SSL証明書(SSL化)とは

SSL証明書とは

SSL証明書とは、一般的には「SSLサーバ証明書」を指します(ここでは便宜的にSSLサーバ証明書を「SSL証明書」と表記します)。SSL証明書には、改ざんや盗聴防止をする情報の暗号化機能、Webサイトの運営者の身元を確認できる実在証明の機能の2つの機能があります。これらの機能により、Webサイトの訪問者はデータの送信先を信頼することができ、個人情報などの大切な情報を安心して送ることができます。

SSL化の必要性

インターネットが普及したことで、現在ではインターネット上でのショッピングやインターネットバンキングなど、様々なサービスが提供されています。しかしながら、これらのサービスを利用するには、ユーザーがクレジットカードの番号や住所などの個人情報を提供しなければならず、個人情報の漏えいなどのセキュリティ面で不安を抱えるユーザーも多くいます。また、平成17年4月1日に個人情報保護法が施行されたこともあり、セキュリティへの意識が高まっているという背景もあります。

そのような背景がある中で、ユーザーに自社のWebサービスを安心して利用していただくためには、SSL化をすることでユーザーが抱えるセキュリティ面での不安を払拭することが、企業として必須の対応だと言えます。また、ユーザーに安心してWebサービスを利用するために、Webサイト全体をSSL化する「常時SSL化」の動きも広まってきています。

SSL化のSEO効果

SEO対策の1つとして、SSL化は必要な要素です。理由として、GoogleがSSL化されたWebサイトをランキング評価で優遇すると明言しているためです。現時点ではSSL化しているか否かを問われるのみであり、ランキングへの影響はそれほど高くないと考えられていますが、今やSEOを意識したサイトを作る上でSSL化は当たり前になっているといっても過言ではないでしょう。

また、SSL化することがSEO対策になるだけでなく、SSL化していないことが訪問者の不信感につながり、離脱につながる可能性も十分に考えられますので注意が必要です。実際に2018年7月にリリースされたGoogle Chromeの新バージョン「Chrome 68」では、SSL化されていないサイトはアドレスバーに警告が出るようになりました。

参考:Google ウェブマスター向け公式ブログ: HTTPS をランキング シグナルに使用します
参考:Google ウェブマスター向け公式ブログ: Chrome のセキュリティにとって大きな一歩: HTTP ページに「保護されていません」と表示されるようになります

SSLとTLSの違いとは?

SSLとTLSには互換性はありませんが、SSLはTLSの前身となる仕組みです。「SSL3.0」の次バージョンから「TLS1.0」という名称で呼ばれるようになりましたので、大枠の仕組みは同じものです。そのため、TLSを「SSL/TLS」と表記していたり、TLSのことを指していても「SSL」と表記したりすることがあります。

まとめ

SSL化はSEO対策に加えて、ユーザーの安心を得るためには必須の対応です。安心安全なWebサイト運営のためにもぜひ早めのSSL化を行ってください。

関連記事

Webサイトの運用・集客でお困りではありませんか?

デジタルマーケティング全般についてのご相談はこちら

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

  • 資料ダウンロード

    会社紹介資料・事例集からSEOのお役立ち資料まで無料でダウンロードできます。

  • メルマガ登録

    SEO・コンテンツマーケティングを中心にWeb戦略に役立つ情報を週一でお届けします。