オウンドメディアの制作方法と制作会社を選ぶ際の5つのポイント

オウンドメディアの制作方法と制作会社を選ぶ際の5つのポイント

「オウンドメディアの制作を制作会社に依頼したい」

「制作会社を選ぶときのポイントを知りたい」

このようにお考えではありませんか。

オウンドメディアは顧客接点の増加につながりますが、制作方法や運用方法のノウハウがないと工数ばかりがかかり、期待した効果を得られない恐れがあります。

そこで今回の記事では、オウンドメディアを制作する方法と制作会社を選ぶときのポイントを紹介します。

また、記事の後半ではオウンドメディアの制作に関するよくある質問も記載しました。オウンドメディアの制作を検討している方は、ぜひ最後までお読みください。

なお、オウンドメディアは構築後の運用がとても重要です。そこで弊社では、「オウンドメディアのよくある課題と解決策」をまとめた資料を作成しました。

制作前に資料をチェックしておくことで、オウンドメディア運用のイメージにも繋がる内容ですので以下から無料ダウンロードの上、ぜひご活用ください!

\情報収集中の方もお気軽にお申し込みください/

オウンドメディアを制作する4つの手段

オウンドメディアを制作する手段は、大きく分けて以下の4つがあります。

依頼方法によってメリット・デメリットが異なるため、違いを理解した上で検討することをおすすめします。詳しくみていきましょう。

オウンドメディア 制作

【手段1】オウンドメディアの制作・運営を外部に依頼する

1つ目の方法は、オウンドメディアの制作と運営をまとめて外部に依頼する方法です。

ノウハウが豊富な外部業者に依頼することで、高品質なオウンドメディアが制作できる上、効果的な運用も可能です。

一方で、新規でオウンドメディアを制作する場合は、100万〜300万円ほどの費用がかかります。また運用も任せるのであれば、初年度で1,000万円かかることも珍しくありません。そのため、予算に余裕がある場合に限られてしまいます。

とはいえ、オウンドメディア制作の経験が無いなか自社で制作しても成果につながりにくかったり、評価されづらかったりする可能性も少なくありません。ひとつの正解を知る上でも、オウンドメディアの制作・運営をまとめて依頼するのはおすすめです。

【手段2】オウンドメディア立ち上げのみ外部に依頼する

ほかにも、オウンドメディアの立ち上げのみを外部に依頼し、運営は自社で行う方法もあります。

オウンドメディアの構築は専門知識を必要とするため、慣れていないとスムーズにこなせず、時間がかかってしまうことも珍しくありません。また時間をかけた結果うまく構築ができず、結果的に制作会社へ依頼することになる可能性もあります。

外部業者はいくつもの構築経験や専門知識を持っているため、ユーザーに好まれるオウンドメディアの構築が可能です。また、構築を依頼すれば自社の負担が減るため、オウンドメディアの運営に必要な以下の内容の検討ができます。

【オウンドメディアの運営に必要な内容】

  • メディアの方針
  • ペルソナ設計
  • 集客チャネルの検討
  • 運営体制の構築

特にペルソナ設計はとても重要です。ペルソナは具体的なターゲットユーザーのことで、「年代・性別・職業・年収」などを詳細に決めます。ペルソナがずれてしまうとターゲットユーザーにうまく伝わりづらいコンテンツを作ってしまう可能性もあり、思った効果が見込めない事態になりかねません。

以下の資料では、ペルソナ設計の方法をわかりやすくまとめています。オウンドメディアで効果的な集客を実現したい方は、ぜひ以下の資料を無料ダウンロードの上ご活用ください。

「ペルソナ設計の方法」ダウンロードフォーム

【手段3】コンサルを活用して相談しながら進める

自社でオウンドメディアの制作や運営を行い、悩みや課題が生まれたときだけ専門のコンサルタントに相談して進める方法もあります。

コンサルタントとは、オウンドメディアの制作や運営を並走してくれるパートナーのことで、戦略設計やコンテンツ制作などのサポートを行います。

プロの視点で戦略を打ち立てられるため、自社の強みを活かしたオウンドメディアの制作・運営が可能です。ただし、コンサルタントにも得意/不得意な分野があるため、自社が求めるスキルや知識のあるコンサルタントを探す必要はあります。

