RSSとは(RSSフィード・RSSリーダーとは)

SEOで使われる用語「RSS」について説明いたします。

RSS(Rich Site Summary)とは

RSSとは「Rich Site Summary(リッチサイトサマリー)」の略称で、XML記述というマークアップ言語を用いて、Webサイトの更新情報の日付やURL、タイトル、その内容の要約などを配信する技術です。最近では、多くのニュースサイトやブログが更新情報をRSSで公開しています。

また、RSSには「Really Simple Syndication(リアリーシンプルシンジケーション)、RDF Site Summary(アールディエフサイトサマリー)」といった名称のことなる規格も存在します。

・RSSフィードとは

RSSフィードとは、RSSと呼ばれる形式のデータで更新情報を提供することもしくは、その形式で提供される情報のことを指します。

 

・RSSリーダーとは

RSSリーダーは、人にとって難解なRSSで配信されるXML記述を、わかりやすく、見やすく形を変えて提供してくれるサービスです。サイトの更新情報や新着情報を自動的に取得し、統一したフォーマットで情報を確認することができます。

有名なRSSリーダーには、「Feedly(外部サイト)」や「Reeder(外部サイト)」があります。これらのサービスは、時系列にそってサイトの更新情報を短縮された形で紹介してくれます。気になる記事はクリックして、その配信元のサイトで詳しい内容を確認することも可能です。

RSSリーダーを使うメリット・理由

・情報収集にかけている時間を大きく削減できる

RSSリーダーにお気に入りのサイトや毎日訪れるサイトを登録すれば、サイトに訪れることなく、新着情報や更新情報をチェックすることができます

また、自分に適した情報を探したいときにも、RSSリーダーは有効です。最新情報別にページタイトルや要約を確認でき、自分に適した情報を取捨選択できるためです。更新情報を確認する際は、Webサイトを開くわけではないため、Webサイトをダウンロードする時間もかかりません。

 

・時間がある時にまとめて一気読みができる

2つ目のメリットは、気になる情報があるのに読む時間がない時に、「あとで読む」機能を使ってその情報を保存することができる点です。たとえば、通勤時間であったり、お昼休憩であったり、時間が限られているため、自分の見たい情報を見ることのできないこともあります。多くのRSSリーダーには「あとで読む」機能が入っているため、気になった情報を保存しておき、時間のある時にまとめて読むことができます。

サイト運営者のRSS配信を行うメリット・デメリット

これまでユーザーにとっての利点を解説してきましたが、RSSを配信するサイト運営者側のメリット、デメリットについても解説していきます。

・RSS配信のメリット

サイト運営者のRSS配信をおこなうメリットとしては、サイト内のコンテンツを見てもらう機会を増やすことです。RSS配信は、ブログやWebサイトの更新をしたときに自動で更新情報を読者に届けることができます。

さらに、その発信した情報が読者にとって魅力的であれば、サイトへの来訪も促すことも可能です。

 

・RSS配信のデメリット

そんな魅力的メリットのあるRSSですが、デメリットもあります。

それは、自社がオリジナルのコンテンツをRSSを全文配信にした場合、Googleが配信先サイトのRSS配信コンテンツをオリジナルと判定してしまい、自社コンテンツが重複コンテンツと判定されてしまうケースがあります。Googleは、記事の公開日時や被リンクなど様々な要素からオリジナルの記事を判定してインデックスするため、基本的にコピーサイトやRSS配信先ページが上位表示することはありません。

ただし、稀にドメインの強さなどによりGoogleがRSS配信先ページを評価してしまい、元記事が重複コンテンツとみなされる場合があります。Googleは検索結果のクオリティー担保のため、同じ内容のものを表示させません。そのため、元記事が表示されるようなキーワードの検索結果に自社コンテンツが表示されなくなってしまいます。

当然、Googleはそのようなことが起きないように日々検索エンジンのアップデートをおこなっていますが、完全ではないため避けられるリスクは避けておく必要があります。そのため、上記のような現象が起きる場合の対策方法としては、RSS配信設定を一部抜粋やRSS配信を自社公開から時間を空けるなどがあります。

RSS配信のSEO効果

RSSの中には、更新情報の概要とともにリンクが生成されるケースがあります。この生成されたリンクがクロールされる状態であれば、それはリンクとして評価されるためSEOとしての効果を持ちます。

・コンテンツシンジケーションの場合

情報の充実を図るために他サイトのRSSフィードを読み込んで、コンテンツの一部として発信することがこれにあたります。RSSで取得した情報を紹介した側は情報の充実を図ることができますし、紹介された側も他サイトの訪問者を自サイトに誘導させることができます。syuuei

↑例えば、Yahoo! BEAUTY(外部サイト)では提携しているメディア(赤枠)の記事を取り込んで掲載してます。

この場合は、コンテンツの一部として存在しており、クローラーもそのリンクをたどることができるため、リンク評価を得ることができます。加えて、自サイトでリーチできなかった層にリーチすることで新たなトラフィックを獲得できる可能性もあります。

参考:Google ウェブマスター向け公式ブログ: XML サイトマップと RSS/Atom フィードのベストプラクティス

RSSフィードの登録・送信

また、Googleは新しいページやサイト内のすべてのページのクロールを促進するために、XMLサイトマップと共にAtom/RSSフィードを送信することを推奨しています。

XMLサイトマップはクローラーのサイト全体の巡回効率を上げ、Atom/RSSフィードは新たなページを追加したり既存のページへ重要な変更をおこなうといった、最新情報を検索エンジンに伝えて、素早くインデックスさせる際に役立つものです。

・RSSフィードの登録

341a2d8304fc70413bbf25590634f350

Searchコンソールのクロール > サイトマップをクリックして、右上のサイトマップの追加からRSSフィードのURLを登録します。

 

・RSSフィードの送信

fireshot-capture-6-%e7%84%a1%e9%a1%8c%e3%81%ae%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3-google-%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%89_-https___docs-google-c

登録したRSSフィードは①のボックスにチェックをいれて、②再送信をクリックすることで送信することができます。

RSSまとめ

・ユーザーは、RSSリーダーを使い情報収集する時間を削減することができる

・サイト運営者は、RSS配信をすることでサイトを見てもらう機会を増やすことができる

・ただし、RSS配信をすることで重複コンテンツになる可能性も含んでいる

・SEO的には、RSS配信先やRSSリーダーを通してリンク評価を獲得できる可能性がある

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

初級者から上級者まで幅広くコンテンツマーケティングの知識を学べるセミナーもございます

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×