手動による対策(ペナルティ)とは

更新日: 公開日:

手動対策(通称:ペナルティ)を受けると検索結果に表示されなくなったり、順位を大きく下げるなどSEOに取り組む上で大きくマイナスになります。
とはいえ、意図せず手動対策を受けることもあるため、どのような施策が手動対策を受けるのか、この記事を読んでしっかりと学んで下さい。

手動による対策(ペナルティ)とは

手動による対策(ペナルティ)とは、Googleのウェブマスター向けガイドラインに違反したサイトに対し、Googleの担当者によって手動で行われる対策のことを指します。
通常はアルゴリズムによって自動で判断されますが、ガイドライン違反に関しては担当者によって手動で対応するため、手動による対策と呼ばれております。

手動対策を受けるとインデックスが外れたり、順位が大幅に下がるなどのサイトのパフォーマンスに大きく下がる影響を受けることがあります。

なお、SEOの文脈では「ペナルティ」と呼ばれることが多いですが、Googleは公式表現として「手動による対策」であると説明しています。

何をすると手動対策を受けるのか

手動対策を受けるものはGoogleの公式ヘルプにまとまっています。それぞれ対応方法も明記されています。

手動による対策レポート - Search Console ヘルプ

抜粋すると

  • 背景色と同じ色の文字を用いたり、CSS画像置換を悪用したりした隠しリンク・隠しテキストの使用
  • 検索者とクローラーでは異なる内容のWebページを見せるクローキングの使用
  • コンテンツ内への過度のキーワード詰め込み
  • 自動的に作られた価値が低いページの使用
  • SEO目的で、ページランクを操作するためのリンク購入・販売

などの施策があります。

手動対策の多くは「不自然なリンク」や「隠しテキスト」など順位向上を目的として行なうブラックハットSEO施策に対して行われるものですが、

  • 構造化データに関する問題
  • 意図しないクローキング
  • AMP コンテンツの不一致

などは意図せず実装してしまい、手動対策を受けることも少なくありません。
特に求人情報に関する構造化データに対する手動対策は、SEOコンサルタントとしてたくさんのサイトを見る中でも遭遇する機会が多く、求人サイトを運営されている方は念のために少なくとも月に1回は以下の手順で確認しておきましょう。

手動対策の確認方法

手動対策を受けているかどうかはGoogle SearchConsoleより確認します。「セキュリティと手動による対策」内の「手動による対策」をクリックします。

Google SearchConsole-手動による対策

なお、手動対策を受けている場合はGoogle SearchConsoleのサマリーにお知らせが出るようになります。

Google SearchConsole-お知らせ

受けてしまった手動対策を解除するには

手動対策のお知らせを見ると、とても驚いてしまうかもしれませんが、まずは落ち着いて問題箇所の確認をしましょう。

Google SearchConsole-問題箇所の確認

先程の手順で「手動による対策」を確認すると、問題行為の説明、手動対策による影響、問題箇所の例示が記載されております。
この際、ページ単位での手動対策であれば、特定のページのみなど影響範囲が狭い場合もあるため、次のサイト改修のタイミングで修正するなど、後で対応することも考えられますが、サイト全体への手動対策であれば、速やかな対応が求められます。

とはいえ、可能な限り早く手動対策を解消することが望ましいのは変わりません。

公式ヘルプ、対象URL例を参考に問題箇所を特定し、修正を行いましたら、「審査をリクエスト」をクリックしましょう。

Google SearchConsole-審査リクエスト

クリックをすると、「問題解決のために行ったこと」を記入するポップアップが表示されますので、なるべく具体的に修正ポイントを記載しましょう。 必要以上にへりくだる必要はないですが、読む相手も人間です。極力丁寧に分かりやすい表現を心がけましょう。

受けてしまった手動対策は正しい手順を踏んで対応すれば解除することができますが、長年外部リンクを購入してきたサイトなどは、リンクの否認作業などで抜け漏れが発生し、なかなか手動対策が解除されないということもあります。
どうしても解除されない場合は、新たにドメインを購入しサイトを新しく作ることも視野に入ってきますが、これは今までのコンテンツの積み重ねをほぼ0にリセットする行為です。手動対策のリスクがある施策は絶対にしないようにしましょう。

参考:不自然リンクによるGoogleペナルティ解除事例 (基礎編)

補足

不正な獲得をした外部リンクは手動対策の対象でもありますが、検索エンジンはこうしたリンクが、不自然な形で設置されたことを検知できます。
よって、わざわざ人の手で手動対策をしなくても、検索エンジンが判断し、そういったリンクに対処できるのです。

では、そういった不正行為に対し検索エンジンはどのように対処するのでしょうか?Googleのゲイリー氏によると答えは「無視」だそうです。

参考:https://twitter.com/methode/status/1278080676890320900

バレても無視(プラマイ0)、上がればラッキーみたいに思う方もいるかと思いますが、Googleが明言していないだけで、サイト全体への評価に大きな悪影響がある可能性は否定できません。
こうしたガイドラインに違反する、不正行為は絶対にやめましょう

手動対策に関するまとめ

自社のWebページが突然の順位低下やインデックス削除をされてしまうと誰でも慌ててしまうと思いますが、ひとつひとつ手動対策を受けてしまう原因を探し、その原因を取り除く・修正を加えるなどの地道な作業をし続けることが、手動対策解除への近道と言えます。

何より、受けてしまった手動対策を解除し元の状態に戻す、という一連の作業はこちらの記事でも書いた通り時間も手間がかかることが多い割に、基本的には生産的な企業活動とは程遠い取り組みになります。
まずは、Googleの品質に関するガイドラインを理解し、知らぬうちに手動対策の原因となるような施策を行なってしまっていた、ということがないようにしておきましょう。

こちらの記事も参考にご覧ください。
SEOそのものについてさらに詳しく知りたい方はこちら
SEOや最新トレンドに関するセミナーはこちらから

関連記事

QDDとは ユーザーの幅広い検索意図に対応する検索結果

QDDとは ユーザーの幅広い検索意図に対応する検索結果

スピードアップデートとは?モバイル向けページの表示速度の改善方法

スピードアップデートとは?モバイル向けページの表示速度の改善方法

【ペンギンアップデート4.0実施】今見直しておきたい。SEOにおける『良い被リンク』『悪い被リンク』の見分け方

新着記事

マーケティング 集客

集客はマーケティングの1つ!押さえておきたい4つのポイントを紹介

ウェブ集客

ゼロからわかる!ウェブ集客の方法やメリット・デメリットを解説

リスティング広告

リスティング広告の6つのメリット・5つのデメリットを解説

サイト内検索