メールマーケティングとは

メールマーケティングとは

メールマーケティングとは、メールを活用したマーケティング手法です。メールを活用して、メールの受信者の購買意欲をかきたてます。メールマーケティングでは、メールの開封率やクリック数などによってメール受信者の好みを確認することができるので、マーケティング効果を測定しやすい手法であると言えるでしょう。

メールマーケティングのメリット

メールマーケティングのメリットとしては次の3つを挙げることができます。

  1. (1)メールを送る対象や日時をカスタマイズできること
  2. (2)コストが低いこと
  3. (3)開封率などを用いて効果検証できること

以下では、それぞれのメリットについて詳しく説明していきます。

メールを送る対象や日時をカスタマイズできること

メールマーケティング最大のメリットは、メールを送る対象や日時をカスタマイズできるなど、非常に自由度が高いことです。自分の好みの対象をターゲティングすることで効率的なマーケティング効果を見込むことができます。

コストが低いこと

メールマーケティングは低コストではじめることができることが魅力です。動画広告やWeb広告など、マーケティングには様々な広告宣伝の方法がありますが、メールを送信するだけであるメールマーケティングはコスト面での障壁が高くないことから、資金に余裕がない場合でも効果的なマーケティング効果を見込むことができます。

開封率などを用いて効果検証できること

従来のマーケティング手法では、メールを配信するだけで開封率、クリック率といった指標を用いてマーケティングの効果を測定できませんでした。そのため、マーケティングの効果を測定することができず、そのマーケティングに効果があったのかどうかを確認することができなかったのです。

しかし、メールマーケティングでは、ユーザーに合わせた情報をメールで送信していることから、その情報を把握・分析することができるので、マーケティングの費用対効果をきちんと管理することができるようになり、より効率的なマーケティングが可能となります。

メールマーケティングとメルマガ配信の違いとは

メールマーケティングとメルマガ配信には明確な違いがあります。

メルマガ配信は、会員登録した人に対して一斉に同じ内容を決まった日時に送るマーケティング手法のことを言います。メールの受信者が欲しい情報を送信するというよりも、宣伝という側面が強いマーケティング手法です。

一方で、メールマーケティングは、メールを送る対象も配信日を自分でカスタマイズして送るマーケティング手法です。メールの受信者の年齢、性別、好みなどに合うようにメールを送信するため、ターゲッティングをきちんとした上で宣伝を行うマーケティング手法です。

そのため、メルマガ配信は同じ内容のものを、メールの受信者の属性(年齢、性別、好みなど)を分類せずに一斉に送信するものであるのに対して、メールマーケティングでは、メール受信者の属性をきちんと分類した上で、マーケティングの対象を明確としてメールを送信することになります。

まとめ

メールマーケティングとは、メールを使ったマーケティング手法一般を言う言葉です。メールマーケティングは、メール受信者をターゲティングすることによって、効率的なマーケティングを可能とするマーケティング手法で、資金に余裕がなくても活用できるため、中小企業のような企業でも取組みやすいマーケティング手法であると言えます。

Webサイトの運用・集客でお困りではありませんか?

デジタルマーケティング全般についてのご相談はこちら

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

  • 資料ダウンロード

    会社紹介資料・事例集からSEOのお役立ち資料まで無料でダウンロードできます。

  • メルマガ登録

    SEO・コンテンツマーケティングを中心にWeb戦略に役立つ情報を週一でお届けします。

×