。

HTMLタグや文章構成などを見直す場合もあれば、サイト内のコンテンツを充実させる場合もあるでしょう。サイトのデザインや場合によってはサーバーなどのインフラ整備を考えることもあります。

実際に自分で実装することはなくても、関連会社に依頼したり、監修をしたりすることもあるため、Webディレクターのような役割を担うこともあります。

多種多様な施策を提案できる一方で、施策の実装には相応のコストがかかるため、ウェブサイトの仕様や運営費用、コンテンツ制作のリソースなどを踏まえて、最適なSEO施策を考えることも必要です。

ウェブマーケティングにも枠を広げた提案をする

SEOコンサルタントが、「SEOコンサルティングのみを行う」ケースは少なく、ウェブマーケティング全般に及ぶコンサルティングを提供することが大半です。

ウェブマーケティングとは、ウェブサイトやウェブサービスを用いて行うマーケティングのことをいいます。Web広告を展開したり、SNSを活用したり、LPを作成したり、メールマガジンを発行したりと、ウェブマーケティングは、非常に幅広いです。

SEOはユーザーの検索が起点となるため、ユーザーのニーズや興味・関心が高い商材で、実際に検索されていればアクセスを獲得できます。しかし、新たに興味を持ってもらう場合には、その他のマーケティング手法が有効な場合も多いのです。

そして、これらの選択肢をクライアントに説明するためにも、SEOコンサルタントにも相応のウェブマーケティング知識が求められます。

分析・評価を行い、次の方針をしっかりと提示する

単にSEO施策を考え、実装するだけがSEOコンサルタントの仕事ではありません。

実装後、一定の期間を経て、クライアントのウェブサイトにどんな効果を及ぼしたかを分析します。そして設定したKPIの達成率を割り出し、成果を確認しなければなりません。

目標が達成できていれば、SEOコンサルタントの仕事はひと段落となりますが、日々、ブラッシュアップが進む検索エンジンの世界では「一度改善したらもう何もしなくても大丈夫」ということはないのです。

定期的な数値報告と共に、今後のSEOコンサルティングの方針をしっかり示すことが求められます。

参考までに、ナイルのSEOコンサルティングサービスの内容と実績はこちらで紹介しております

ウェブサイトごとに課題と施策が異なるため、まずはお気軽に無料相談からお問い合わせください。

SEOコンサルタントに必要とされるスキルは?

「SEOコンサルタントになりたい」と考えたとき、どんなスキルが必要となるのでしょうか。

「SEOコンサルタントに必要とされるスキルを知る」ということは、依頼する場合のコンサルタントスキルを見極めるためのポイントにもなります。ひとつずつ解説していきましょう。

SEOコンサルタント

SEO関連の知識がある

当然ながら、基本的なSEO知識が必須になります。

加えて、SEOは主にGoogleの検索エンジンを対象に実施されることが多いため、検索エンジンの仕組みなども理解しておく必要があります。

まずは、Googleが公開している 検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドを読むとよいでしょう。

ウェブ検索の分析ツールが読み解ける

ウェブサイトが置かれている現状を正確に把握するためには、GoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールといった分析ツールを使用します。

機能や情報量が多いこともあり、当初は使い勝手の悪さを感じるかもしれませんが、ウェブ検索状況の把握には不可欠です。専門用語を覚え、画面の見方に慣れていく必要があります。

HTMLタグなど基本的なコーディングができる

SEO施策の立案や分析を行うのが、SEOコンサルタントの仕事内容ですが、実装の際に“直接手を動かす”場面もあります。

また実装を別の人に依頼する場合でも、コーディング全般に関する基礎知識がなければ、的確な指示が出せませんし、作業時間や難易度の把握もできません。

エンジニアやコーダーなどの制作者レベルで、HTMLやCSSといったプログラミング言語の知識を身につける必要はないですが、せめて基礎的なHTMLタグは覚え、コーディング関連の専門用語も理解があるとよいでしょう。

仮説検証ができる

順位を決定するアルゴリズムは公表されていないため、SEO施策に確実な正解は存在しません。

そのため、常に仮説を立てて、その仮説を検証する作業が不可欠になります。具体的には、「このサイトは情報の網羅性が高いので順位が1位なのではないか。自社サイトでもより情報を網羅してみよう」、また「ユーザーは今の記事の順序だと、内容が把握しにくいのではないか。結論から先に記載してみよう」といったイメージです。

もちろん仮説なので、間違っていることもありますが、トライアンドエラーの精神で取り組みましょう。

わかりやすいプレゼンテーションができる

SEOコンサルタントが、的確な状況把握のもとでSEO施策を考えても、クライアントへの共有が上手くできなければ、実装まで進まないこともあります。

大半のクライアントはSEOに関する専門知識を持ち合わせていないため、実装した結果への認識にずれが生じる可能性があります。専門用語をかみ砕き、クライアントにいかにして簡潔に内容を伝えるか、資料の作り方や話し方も含めたプレゼンテーション力が必要です。

\SEO知識のレベル感はこちらもご参考ください/

どこで、SEOコンサルタントとして活動すべきか?

