【2021年最新】マーケティングおすすめ本26冊!初心者から上級者向きまでを紹介

更新日: 公開日:
【2021年最新】マーケティングおすすめ本26冊!初心者から上級者向きまでを紹介

マーケティングを学ぶためにどんな本を手にとったらいいのか、おすすめ本を紹介!初級編、中級編、上級編、事例編に分けて、全26冊について解説します。

\コンテンツマーケティングを中心に支援!資料ダウンロードはこちらから/

マーケティングおすすめ本【初級編】

まずは、初級編。とにかくわかりやすいマーケティングの入門書をそろえました。

『マンガでわかるWebマーケティング』

マーケティング 本

実話をベースにした成功と失敗事例から、Webマーケティングの本質をストーリーマンガと解説で学べる一冊。どうしても意思がすれ違いがちな、発注側と受注側の両面からプロジェクトを理解することができます。

 

『マンガでわかるWebマーケティング』
本文・マンガ原案・全体監修:村上佳代、マンガ・作画:ソウ、シナリオ:星井博文
出版社:インプレス
定価:1,980円(税込)

『図解 実戦マーケティング戦略』

マーケティング 本

本書では、アメリカの経営者学者が生み出したマーケティング理論を日本流にアレンジ。著者が考案した「戦略ピラミッド」を用いれば、企業規模にかかわらず、マーケティング目標を数値で管理することができるようになります。

 

『図解 実戦マーケティング戦略』
著者:佐藤義典V
出版社:日本能率協会マネジメントセンター
定価:1,760円(税込)

『いちばんやさしいマーケティングの教本』

マーケティング 本

「よい商品なんだけど、思ったように売れない」「顧客のニーズがつかめない」。そんな悩みを解決するために、本書ではマーケティングの知識と実践ノウハウが詰まった内容になっています。トレンドをつかみながら、マーケティングの基本を習得できます。

 

『いちばんやさしいマーケティングの教本』
著者:中野崇
出版社:インプレス
定価:1,760円(税込)

『世界一わかりやすいマーケティングの教科書』

マーケティング 本

マーケティングの基本は、まず社内・社外の関係者とのコミュケーションから…。そんな基本から学べる、マーケティングの入門書。専門用語に逃げずにていねいに説明してくれているため、マーケティングをイチから学ぶのに適しています。

 

『世界一わかりやすいマーケティングの教科書』
著者:宮永博史
出版社:KADOKAWA/中経出版
定価:1,090円(税込)

『100円のコーラを1000円で売る方法』

マーケティング 本

実例を挙げながら、ストーリー形式でマーケティング理論を学べる1冊。ライトな内容ながら、コトラーからブルーオーシャン、キャズム理論までを網羅。顧客至上主義を脱却し、顧客が抱える潜在ニーズを解決することで付加価値を提供できるというマーケティング思想を解説しています。

 

『100円のコーラを1000円で売る方法』
著者:永井孝尚
出版社: KADOKAWA/中経出版
定価:1,540円(税込)

『100人の村で84人に新商品を売る方法』

マーケティング 本

「人はなぜ商品を購入するのか」「商品はどうすれば売れるのか」というマーケティングの永遠の課題に対し、大いなるヒントを与えてくれる本書。5つのショートストーリーと12のワークショップで、自らの思考を深めることができます。

 

『100人の村で84人に新商品を売る方法』
著者:森本尚樹
出版社:雷鳥社
定価:1,540円(税込)

『大学4年間のマーケティング見るだけノート』

マーケティング 本

イラストでわかりやすくサクッと学べる“見るだけノート”シリーズ。楽しみながら読んでいるうちに、マーケティングの基本から、最新マーケティング理論を網羅的に学べます。

 

『大学4年間のマーケティング見るだけノート』
監修:平野敦士カール
出版社:宝島社
定価:1,210円(税込)