例えば、下記が挙げられます。

  • 戦略設計が得意なコンサルタント
  • 広告が得意なコンサルタント
  • SEOが得意なコンサルタント

以下の記事では、コンサルタントに依頼する具体的なメリットについて紹介しているので、詳細を知りたい方は、ぜひご一読ください。

\コンサルタントに無料相談したい方はこちらから/

【手段4】自社のみで立ち上げる

最後に紹介するオウンドメディアの制作方法は、自社のみで立ち上げる方法です。

自社のみでオウンドメディアの制作や運営を行う最大のメリットは、費用が抑えられることです。また、自社が持つリソースだけで対応するため、稟議などを通さずに進められます。

しかし、自社のみで立ち上げる場合は、オウンドメディア構築のスキルや知識を持っていることが前提となります。もしもオウンドメディアを自社で制作する予定の方は、以下の記事をご覧ください。

また、「自社でコンテンツを制作し、オウンドメディアを運営したい!」という方へ向けて、SEOを内製化(インハウスSEO)する方法を以下の資料にまとめました。SEOの進め方の社内向け資料を作成するときに、ぜひご活用ください!

\SEOのレベル別に取り組む内容がわかる!資料ダウンロードはこちらから/

オウンドメディアの制作会社を選ぶときの5つのポイント

制作会社を選ぶときのチェックポイントに、以下をご活用ください。

オウンドメディア 制作

特に、SEOに強い制作会社かどうか確認しましょう。オウンドメディアの流入経路はSEO以外にもありますが、自然流入が多いと安定した集客が見込めます。ひとつずつ見てみましょう。

【チェック1】制作・運用実績は豊富か

まずは、オウンドメディア制作や運用の実績が豊富か確認しましょう。

一般的には公式サイトで確認できますが、それ以外にも掲載されている事例記事や事例集の資料をダウンロードして詳細を見ておくことがおすすめです。

導入実績だけでは導入に至った経緯やどのような実績が出たのか詳細を確認できませんが、事例を確認することで具体的な企業の悩みやどのような施策をとったかがわかります。

同様の悩みを抱えている企業の事例があれば、大いに参考になります。そのため、まずは公式サイトや事例記事、資料があるかを確認しておきましょう。

ナイルの事例記事をご参考にしてください。

\ナイルのコンテンツ制作代行プランの詳細はこちらから/

【チェック2】丁寧にヒアリングをしてもらえるか

自社の悩みやオウンドメディアの目的はもちろんのこと、業種に関しても丁寧にヒアリングしてもらえるかが重要です。

オウンドメディアの制作会社はさまざまな業種のオウンドメディアを制作していますが、自社の業種に関して知見があるとは限りません。業種や企業規模によって立てるべき戦略も異なり、狙うべきターゲットも異なるため、しっかりと情報共有する必要があります。

また、業種に対して知見がないままコンテンツ制作を依頼すると、期待した品質にならない可能性があります。そのため、初回の打ち合わせ時は、気になる点や話しておきたいことなどについて入念に確認しておくことがおすすめです。

【チェック3】見積もりの内容に不明点は少ないか

見積もりが提示されたら、内容に不明点がないか確認しましょう。

詳細が載っていない場合もあり、何をいくらで依頼できるのかわからないケースもみられます。もしも、見積もりが曖昧だった場合は、以下のような事態が発生する可能性があります。

  • 最終的な請求金額が把握できない
  • 予定外の追加料金が発生する

予算とかけ離れた請求を避けるためにも、事前に内訳を細かく確認したり、問い合わせしてみたりすることがおすすめです。

【チェック4】成果物として何を作ってもらえるか

制作会社が、成果物としてどのようなコンテンツを制作するのか確認しましょう。

オウンドメディアの制作・運用において記事コンテンツは欠かせませんが、記事コンテンツ以外にも重要なことは数多くあります。

記事の作成に絞っても、記事コンテンツ以外に以下の成果物があると便利です。

  • キーワードの分析レポート
  • 競合メディアの分析レポート
  • 記事ごとの構成書
  • 記事作成時のリサーチシート

特に、分析結果は戦略の根拠につながるため、しっかりとレポートとして提示してくれる制作会社を選ぶのがおすすめです。

【チェック5】SEOに理解の深い制作会社か

オウンドメディアを進める上では、SEOに強い制作会社である点も重要です。

SEOはあくまでオウンドメディアへの流入経路のひとつで、ほかにもSNSや広告などがあります。しかし、SEOで上位表示されれば安定した流入が見込めます。

また、広告を打つことで一時的な流入増は見込めますが、掲載時期が終われば減少が予想されます。広告流入に頼ると広告費がかかり続けるため、予算との兼ね合いが重要です。

広告に頼らずSEOからの流入を増やしたい場合は、GoogleのコアアップデートやSEOの最新情報に詳しく、すぐに施策に反映できるような制作会社をおすすめします。

オウンドメディアの制作でよくある3つの質問と回答

最後は、オウンドメディアの制作でよくある質問に回答していきます。

いずれもオウンドメディアを始める際によく聞かれる内容です。しっかりと確認しておきましょう。

オウンドメディア 制作

【質問1】オウンドメディア制作にかかる費用相場は?

