アウトバウンドリンク(OBL)とは

SEOで使われる用語「アウトバウンドリンク(outbound link)」について解説しています。

アウトバウンドリンク(OBL)とは

アウトバウンドリンク(OBL:OutBound Link)とは、自分のWEBサイトから外部のWEBサイトに向けて「出ていく」リンクのことを指します。逆に外部のWEBサイトから自分のWEBサイトに「入ってくる」リンクのことをインバウンドリンク(InBound Link)と言います。

SEO上での効果

SEO対策で「リンク」と言えばどうしても「外部サイトからのリンク」、つまりインバウンドリンクのことばかりが意識されがちですが、リンクというのは「出入り」が同時に発生するものであり、アウトバウンドリンクももちろん検索エンジンの評価の対象になります。

ですから、特に相互リンクなどを積極的に行っているWEBサイトの場合、アウトバウンドリンクの向ける先のWEBページの品質にはある程度注意を払う必要が出てきます。

例えば相互リンク先が何の中身もないリンク集のようなサイトばかりであるなどの場合には、「ユーザーの役に立たないWEBサイトばかり紹介している」という評価になりますし、コンピュータウィルスに感染させるために存在するような悪質なWEBサイトに向けてリンクを設定した場合には、明らかに検索エンジンのガイドラインに抵触する行為ですのでペナルティを課せられる可能性もあります

リンクでペナルティと言えばやはり「過剰な被リンクSEOによるペナルティ」を想起される方が多いと思いますが、受けるリンクはサイト運営者の制御の及ばない範囲ですし、仮にそんなに簡単にペナルティを与えてしまっては裏を返せば簡単に他のサイトの順位を落とせるということにもつながり悪用されてしまう恐れもありますので、少し慎重な判断をせざるをえません。

一方、アウトバウンドリンクの場合には(通常は)サイト運営者側の一存でリンク先ページが決定されるものですので、そのリンク先があまりに悪質であるとか低品質である場合には、サイト運営者に何かしらのペナルティが与えられるのは自然な理屈です(もちろん、通常のWEBサイトをリンクさせておいて、知らぬ間にそのURLが悪質なWEBサイトに変更されていたなどという手法も考えられますので、全てが即座に行われるわけではありません)。

検索エンジンが評価するアウトバウンドリンクは、ユーザーにとって役に立つ、特に「そのコンテンツを閲覧したユーザーにとって役に立つ情報である」というものです。リンクで結ばれたコンテンツ間のテーマの関連性や、そのリンク先のコンテンツの品質が問われますが、あくまでもユーザーにより良いコンテンツを提示するという意味でアウトバウンドリンクを活用するとSEO対策にも効果的になります。

 

少人数でSEO業務を担当されている方へ

社内外の関係者へ報告するためのレポート作成業務や日々の状況把握に追われ、施策の実行がおろそかになってにいませんか?Refractなら1つの画面で重要なデータを全て把握でき、その上ワンクリックで詳細なレポートを作成することが可能です。

SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中!

ワンクリックでレポート作成可能。SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中、15日間無料でお使い頂けます。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ(無料)

0120-304-864
受付時間:平日 10:00~18:30

フォームでのお問い合わせ

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×