『僕らはSNSでモノを買う―SNSマーケティングの「新法則」』

マーケティング 本

SNSの普及で、ユーザーが自分の意思で投稿するコンテンツ「UGC」への信頼感が高まっています。本書では、UGCを起点にして、SNS時代の購買プロセスであるULSSASをうまく回す方法を紹介。モノが売れない時代の必読書です。

 

『僕らはSNSでモノを買う―SNSマーケティングの「新法則」』
著者:飯髙悠太
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
定価:1,650円(税込)

マーケティングおすすめ本【中級編】

続いては、中級編。さらに実践的な内容が盛り込まれたマーケティングおすすめ本をご紹介します。

『デジタルマーケティングの定石』

マーケティング 本

マーケティングでデジタルを使いこなすには、どうするべきなのか、成果につながる施策を徹底解説。「日常生活」「初回購入」「継続購入」と各フェーズで、デジタルマーケティングの「定石」を身につけられます。

 

『デジタルマーケティングの定石』
著書:垣内勇威
出版社 :日本実業出版社
定価:2,420円(税込)

『マーケティングとは「組織革命」である』

マーケティング 本

USJのV字回復立役者である筆者が、マーケティングを確実に実行するために、最重要な「ヒト」の力を活かす「組織」について論じています。社内で提案を通すスキルについても公開した、実践的なマーティング術。

 

『マーケティングとは「組織革命」である』
著者:森岡毅
出版社:日経BP
定価:1,760円(税込)

『実践 顧客起点マーケティング』

マーケティング 本

1000人ではなく、たった1人の顧客のことを知ればいい。本書が提示するのは、至極シンプルなマーケティング術です。顧客は何を考えて、何を求めているかを理解することがマーケティングの基本だと立ち返ることのできます。

 

『実践 顧客起点マーケティング』
著者:西口一希
出版社:翔泳社V
定価:2,200円 (税込)

『事例で学ぶ BtoBマーケティングの戦略と実践』

マーケティング 本

BtoBマーケティングに特化して、具体的な事例が紹介されています。実践的なケーススタディが豊富な図解で示されており、マーケティング初心者でもスムーズに理解を深められます。

 

『事例で学ぶ BtoBマーケティングの戦略と実践』
著者:栗原康太
出版社:すばる舎v
定価:1,980円 (税込)

『ファンベース』

マーケティング 本

約20%のファンが売上の大半を支えているというデータから、ファンを大切にすることこそが売上を持続・成長させるカギになると提言した本書。共感を呼びファンを育て、ファンが新たなファンを作るファンベース・マーケティングの重要性に気づかされます。

 

『ファンベース』
著者:佐藤尚之
出版社:ちくま新書
定価:968円 (税込)

『マーケターのように生きろ』

マーケティング 本

著者は本書で、「マーケターとして生きる」ことを提案しています。それはつまり、自分を表現するよりも「相手からスタートする」マーケター視点を持って生きるということ。マーケター思考で人生を切り拓く一冊です。

 

『マーケターのように生きろ』
著者:井上大輔
出版社:東洋経済新報社
定価:1,760円(税込)

『苦しかったときの話をしようか』

マーケティング 本

マーケターの父が娘のために編んだ一冊。「何をしたいのかわからない」「今の会社にずっといていいのか」。そんな悩みを持つ読者にUSJ復活の立役者である筆者が「自分をマーケティングする方法」を伝授してくれます。

 

『苦しかったときの話をしようか』
著者:森岡毅
出版社:ダイヤモンド社
定価:1,650円(税込)

『ドリルを売るには穴を売れ』

マーケティング 本

「ベネフィット」や「差別化」などマーケティングの4つの理論をベースに、マーケティング脳を鍛えるためのエッセンスが散りばめられた一冊。マーケティング活用の例題も掲載されており、明日から業務に活かせるアイデアが満載です。

 

『ドリルを売るには穴を売れ』
著者:佐藤義典
出版社:青春出版社
定価:1,571円(税込)