SEOコンサルタントとして活動するにあたっては、さまざまな立ち位置が考えられます。

SEOを専門としたコンサルティング会社、ウェブマーケティング全般を請け負う会社、ウェブサイトやECサイトの制作会社のほか、広告代理店のウェブ戦略部門なども考えられるでしょう。

会社員として活動するだけではなく、フリーランスのSEOコンサルタントとして活動する道もあります。クライアントと直接契約を結ぶほか、ウェブマーケティング会社などから業務委託される形でクライアントのSEOコンサルティングを手掛けることもできます。自身の持つスキルと実績から最良の働き方を選択しましょう。

また、SEOコンサルタントを目指す場合はブログを始めるのもおすすめです。検索エンジンの動きや、ユーザーが求めているコンテンツなど、SEOに取り組む上で欠かせない経験の多くをまずは自身が体験することでコンサルティングの自信もつくでしょう。

幅広いスキルを身につけ、オファーの絶えないSEOコンサルタントに

SEOコンサルタントになるための資格がないゆえに誤った知識、情報などをベースに取り組むSEOコンサルタントは決して少なくありません。

SEOコンサルタントは、本記事で紹介した内容に加え、しっかりとGoogleの公式情報や最新情報を常にキャッチアップすることが重要です。調査不足により、逆にサイトに悪影響を与えるようなSEOコンサルタントにはならないようにしましょう。

SEOコンサルティング会社を探している人も同様に、そうした会社に依頼しないように最低限SEOが何かを理解した上で発注することが大切です。

ウェブサイトの運営にSEO対策が欠かせない限り、SEOコンサルタントの仕事がなくなることはありません。その上で、正しくSEOを理解すること、ウェブマーケティングをはじめ、幅広い知識とスキルを持つことが優秀なSEOコンサルタントになることに役立つはずです。

もしSEOについてのお悩みがございましたら、お気軽にナイルまでご相談ください(相談無料)

ナイルのSEOコンサルタントが、SEOのよくある疑問に回答したPDF資料(無料)もご用意しております。

  • SEOをうまく進めるためには、どういう体制が望ましいのか?
  • Googleの評価基準が更新されるタイミングは?
  • GoogleとYahoo!の検索結果に違いは?

など、弊社によく寄せられる質問を中心に回答しており、SEOの情報収集をしたい方にもおすすめです。

お気軽に以下のバナーをクリックして、ダウンロードフォームより資料をお申し込みください。

編集者情報

大澤 心咲
大澤 心咲
新卒でアクセンチュア株式会社を経て、2018年ナイル入社。
コンサルタントとして大手企業SEO戦略策定・コンテンツマーケティング支援を担当。
現在はナイルのマーケティングとセールスの統括マネージャーとして従事。
著書:「ひとりマーケター成果を出す仕事術

監修者情報

ナイル編集部
ナイル編集部

2007年に創業し、約15年間で累計2,000社以上の会社にマーケティング支援を行う。また、会社としても様々な本を出版しており、業界へのノウハウ浸透に貢献している。(実績・事例はこちら

PIVOTにもスポンサード出演しました!

PIVOTにもスポンサード出演しました!
チャンネル登録者数が100万人を超えるYoutubeチャンネルPIVOTにスポンサード出演しました!
動画内では、マーケティング組織立ち上げのための新しい手段についてお話しています。
マーケティング組織に課題がある方はぜひご覧下さい。
動画を見る

関連記事

SEOはインハウス?アウトソース?

SEOはインハウス?アウトソース?(後編)

本日のSEOニュース(2021年10月28日収集分)

Googleウェブ検索における画像コンテンツの扱いに関して

【徹底解説】E-E-A-Tとは?SEOにおけるGoogleの評価基準やその対策を紹介

【徹底解説】E-E-A-Tとは?SEOにおけるGoogleの評価基準やその対策を紹介

新着記事

【保存版】SEO記事の書き方を9ステップで解説!ポイントや注意点まとめ

【保存版】SEO記事の書き方を9ステップで解説!ポイントや注意点まとめ

【初心者向け】GA4のコンバージョン設定を画像付きで徹底解説

【初心者向け】GA4のコンバージョン設定を画像付きで徹底解説

製造業に効果的なSEO対策とは?ポイントや事例を紹介

製造業に効果的なSEO対策は?ポイントや事例を紹介

サイト内検索

目次に戻る

もっと効果的な集客施策
してみませんか?

Web戦略の情報を
定期的に受け取りたい方

取材・メディア掲載に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。