ファッション・アパレル業界のオウンドメディアで成果につなげるための方法とは?

ファッション・アパレル業界のオウンドメディアで成果につなげるための方法とは?

ファッション・アパレル業界の企業が、情報発信のためにオウンドメディアを運営するアパレル企業が増加しています。

ここでは、ファッション・アパレル業界の企業がオウンドメディアを立ち上げることで得られるメリットや、成果につなげるための方法を解説します。

\オウンドメディアを成功に導く!資料ダウンロードはこちらから/

ファッション・アパレル業界におけるオウンドメディア活用のメリット

オウンドメディアを運営することは、成果に結びつくまでに一定の期間を要します。しかし、うまく運営すれば、オウンドメディア活用にはさまざまなメリットが生まれます。ファッション・アパレル業界でオウンドメディアを活用することは、どのようなメリットがあるのか、確認していきましょう。

オウンドメディア ファッション

自社のブランド力を高めることができる

ファッション・アパレル業界の企業がオウンドメディアを運営することで得られるメリットに、ブランディングがあります。有益な情報を記事として発信すれば、定期的にオウンドメディアにユーザーに訪れてもらうことができます。魅力的なオウンドメディアを運営することで、会社自体や自社商品への興味が高まり、ファンが形成されることが期待できます。

SNSと併せて運営すれば相乗効果が生まれる

オウンドメディアを運営する際、記事を作っていくわけですが、SNSも併用することをおすすめします。せっかく時間をかけて記事を作るわけですから、さまざまな形で活用したいところです。ファッション・アパレル業界の企業が、SNSに加えて、オウンドメディアも併せて運営していれば、それぞれの特徴を活かした情報発信を行い、相乗効果を生み出すことができます。

ファッション・アパレル業界の企業の場合、SNSのなかでも、InstagramやTikTokといった視覚的に訴求するSNSと商品の相性がよい傾向があります。オウンドメディアでの記事の内容をSNS用にして情報発信していきましょう。さらに、SNSからオウンドメディアへの導線を設けることで、ユーザーの流入を図ります。

ファッション・アパレル業界でオウンドメディア運営を成功に導くポイント

オウンドメディアを制作する上で、業界の特性を考慮する必要があります。ファッション・アパレル業界の企業が、オウンドメディア運営で成功するためのポイントをご紹介します。

ブランドの世界観に基づいてコンテンツ制作する

ファッション・アパレル業界において重要なのは、ブランドが持つ世界観を明確にすることです。ユーザーは自らの価値観に合う、もしくは憧れることができるブランドかどうかを見ています。オウンドメディアもまた、ブランドの世界観に基づいたものになっている必要があります。

ユーザーは「テーラードジャケット」「ワンピース」といったアイテム名や、「コーディネート」「トレンド」といった実用的な情報を求めて検索しています。そのため、ファッション・アパレル業界のオウンドメディアは、ユーザーの課題や悩みを解決する内容が求められていない可能性があります。

そのため、ファッション・アパレル業界の企業が運営するオウンドメディアは、課題解決型のコンテンツよりも、どういったアイテムがあるのか、写真やデザインといったビジュアルを含めたコンテンツで、検索ニーズに応えることが必要です。コンテンツ作りによって、ブランドに共感するファンを増やすことを意識しておきましょう。

ユーザーのニーズに合わせて目的別に制作する

ユーザーにとって有益なコンテンツを制作するには、ニーズに合わせてコンテンツの目的を明確にすることが鉄則です。例えば「トレンチコート コーディネート メンズ」というキーワードで検索した人は「トレンチコートのコーディネートの実例を知りたい」というニーズを持っています。「トレンチコート 1万円以下 メンズ」というキーワードで検索した人は、「なるべく安くトレンチコートを買いたい」というニーズを持っていることがわかります。

安く服を買おうとしている人とコーディネート例を探している人は、いずれも顧客になりえますが、ニーズが異なっています。1つのコンテンツ内で、安く服を買おうとしている人とコーディネート例を探している人両方のニーズを満たそうとするよりも、それぞれの目的に合ったコンテンツを提供するようにしてください。

オウンドメディアではなくECサイトで情報発信する方法も

ファッション・アパレル業界の企業においては、すでにECサイトを運営しているケースは多いでしょう。オウンドメディアを立ち上げるのは難しい状況であれば、すでに運営しているECサイトに読み物などのコンテンツを追加して、オウンドメディア化する方法があります。

オウンドメディア型ECサイトの代表的な成功事例として、大手セレクトショップSHIPSが運営する「SHIPS MAG」が挙げられます。「MAG」とはMagazineの略ですが、その名の通り「SHIPS MAG」は雑誌を意識した構成となっており、商品紹介だけでなく、対談やスタッフインタビュー、連載企画などさまざまなコンテンツが掲載されており、単なる宣伝ではない形で商品の魅力を発信しています。それぞれのページで紹介されている商品にはカートページへのリンクが付されているので、すぐに購入できるようになっています。

質の高いコンテンツはSEOで効果を発揮し、集客に貢献します。コンテンツによって集まったユーザーがそのまま商品を購入する可能性もあり、売り上げの向上も期待できるでしょう。

オウンドメディア運営はユーザーに有益な情報提供を考えるべき

ファッション・アパレル業界の企業が運営するオウンドメディアの成功の秘訣は、単なる宣伝ではなく、ユーザーに有益な情報を提供することです。モノだけでなく、そこにまつわるストーリーも含めて購入するという消費行動が一般的になってきたからこそ、ユーザーの興味と関心を惹きつけるコンテンツを作っていきましょう。

ナイルでは、オウンドメディアでよくある課題と解決策をまとめた資料もご用意しております。

  • 1.成果を評価できない
  • 2.質を担保できない
  • 3.ネタ切れしてしまう
  • 4.人手不足・スキル不足

具体的な内容については、ダウンロードの上、ご確認ください。

関連記事

【セミナー開催】マーケターのキャリアの作り方。JADE伊東とナイル土居が徹底議論!

「コンテンツの品質向上」についてGoogleや欧州メディアが本格始動。4月のコンテンツマーケニュースまとめ

オウンドメディアだからできることを探求する。NEC「wisdom」の未来

新着記事

ホワイトペーパー ダウンロード

ホワイトペーパーのダウンロード数を伸ばす方法とは?

ホワイトペーパー 意味

ホワイトペーパーの意味は?営業資料との違いや種類を解説

リード 獲得 単価

リード獲得単価(CPL)とは?活用方法から改善のコツまで解説

サイト内検索