コンテンツマーケティングに取り組むメリットとは?効果アップの方法を解説!

コンテンツマーケティングに取り組むメリットとは?効果アップの方法を解説!

「コンテンツマーケティングの効果を上げるにはどうすればいいの?」

「そもそもコンテンツマーケティングに取り組むメリットや必要性は何だろう?」

この記事ではこのようなお悩みを持つ方に向けて、コンテンツマーケティングに取り組むメリットはもちろん、必要性や得られる効果を上げる方法についてもまとめています。

これからコンテンツマーケティングに取り組む方はもちろん、すでに取り組んでいてあまり成果が出ていないと悩んでいる方にもおすすめです。

なお「コンテンツマーケティングの効果をより高めていきたい」と考えている方に向けて、重要なポイントをまとめたお役立ち資料をご用意しました。コンテンツマーケティングにはメリットしかないかといえばそうではなく、デメリットも含んでいます。

さまざまな角度からコンテンツマーケティングを理解することで、より効果的な運用が実現できます。資料は以下から、無料でダウンロードできます。本記事と併せてぜひチェックしてください。

\コンテンツマーケティングを中心に支援!資料ダウンロードはこちらから/

そもそもコンテンツマーケティングに取り組む必要性はあるのか?

まずは、コンテンツマーケティングの必要性について紹介します。

コンテンツマーケティングが求められている背景には、以下のような事情があります。

コンテンツマーケティング 効果

ユーザーを獲得する手段が変化して、ウェブ広告以外のアプローチが確保できるのがコンテンツマーケティングの特質です。例えばインターネットが普及する以前であれば、ユーザーを獲得する手段として以下の方法がありました。

  • テレビCM
  • 新聞や雑誌などへの広告
  • チラシの配布
  • 直接訪問

一方でインターネットやスマートフォンが当たり前に利用される現代では、ユーザー自身が情報を調べることが一般的となり、上記の手段に加えて以下も考慮しなければばなりません。

こういった背景があり、

  • SEOやSNSなども踏まえて、自社のコンテンツを認知してもらうこと
  • コンテンツを通じて「ユーザーが抱える問題に対して、力になれる」と伝えること

などの重要性が高まっており、コンテンツマーケティングが注目を浴びています。

新規顧客の開拓や、既存顧客への効果的なアプローチを考えている方は、この機会にコンテンツマーケティングを進めてみてはいかがでしょうか。なおコンテンツマーケティングには、さまざまな種類があります。活用できるコンテンツの種類について、詳しくは以下をご一読ください。

コンテンツマーケティングのメリットとは?期待できる4つの効果

コンテンツマーケティングは「自社コンテンツ」が主体のため、広告費が不要です。

ただし中長期的なスパンで施策を続けなければ、効果が実感しにくいかもしれません。またコンテンツの継続的な発信には、人的リソースを割くことになりますが、その分、コンテンツマーケティングに取り組むことで以下のメリットが得やすくなります。

コンテンツマーケティング 効果

コンテンツマーケティングが起動に乗れば、問い合わせ増加やブランディング効果などが期待できます。具体的な効果について、詳しく見ていきましょう。

【効果1】SEOでの流入が期待できる

コンテンツマーケティングには、コンテンツの蓄積という初期投資こそ必要ではありますが、一度制作したコンテンツは「資産」として残っていきます。

コンテンツマーケティング 効果

そうして作成したコンテンツが検索エンジンにインデックスされ、検索結果の上位に表示できれば、自然検索流入を獲得することができます。

この自然検索流入の良いところは、「そのコンテンツに関する検索が行われば、勝手に流入を獲得するチャンスがある」という点です。

SNSへの投稿やメルマガの配信などは、どうしてもユーザーに届けるアクションが発生しますが、この自然検索流入はユーザーが自発的にアクセスしてくれるので、言うなれば放っておいても、流入を獲得できるのです。(もちろん定期的な記事の保守は必要です。)

検索されるためには「ユーザーにとってニーズが顕在化」している必要があるため、啓蒙を目指すコンテンツマーケティングでは、いきなり自然検索流入を獲得するのは難しいかも知れません。しかし、啓蒙した結果、ユーザーが自発的に検索することも考えられるため、下記の記事を参考にSEOもぜひ意識してみてください。

