リファラ / ノーリファラとは

SEOで使われる用語「リファラ(Referrer)/ノーリファラ(No Referrer)」について解説します。

リファラ(参照元)とは

リファラとは、アクセスログに記録されるデータの一つで、ユーザーがサイトに流入する時に利用したリンク元のページの情報です。

例えば、あるユーザーがページA内にあるリンクをクリックしてページBに訪れた場合、ページBから見てリファラはページAということになります。また、Googleで検索してページBに訪れた場合、ページBから見てリファラはGoogleということになります。

リファラの考え方

リファラを見ることで、ユーザーがどのような経路でサイトに流入しているかを知ることができます。
アクセス数が増えた時や減った時に、特定のページからの流入数が変化しているといった原因を突き止めることもできます。

検索エンジン経由でサイトに流入している場合は、ユーザーがどのようなキーワードで検索しているかも分かるので、ユーザーニーズの把握からそれを満たすサイト改善を行うなど、SEOを考える際に重要なデータとなります。

ノーリファラとは

ノーリファラとはGoogle アナリティクスにおける指標の一つで、そのページに流入した参照元がないことを表します。ユーザーがページに辿り着く経路はオーガニック検索以外にも、例えばブックマークからの流入など様々あり、リファラ情報が取得できないアクセスはすべてノーリファラとして扱われます。

補足:リファラスパムに注意

リファラスパムとは、スパムサイトからある特定のサイトへ複数回故意的なアクセスが行われることです。その目的はリファラ情報に気づいたWebマスターを自サイトに呼びこむことです。

このスパムによって、記事ごとのアクセス数、滞在時間、PVなどの分析指標がズレてしまい、正確なアクセス解析ができなくなってしまいますので、スパムの疑いがある参照元については計測対象にしないなど対策する必要があります。

参考:リファラースパムリスト Google Analytics

【1000社以上のコンサル実績】

ナイルのSEO成果事例を見る

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

初級者から上級者まで幅広くコンテンツマーケティングの知識を学べるセミナーもございます

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×