コンテンツマーケティングにはどれくらい費用がかかる?

コンテンツマーケティングにはどれくらい費用がかかる?

コンテンツマーケティングは、良質なコンテンツを継続的に発信することで、見込み顧客と接点を持てるのが、大きなメリットとして挙げられます。導入する企業も増えてきていますが、やはり気になるのはコスト面ではないでしょうか。コンテンツマーケティングでは、どんな費用がどれくらいかかるのか、解説していきましょう。

\コンテンツマーケティングを中心に支援!資料ダウンロードはこちらから/

コンテンツマーケティングにかかる費用の内訳は?

コンテンツマーケティングを行うにあたっては、どんな費用が発生するのでしょうか。どんな費用が生じるのかをしっかりと把握し、運用の参考にしてください。

コンテンツマーケティング 費用

戦略設計・マーケティング費

コンテンツマーケティングを進めるにあたって、戦略設計・マーケティング費が発生します。どんな目的を立てて、どんな戦略を組み立てていくのか、現状分析やターゲット調査を行うための費用となります。

コンテンツマーケティング戦略を設計するノウハウを自社内に持っていない限りは、「プロの力」を借りることを検討する必要があり、費用が発生します。確かな戦略がなければ、いくらコンテンツを増やしていっても、期待した効果は得られません。

デザイン・コーディング費

コンテンツマーケティングを行うには、コンテンツを発信する場であるサイトやオウンドメディアを構築しなければなりません。サイト制作においては、既存のテンプレートを用いるのか、それともオリジナルデザインを用いるのかによって、費用は大きく異なります。また、サイトを完成させるためには、プログラミング言語を使ってソフトウェアの設計図にあたるソースコードを作成するコーディングを行う費用も考える必要があります。

コンテンツ制作費

コンテンツマーケティングの運用フェーズに進むと、コンテンツ制作費がコストの大部分を占めることとなります。コンテンツ制作を外注する際は、「原稿のみを執筆してくれる制作会社やライター」と「企画・執筆・納品までディレクションしてくれる制作会社」とに分かれます。予算や社内のリソースを踏まえた上で、最適な方法をチョイスをしてください。

分析調査費

どのチャネルから流入があり、どの記事が読まれているのか、コンテンツに触れるユーザーの行動を把握できると、運用手法をブラッシュアップできます。セッション数やユーザー数、コンバージョン数をはじめとするさまざまな数値を分析し、「コンテンツ評価レポート」や「SEOレポート」にまとめてもらい、改善策を提案してもらいます。こうした一連の分析調査を外部に依頼した場合も、費用がかかります。

運用費

コンテンツマーケティングを行うには、ランニングコストも考慮しなければなりません。まず考慮されるのは、サーバー代とドメイン代です。

サーバーとはサイトの公開環境を提供するコンピューターやシステムを指し、自社でサーバーを用意するよりはレンタルサーバーを用いることが一般的です。どんなレンタルサーバーを選択するかによって、どれだけのアクセス数に対応できるか変わってきます。ドメインは、WEBサイトURLの末尾にある「.com」「.co.jp」といった識別子のことで、年間でも数百円~数千円と大きな負担にはならないでしょう。

また、オウンドメディア上へのCMS投稿を外部に依頼する際は、別途費用が発生します。さほど難しい作業ではありませんので、自社内で人的リソースを確保できるのであれば、内製化したいところです。そのほか、不具合の調整を行うサイト保守、CMSの利用費用も発生する場合があります。

コンテンツマーケティングの運営にかかる費用は?

コンテンツマーケティングにかかる費用については、「オウンドメディアにどれだけの機能を持たせるのか?」「初期段階のオウンドメディア制作、コンテンツ執筆などの運用をどれだけ外注に頼むのか?」によって大きく異なります。

例えば、新規でオウンドメディアを制作するなら、少なくとも100万~300万円はかかるのが相場です。またすでにオウンドメディアを運営していて大幅なリニューアルを行う際にも、100万円以上はかかります。さらにコンテンツ制作に関しては、自社内に制作能力がないのであれば、クオリティの高い外注を利用し、粘り強くコンテンツを増やしていく必要も出てきます。文字コンテンツであれば、1記事数万円~の費用を見込んでおくといいでしょう。

長期的な視点で予算を組み立てよう

コンテンツマーケティングでは、「目標に沿って、有益なコンテンツを効果的に発信する」ことに加え、「継続的にコンテンツをリリースし続ける」ことが重要です。コンテンツの本数と成果は比例する傾向にあります。

また、コンテンツマーケティングについてまとめた資料もご用意しております。

  • コンテンツマーケティングの流れ
  • コンテンツマーケティング成功の秘訣
  • 投資対効果を最大化するための効果測定の考え方

具体的な内容については、ダウンロードの上、ご確認ください。

関連記事

コンテンツマーケティングに「王様」の居場所はない

hondana3

【#ナイルの本棚】2020年5~6月の紹介書籍まとめ

世阿弥の三原則【コンテンツづくりの三原則 第16回】

新着記事

webコンサルティングとは

Webコンサルティングは何をしてくれる?導入のメリットを解説!

岸 穂太佳が執筆した『現場のプロが教える! BtoBマーケティングの基礎知識』発売中!

ecサイト

ECサイトとは?実際の運営ポイントまで解説