【効果2】見込みユーザーが獲得できる

コンテンツマーケティングに取り組むことで、自社サービスに関心の高い顧客の獲得がしやすくなります。

コンテンツマーケティング 効果

コンテンツマーケティングでは、あくまでユーザーが自発的に情報を収集しようとする中で、コンテンツにアクセスしてもらう流れになります。集まったユーザーは、サービスや商品に興味・関心度合いが比較的高いです

手探りの状態で営業活動を行う場合と比較して、コンテンツマーケティングを活用することで効率的に顧客へアプローチできます。

【効果3】SNSの強化につながる

コンテンツマーケティングに取り組むなら、SEOだけではなくFacebookやTwitter、InstagramといったSNSの活用も顧客獲得につながります。

コンテンツマーケティング 効果

SNSを通してコンテンツを拡散することで、ユーザーとのコミュニケーションが可能です。商品やサービスに興味を持ってくれた方、良いと思ってくれた方の中には、SNSで紹介(拡散)してくれる場合もあるでしょう。

その結果、認知拡大につながったり、興味を持ってくれた方が実際に購入してくれたりするため効果が計り知れません。ただし注意点を挙げると、SNSには炎上リスクが付きまといます。

誤解を招く表現や差別的な投稿がきっかけで、逆に自社のイメージが悪化する可能性もあるものです。SNS運用を始める場合は、投稿内容のダブルチェックを行うなど、炎上リスクを抑える仕組みも考えておくことをおすすめします。

【効果4】ブランディング効果が得られる

コンテンツマーケティングに取り組むことで、自社サービスのブランディング効果も期待できます。

コンテンツマーケティング 効果

例えば、インターネットのセキュリティ関連企業の場合を考えてみましょう。セキュリティ関係のウェブ記事を自社メディアに公開することで、「セキュリティに詳しい○○社」という顧客からのイメージ獲得が期待できます。

このように、コンテンツマーケティングによって得られる効果は決して少なくありません。取り組むべきか悩んでいる方は、この機会にコンテンツマーケティングの実施を検討するといいでしょう。

とはいえ、「コンテンツマーケティングの魅力はわかったけれど、うまく成果を上げられる自信がない」と不安を感じている方もいるのではないでしょうか。次に、コンテンツマーケティングの効果を上げる方法を紹介します。

なお「オウンドメディア運営からコンテンツマーケティングを始めたい!」と悩んでいる方に向けて、無料のお役立ち資料を用意しました。オウンドメディアのよくある課題と解決策をまとめています。

無料でダウンロードできるため、気になる方はぜひチェックしてください。

\オウンドメディアを成功に導く!資料ダウンロードはこちらから/

コンテンツマーケティングで効果を上げるための5つの方法

ここからは、コンテンツマーケティングで効果を上げる5つの方法を紹介します。

コンテンツマーケティング 効果

コンテンツマーケティングで成果を挙げるには、良質なコンテンツはもちろん、ポジショニングやKPIの振り返りも重要になります。成果を上げる方法について、ひとつずつ詳しく見てみましょう。

【方法1】競合調査してポジショニングを決める

コンテンツマーケティングで成果を上げるには、自社のポジショニングが大切です。

コンテンツマーケティング 効果

引用:成功に導くためのノウハウを提供 - ナイル流コンテンツマーケティング資料(ナイル株式会社)

例えば自社でセキュリティサービスを提供していて、個人向けのセキュリティ記事を作成する場合、競合メディアが多ければ成果が上がりにくいケースもあります。

一方で、企業向けのセキュリティ情報を発信している競合他社が少ない場合、ポジショニング次第ではコンテンツマーケティングで成果を上げやすいでしょう。このようにコンテンツマーケティングに取り組む前に競合調査を行い、勝ちやすい領域を見極めることが重要です。

【方法2】質の高いコンテンツを制作できる体制を整える

競合調査が完了したら、次はコンテンツを制作する体制を整えましょう。

例えばウェブメディアを運営して記事を公開する場合、以下のメンバーが必要になります。

  • 良い編集者
  • 良いライター
  • 良いカメラマン

コンテンツマーケティング 効果

引用:成功に導くためのノウハウを提供 - ナイル流コンテンツマーケティング資料(ナイル株式会社)

制作体制の構築に失敗した場合、以下のリスクが発生する可能性があります。

  • 記事の質が低く、問い合わせ獲得につながらない
  • スケジュール管理がうまくいかず、納期遅延が頻発する
  • 誤った情報の拡散により、メディアが炎上してしまう

