不動産業界のオウンドメディアで成果につなげるための方法とは?

更新日: 公開日:
不動産業界のオウンドメディアで成果につなげるための方法とは?

専門知識を持たない一般ユーザーが大半である不動産業界においては、オウンドメディアの使い方次第で顧客接点を持つことができます。

ここでは、不動産業界のオウンドメディアで成果につなげるための方法について解説します。

\オウンドメディアを成功に導く!資料ダウンロードはこちらから/

不動産業界でオウンドメディアを活用する際のポイント

漠然とオウンドメディアを立ち上げたとしても効果を生むことはできず、制作コストや労力を失うばかりです。不動産業界でオウンドメディアを活用する際には、いくつかのポイントがありますので、解説していきましょう。

不動産 オウンドメディア 集客

しっかり目的を定める

オウンドメディアを立ち上げる目的を明確に定めることが、ファーストステップです。オウンドメディア運用に成功している企業に共通するのは、目的が明確、かつユーザー目線を徹底していることです。

「物件紹介ページへのアクセスを増やしたい」「会社への問い合わせを増やしたい」など、目的が異なれば、ユーザーの導線となるオウンドメディアの性質も異なってくるものです。自社の現状を分析した上で、「オウンドメディアで成し遂げたいこと」を明確化してください。

ターゲットを明確にする

オウンドメディアの目的が定まったら、次にどんなユーザーに情報を届けたいかを明確化することが重要です。ターゲットの「性別」「年齢」「職業」「年収」「家族構成」を設定し、「そのターゲットがよく見るSNSは何か?」「どんなことに興味があるのか?」などを想定していきます。

例えば、「20代中盤~後半の女性」「丸ノ内線沿線の企業に勤める営業マン」「独身で年収600万円以上」「今は仕事に専念したくて住まいはアクセス重視」といった内容です。ターゲットが明確になれば、ユーザー目線が具体化され、対象に刺さるコンテンツが見えてくるでしょう。

集客チャンネルを考える

オウンドメディアをただ作っても、ユーザーが勝手に流入してくることはありません。オウンドメディアの集客チャンネルを考え、SEOやSNS活用を実行することが求められます。

SEOであれば、ターゲットに即したキーワード設定が集客につながりますし、コンテンツがストックされていき、継続した顧客接点が生まれる可能性があります。SNS活用に関しては、投稿に一貫性を持たせ、フォロワーを増やすことが重要となってきます。

不動産業界オウンドメディアにおけるコンテンツ作りのコツ

実際に不動産オウンドメディアを運営するにあたっては、いくつかのコツがあります。コツを踏まえた上でコンテンツを制作し、長期スパンのオウンドメディア運用を行えば、高い効果を生み出してくれるでしょう。

キーワード選定を的確に行う

オウンドメディアの集客でSEOを考える場合、キーワード選定が非常に重要です。

不動産業界のオウンドメディアの場合、「三軒茶屋 賃貸」では競合が多いでしょうが、「三軒茶屋 女性 一人暮らし 賃貸」ならば、露出を高めるチャンスが増します。そのほかにも「三軒茶屋 散歩」「三軒茶屋 商店街」などといった、具体的な地域情報を求めるキーワードで検索しているということは、場所の興味が高い可能性があります。地域の優位性をアピールすることで、より購買意欲の高いユーザーにリーチできれば、集客から問い合わせにつなげやすくなるでしょう。

生活情報が満載のコンテンツを作る

単に直接的な物件や住宅に関する情報だけではなく、住宅ローン、家選びのポイント、人気の街や沿線、駅周辺の暮らし情報、住宅設備の最先端など、住まいや暮らしに関するコンテンツを制作する方法もあります。具体的に住まい探しをしている方だけではなく、ぼんやりと理想の住まいや生活スタイルを模索している潜在ユーザーにもリーチできるでしょう。

ただし、闇雲にコンテンツを作ればいいわけではありません。集客のためのコンテンツなのか、サイトを訪れたユーザーへのコンテンツなのか、その役割は明確にしておきましょう。

物件の特徴が伝わるようにタイトルを工夫する

タイトルにひと工夫があると、コンテンツ自体への興味喚起を図れます。

SEOでの流入を考える場合は、タイトルは短い文字数で内容を伝えながら、対策キーワードを入れるのが基本になります。SEOにおけるタイトルのつけ方は、以下の記事を参考にしてみてください。

一見、不動産とは関連性のないキーワードを用いるのも、おすすめしたい方法です。例えば、物件を紹介するコンテンツのタイトルに「大人の秘密基地」とか「○○駅徒歩5分のバリに住む」など、ちょっとした遊び心を用いると、ユーザーの関心を引けるでしょう。内容が伴わないタイトルづけはかえってマイナスですが、物件の特徴を端的に示すことができれば、クリックしてもらえる可能性が高まります。

物件情報の細かい点を紹介する

不動産業界のオウンドメディアのコンテンツでは、細かな点にもクローズアップしたわかりやすい記載を取り入れると効果的です。

例えば、お風呂場を紹介するコンテンツの中に「お父さんと5歳の子どもが一緒に入れる広さの湯船」とか、「備えつけの鏡はくもり止めつき」など、無機質な数字だけの表現から一歩進めることをおすすめします。細かい点まで記載することで、「部屋探し、住まい探しに失敗したくない」というユーザーの気持ちに寄り添えるため、不安の解消につながるでしょう。

コンバージョンポイントを明確にする

コンバージョンポイントを明確にすることは、ユーザーからの問い合わせを増やしたり、売上に貢献したりすることにつながります。また、「コンテンツ内でユーザーが道に迷わない」という視点でも、コンバージョンポイントを明確にしておくべきでしょう。

コンバージョンとは、ユーザーの行動喚起を意味します。コンテンツ内にリンクを貼って、申込ページに誘導することが、コンバージョンポイントとなります。

オウンドメディア運営ではユーザーニーズに応える情報提供を

ユーザーの状況によって、知りたい不動産情報は多岐にわたります。取扱物件の中から「ターゲットとするユーザーは、どんな情報が気になるか?」を検討し、オウンドメディアのコンテンツ制作にあたってください。的確な戦略設計のもと、ユーザーのニーズに応える情報提供を行うことで、オウンドメディア運営の成功につながります。

なおナイルでは、オウンドメディア全体の戦略設計から対応することができます。また、さまざまなコンテンツを作成して、情報発信していきたいけれど、記事を書くリソースがないお客様に、コンテンツ制作代行のプランをご用意しております。まずはお気軽にご相談ください。

 

また、オウンドメディアでよくある課題と解決策をまとめた資料もご用意しております。

  • 1.成果を評価できない
  • 2.質を担保できない
  • 3.ネタ切れしてしまう
  • 4.人手不足・スキル不足

具体的な内容については、ダウンロードの上、ご確認ください。

関連記事

【寄稿】セグメントなきユーザビリティはない「マーケティングの常識と通じるユーザビリティの考え方」

コンテンツマーケティングとSEOの違いって?SEO以外にできる施策とは

コンテンツマーケティングとSEOの違いって?SEO以外にできる施策とは

継続的なグロースハック「クラウド会計ソフトfreee」のユーザビリティ改善事例

新着記事

セッション

セッションとは?意外と知らない計測方法について解説

googleタグマネージャー 使い方

Googleタグマネージャーの使い方は?データ取得の方法を解説

データポータル 作成

Googleデータポータルのレポート作成方法をわかりやすく解説

サイト内検索