モバイル(スマホ)用のURLが別に存在する場合にやるべき3つのSEO対策

更新日:
モバイル(スマホ)用のURLが別に存在する場合にやるべき3つのSEO対策

同一コンテンツでありながらPC用とモバイル(スマホ)用のURLが別になっている場合、コンテンツが重複していると判断されてしまい、SEO上不利に働く可能性があります。そのためにも、PC用とモバイル用のURLの関係性を正しく検索エンジンに伝える必要があります。ここでは、モバイル用URLがPC用途は別に存在する場合にやるべき3つの対策を解説します。

モバイルを取り巻くSEOは、当記事が最初に書かれた2014年頃に比べて大きく状況が変わっています。「モバイルSEOとは」「モバイルフレンドリーとは」「AMPとは」「MFI(モバイルファーストインデックス)とは」などの記事もぜひ合わせてご確認ください。

この記事のポイント

  • PC用とモバイル用のURLが別々であると、重複コンテンツと判断されてSEO上不利になる
  • alternateタグ、canonicalタグ、302リダイレクトで対策する
  • 可能であればPC用とモバイル用のURLを統一する

\SEOで成果につなげる!資料ダウンロードはこちらから/

双方のURLの関係性を正しく伝えることが必要

同一コンテンツに対しデスクトップ向けとモバイル向けの異なるURLを持つウェブサイトでは、検索エンジンが正しくクロールし、インデックスできるようにするため、URLの関係性を検索エンジンに正しく伝える必要があります。そのための手順が次の3つです。

  1. デスクトップ向けURLにrel=”alternate”を記述する
  2. モバイル向けURLにrel=”canonical”を記述する
  3. UAに応じた302リダイレクトを設定する

1. デスクトップ向けURLにrel=”alternate”を記述する

まず「このコンテンツに対応するモバイル向けのURLが別に存在すること」を検索エンジンに伝えるため、デスクトップ向けURLに新たに次のHTMLを追記する必要があります。

<link rel=”alternate” media=”only screen and (max-width: 640px)” href=”http://www.example.com/sp/” />

なお、上記のhrefのURLはあくまで仮のものであり、本来であればそのコンテンツに対応するモバイル向けのURLをここに記述する必要があります。

2. モバイル向けURLにrel=”canonical”を記述する

次に「このコンテンツに対応するデスクトップ向けのURLが別に存在すること」を検索エンジンに伝えるため、モバイル向けURLに新たに次のHTMLを追記する必要があります。

<link rel=”canonical” href=”http://www.example.com/” />

上記でも同様に、そのコンテンツに対応するデスクトップ向けのURLをここに記述する必要があります。

3. UAに応じた302リダイレクトを設定する

加えて、デスクトップのユーザにはデスクトップ向けURLを、モバイルのユーザにはモバイル向けURLにそれぞれアクセスしてもらうために、対応するURL同士でユーザエージェント(UA)別に302リダイレクトを設定することが必要です。

具体的には次のとおりです。

  • デスクトップがモバイル向けURLにアクセスした場合は、デスクトップ向けURLに302リダイレクトで転送
  • モバイルがデスクトップ向けURLにアクセスした場合は、モバイル向けURLに302リダイレクトで転送

ただし、Googleのクローラーである”Googlebot”がアクセスした場合には、302リダイレクトを設定しません。UAがGooglebotであるアクセスには、対応するURLのどちらにもアクセスさせ、2つのURLの関係性を適切に認識してもらう必要があります。

参考情報:Googlebotのユーザエージェント(UA)

Mozilla/5.0 (compatible; Googlebot/2.1; +http://www.google.com/bot.html)

引用:Google crawlers – Search Console Help

対応方法まとめ

上記を図にまとめると、次のとおりです。

160229_seohacksnet_8

補足: モバイルファーストインデックス後はモバイル向けURLを正規にするべきか?

上記のcanonicalとalternateの処理については、モバイルファーストインデックスの適用後にも変更する必要はありません。検索エンジン側で適切に解釈されます。

参考: Google ウェブマスター向け公式ブログ [JA]: モバイル ファースト インデックスに向けてサイトを準備するためのヒント

とはいえ、そもそもPC版とモバイル版のURLが別々になっている仕様自体が、上記のような対応が必要になったり、アクセス情報の解析の際に紐付けが必要になったりなど、様々なコストやリスクが生じる割に、得られるメリットが乏しいです。

そのため、基本的に今後新しくサイトを作る・大幅なリニューアルを行う場合はレスポンシブウェブデザインか、URLを変えずにUAに応じてデータを出し分けるようなダイナミックサービングで構築することが望ましいです。

SEOについて詳しく知りたい方はこの記事も読んでみてください。

最後に:下記3点を対応するURL間で行うこと

  1. デスクトップ向けURLにrel=”alternate”を記述する
  2. モバイル向けURLにrel=”canonical”を記述する
  3. UAに応じた302リダイレクトを設定する

上記を押さえて、検索エンジンから適切に評価されるモバイルフレンドリーなサイトにしましょう。

SEOについての疑問やお悩みがありましたら、お気軽にナイルまでご相談ください

編集者情報

大澤 心咲
大澤 心咲
新卒でアクセンチュア株式会社を経て、2018年ナイル入社。
コンサルタントとして大手企業SEO戦略策定・コンテンツマーケティング支援を担当。
現在はナイルのマーケティングとセールスの統括マネージャーとして従事。
著書:「ひとりマーケター成果を出す仕事術

監修者情報

ナイル編集部
ナイル編集部

2007年に創業し、約15年間で累計2,000社以上の会社にマーケティング支援を行う。また、会社としても様々な本を出版しており、業界へのノウハウ浸透に貢献している。(実績・事例はこちら

PIVOTにもスポンサード出演しました!

PIVOTにもスポンサード出演しました!
チャンネル登録者数が100万人を超えるYoutubeチャンネルPIVOTにスポンサード出演しました!
動画内では、マーケティング組織立ち上げのための新しい手段についてお話しています。
マーケティング組織に課題がある方はぜひご覧下さい。
動画を見る

関連記事

検索順位が落ちたときの 対策を教えます

【対談】検索順位が落ちる3つのパターンと対策をSEOコンサルタントが回答!

パラメータとは?

パラメータとは?アクティブとパッシブの違いについて

ロングテールキーワードとは?メリット・デメリットや選び方を解説

ロングテールキーワードとは?メリット・デメリットや選び方を解説

新着記事

【保存版】SEO記事の書き方を9ステップで解説!ポイントや注意点まとめ

【保存版】SEO記事の書き方を9ステップで解説!ポイントや注意点まとめ

【初心者向け】GA4のコンバージョン設定を画像付きで徹底解説

【初心者向け】GA4のコンバージョン設定を画像付きで徹底解説

製造業に効果的なSEO対策とは?ポイントや事例を紹介

製造業に効果的なSEO対策は?ポイントや事例を紹介

サイト内検索

目次に戻る

もっと効果的な集客施策
してみませんか?

Web戦略の情報を
定期的に受け取りたい方

取材・メディア掲載に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。