体制構築を怠ると、投資した予算を回収できないどころか大きな損失が発生する可能性も出てきます。制作体制の構築は、経験者の採用を優先するなど、慎重に行いましょう。

【方法3】質の高いコンテンツの数を増やす

制作体制の構築が完了したら、質の高いコンテンツ制作を開始しましょう。

質の高いコンテンツを増やすことで、検索流入の獲得や読者満足度の向上といった効果が期待できます。質の高いコンテンツの例として、弊社が考える4つの条件を紹介します。

コンテンツマーケティング 効果

引用:成功に導くためのノウハウを提供 - ナイル流コンテンツマーケティング資料(ナイル株式会社)

つまり、高品質なコンテンツを発信するには、下記が重要ポイントとなります。ぜひコンテンツ制作の際の参考にしてください。

  • コンテンツが読みやすい
  • 流入数獲得につながる
  • 公開後にマイナスとなるリスクが少ない

 

質の高いコンテンツの確保は、良い制作体制を構築できることにかかっています。もしコンテンツの質が目標に達していないのであれば、制作体制の見直しを検討してみましょう。

\不安な方は、コンテンツ制作代行をぜひご検討ください!詳細はこちらから(無料)/

【方法4】最適なKPIを設定する

質の高いコンテンツを制作したら、KPIを設定して記事が目標値に到達しているか確認しましょう。

コンテンツを制作して公開した後は、Googleアナリティクスやサーチコンソールといったツールを活用してモニタリングすることが大切です。

コンテンツマーケティング 効果

引用:成功に導くためのノウハウを提供 - ナイル流コンテンツマーケティング資料(ナイル株式会社)

KPIを設定してモニタリングしないと、以下のような不都合があります。

  • 記事が問い合わせ獲得に寄与しているか判断できない
  • 対象の記事が目標値に到達しているかわからない
  • どう改善すべきか判断できない

コンテンツマーケティングの費用対効果を最大化するには、KPIの設定と記事のモニタリングを合わせて行いましょう。なおKPIのひとつとして、以下の指標が挙げられます。

  • セッション数
  • 問い合わせ獲得数
  • 狙ったKWの検索順位

一般的には「問い合わせ獲得数(CV発生数)」を重視することが多いです。

上記説明した引用スライドは、こちらの資料で詳しく確認できます。ぜひご活用ください(ダウンロード無料)。

\コンテンツマーケティング・オウンドメディア成功の秘訣!資料ダウンロードはこちらから/

【方法5】KPIを振り返りコンテンツを最適化する

KPIの設定とモニタリングが実施できたら、コンテンツの最適化を行いましょう。

例えばKPIが「問い合わせ数」の場合、コンテンツ最適化の確認方法としては以下のことが挙げられます。KPIのチェックと最適化を繰り返していくことで、コンテンツマーケティングの費用対効果を上げることが可能です。

  • 問い合わせフォームへの訴求ポイントが少なすぎないか(多すぎないか)
  • いま問い合わせを行った方が良い理由を記載できているか
  • そもそも記事への流入数は十分にあるか

 

ここまで、コンテンツマーケティングで効果を上げる方法を紹介しました。ここで、紹介した内容をまとめます。

  1. 競合調査してポジショニングを決める
  2. 質の高いコンテンツを制作できる体制を整える
  3. 質の高いコンテンツの数を増やす
  4. 最適なKPIを設定する
  5. KPIを振り返りコンテンツを最適化する

 

良いコンテンツを制作するのはもちろん、事前のポジショニングや制作体制の構築、制作後にKPI達成しているかのチェックなどが、コンテンツマーケティングを成功させる上で重要です。

ただ、ここまで読んで「うまくコンテンツマーケティングを運用できるかわからない」と不安を感じている方もいるのではないでしょうか。次に、コンテンツマーケティングについて有益なアドバイスをしてもらえる「コンサルタントの導入」について紹介します。

補足:コンサルタントの導入を検討するのもひとつの手

コンサルタントに相談することで、自社が行っている(または行う予定の)コンテンツマーケティング施策について、的確なアドバイスをもらいやすいでしょう。

またコンサルタントのほかにも、SEOやウェブマーケティングに取り組む制作支援会社の手を借りることもおすすめです。

「コンテンツマーケティングで効果を上げられるか不安」

「ここまで記事を読んだけど、いまいち理解しきれていない」

このような悩みを抱えている方は、コンテンツマーケティングに詳しいコンサルタントの知見を借りることも検討してみてください。無料相談フォーム

なお「コンテンツマーケティングに不安はあるけれど、いきなりコンサルタントに相談するのは少し抵抗感がある」という方もいるでしょう。そこでナイルでは、コンテンツマーケティングを成功させる秘訣をまとめた、無料のお役立ち資料をご用意しています。