オウンドメディアを新規で立ち上げる場合は、一般的に100万〜300万円かかるといわれています。

費用がかかる主な作業や要因は、以下のとおりです。

  • オウンドメディアの戦略設計
  • CMSのカスタマイズ
  • サイトデザイン
  • サーバー代
  • ドメイン代

作業を自社で行えばその分の外注費はかかりませんが、工数がかかったりプロの視点がなくなったりといったデメリットもあります。また、オウンドメディアの運用にかかる費用は、初年度で1,000万円ほどかかるケースも珍しくありません。

ただし、運用については何を外注するのかによって費用が大きく変わります。オウンドメディアにかかる費用については以下の記事で紹介しているので、ぜひご一読ください。

【質問2】オウンドメディアの制作後はどのように進めていけばいいの?

オウンドメディアを制作しても、運用をおざなりにしては成果が期待できません。

オウンドメディアの運用で成果を出すためには、以下のポイントを意識しましょう。

  1. 運用の目的を明確にする
  2. 成功指標を設定する
  3. 戦略を設計する
  4. 実行プランと体制を準備する
  5. 分析とフィードバックを行う

目的と戦略を立てるのはもちろん重要ですが、得られた結果を分析して既存のコンテンツにフィードバックしていくことが運用において重要です。オウンドメディアの運用に明確な正解はないため、試行錯誤を忘れないようにしましょう。

なお、以下の記事でもオウンドメディア運用についてまとめいます。コンテンツ制作のポイントも紹介しているので、ぜひご一読ください。

\制作後のよくある課題と解決策を解説/

【質問3】オウンドメディアの成功事例はある?

ナイルが支援した、オウンドメディアの成功事例を一部紹介します。

オウンドメディアの制作はもちろん、運用が大変で、更新が滞っているオウンドメディアもよく見かけます。オウンドメディアを成功に導くためには、戦略・体制・対策が必要です。漫然と運用を続けるのではなく、常に分析し、結果にもとづいた戦略を実行しましょう。

なお、具体的な事例や成功する条件は、以下の記事で詳しく紹介しています。どういった視点が必要なのか知りたい方は、ぜひご一読ください。

オウンドメディア成功の鍵は入念な準備と制作体制

オウンドメディアは、戦略からコンテンツの制作まで、しっかりと設計しなければ期待した効果はなかなか得られません。

特に自社内で専門的なノウハウを持っていない場合は、社内制作よりも制作会社への依頼が安心で成功への確実性も高まるでしょう。

オウンドメディア 制作

制作会社に依頼する場合は、構築や運用をどこまで任せるか事前に整理しておくとよいでしょう。予算の兼ね合いはもちろん、将来的に自社でオウンドメディアの運用を内製化することも考慮して検討することをおすすめします。

なお、ナイルでは「オウンドメディアのよくある課題と解決策」をまとめた資料もご用意しております。

弊社では、お客様より「メディアを始めたけれど、成果につながらない」「リソース不足でコンテンツの制作ができない」などのご相談をよくいただきます。メディアの立ち上げ後につまづかないためにも、ぜひ資料を無料ダウンロードの上ご活用ください

  1. 成果を評価できない
  2. 質を担保できない
  3. ネタ切れしてしまう
  4. 人手不足・スキル不足

といったオウンドメディアの課題に対する解決策について資料で解説しています。

お気軽に以下のバナーをクリックして資料をお申し込みください。

    関連記事

    恋愛は戦争のようなものである。始めるのは簡単だがやめるのは困難である【コンテンツマーケティングの格言 第2回】

    WordPressって何?という人が読んでも5分で何となく分かる記事

    ダークソーシャルとは?重視しておくべき理由と計測方法を解説

    ダークソーシャルとは?重視しておくべき理由と計測方法を解説

    新着記事

    BtoBに最適なWeb広告9選!

    BtoB広告に最適な手法9選!実施時に重要なポイントや注意点も解説

    BtoBマーケティングの手法25選!

    BtoBマーケティングの手法25選!戦略立案〜リード選定まで徹底解説

    検索順位が落ちたときの 対策を教えます

    【対談】検索順位が落ちる3つのパターンと対策をSEOコンサルタントが回答!