資料は以下から、無料でダウンロードできます。「いきなりコンサルへの依頼はしにくい」という方は、以下の資料を参考に、まずはコンテンツマーケティングの要点について理解を深めてみてください。

\コンテンツマーケティングを中心に支援!資料ダウンロードはこちらから/

コンテンツマーケティングに関する3つの疑問を解説

ここからは、コンテンツマーケティングに取り組むことを考えている人によくある疑問とその解決法を紹介します。

失敗リスクを下げるためにも、コンテンツマーケティングのよくある疑問についてもチェックしておきましょう。

コンテンツマーケティング 効果

【疑問1】コンテンツマーケティングにかかる費用や期間は?

コンテンツマーケティングに必要な費用や期間は、目標や実施する施策などによって大きく変動します。

参考までに、ウェブ記事(SEO)でコンテンツマーケティングを実施する場合に必要な費用と期間の目安は以下のとおりです。

  • 効果を実感し始めるまでに必要な期間最低でも半年~1年
  • 構築費用の相場(新規でオウンドメディア立ち上げの場合):少なくとも100~300万円

コンテンツマーケティングに必要な費用は、以下で詳しく紹介しています。気になる方はぜひチェックしてください。

【疑問2】コンテンツマーケティングのデメリットはある?

コンテンツマーケティングを実施するデメリットは、以下の3つが挙げられます。

  1. 成果が出るまでに時間がかかる
  2. 継続的にコンテンツを作り続ける必要がある
  3. 必ず成果が出るとは限らない

コンテンツマーケティングの成果を実感するには、最低でも半年〜1年のスパンは必要になります。成果を実感しにくい期間も継続的にコンテンツを作り続ける必要があり、それでも確実に成果が出るとは限りません。

コンテンツマーケティングのリスクと魅力は、以下記事でも詳しく解説していますので、ぜひご参考にしてください。

【疑問3】成果が上がらなかった場合の改善策は?

コンテンツマーケティングに取り組んでも成果が十分に上がらなかった場合は、KPIを振り返りコンテンツを最適化することが大切です。

達成すべき目標は何か、そのために何を行うべきかが明確になれば、改善策を練ることができます。しかし「改善策が思いつかず、今後どうしたら良いかわからない」と悩んでいる方もいるかもしれません。

このような場合は、コンサルタントやウェブ制作に強い会社に相談するなど、外部の知見を取り入れるのがおすすめです。

「コンサル会社に相談するのはハードルが高い」という方は、『オウンドメディア運営のよくある課題と解決策』の資料をご覧ください。オウンドメディア運営で成果が上がらず悩んでいる方も必見です(ダウンロード無料)。

\オウンドメディアを成功に導く!資料ダウンロードはこちらから/

リソースに不安があれば外注も視野に入れよう

コンテンツマーケティングで成果を上げるには、質の高いコンテンツを用意するのはもちろん、ポジショニングやKPIの設定と振り返りが大切です。

またコンテンツマーケティングを行っても効果が得られないときは、外部のリソースに頼るという選択肢もあります。特にコンテンツの量と質を増やすには、社内での完結が難しいケースもあるのではないでしょうか。

コンサルタントやウェブ制作に強い制作会社など外部のリソースを活用することで、適切に成果を上げることが期待できます。ナイルでは、コンテンツマーケティングを成功させるための秘訣をまとめた情報を公開しています。コンテンツマーケティングにお悩みの方は、ぜひチェックしてください(ダウンロード無料)。

  • コンテンツマーケティングの流れ
  • コンテンツマーケティング成功の秘訣
  • 投資対効果を最大化するための効果測定の考え方

具体的な内容については、ダウンロードの上、ご確認ください。

関連記事

【わかりやすい】オウンドメディアリクルーティングとは?必要とされる背景や始め方を解説

AKBの三原則【コンテンツづくりの三原則 第14回】

Dropboxに負けないTumblr.の秀逸なユーザー登録UI

新着記事

岸 穂太佳が執筆した『現場のプロが教える! BtoBマーケティングの基礎知識』発売中!

ecサイト

ECサイトとは?実際の運営ポイントまで解説

スラッグ

スラッグって何?WordPressでの設定方法と少しSEOに効くポイント