『マーケティング思考力トレーニング』

マーケティング 本

本書では「マーケティングトレース」の方法をイチから解説。「マーケティング思考力を手に入れたい」「マーケティングを自分の仕事に活かしたい」という人のために、日常生活の中でのトレーニング手法を身につけることができます。

 

『マーケティング思考力トレーニング』
著者:黒澤友貴
出版社:フォレスト出版
定価:1,980円(税込)

『なぜ「戦略」で差がつくのか。』

マーケティング 本

経営戦略、マーケティング戦略、広告戦略、営業戦略など、ビジネスシーンで多用されながらも、「戦略」という言葉は乱暴に使われがち。本書によって、実践的な思考の道具として「戦略」をマスターすることができます。

 

『なぜ「戦略」で差がつくのか。』
著者:音部大輔
出版社:宣伝会議
定価:1,980円(税込)

マーケティングおすすめ本【上級編】

マーケティングおすすめ本の上級編。マーケティングをさらに思考して実践につなげたい方に、おすすめしたい本を集めました。

『確率思考の戦略論』

マーケティング 本

本書では、ビジネス戦略の成否は「確率で決まる」とし、その確率はある程度まで操作できると強調。八方塞りに思えるような状況でも、勝つ確率の高い戦略を導き出せるという「数学マーケティング」を学べます。

 

『確率思考の戦略論』
著者:森岡毅、今西聖貴
出版社:KADOKAWA
定価:3,520円(税込)

『ジョブ理論』

マーケティング 本

消費者の商品購買行動を「ジョブを片付けるための雇用」と位置づけて、イノベーションを分析した一冊。自社の商品を「雇用」してもらうためには、それまで使用されていたものを「解雇」させる理由を作らなければならないという観点は革新的です。

 

『ジョブ理論』
著者:クレイトン・M・クリステンセン、タディ・ホール、カレン・ディロン、デイビッド・S・ダンカン、依田光江(訳)
出版社:ハーパーコリンズ・ ジャパン
定価:2,200円(税込)

『影響力の武器 なぜ、人は動かされるのか』

マーケティング 本

人が要請を受け入れる心理的原理を、社会心理学的に分析した一冊。承諾を誘導する6つのカテゴリーの戦術を実験に基づいて解説し、情報社会において騙されないための防衛策まで紹介されています。ビジネスでも日常生活でも使える知見が満載の名著です。

 

『影響力の武器 なぜ、人は動かされるのか』
著者:ロバート・B・チャルディーニ、社会行動研究会(訳)
出版社:誠信書房
定価:2,970円(税込)

『コトラーのマーケティング4.0 スマートフォン時代の究極法則』

マーケティング 本

近代マーケティングの父と称えられるコトラーが、デジタル時代のマーケティングのあり方を唱えた一冊。スマートフォンやSNSが普及した時代のマーケティングは、顧客コミュニティとのつながりを作り、「推奨者」を生み出すことが重要だと提言します。

 

『コトラーのマーケティング4.0 スマートフォン時代の究極法則』
著者:フィリップ・コトラー、ヘルマン・カルタジャヤ、イワン・セティアワン、恩藏直人(監訳)、藤井清美(訳)
出版社:朝日新聞出版社
定価:2,640円(税込)

『シュガーマンのマーケティング30の法則』

マーケティング 本

CIA出身の名マーケター・シュガーマンが、自身の経験を体系的にケーススタディ化したマーケティング本。複雑なテクニックを駆使するよりも、マーケティングにおいては「正直」であることが重要だと気づかされる一冊です。

 

『シュガーマンのマーケティング30の法則』
著者:ジョセフ・シュガーマン(著)、佐藤昌弘(監訳)、石原薫(訳)
出版社:フォレスト出版
定価:1,760円(税込)

 

マーケティングおすすめ本【事例編】

最後に、どのように企業がマーケティングを活用しているのか、具体例が詰まった本をご紹介します。

『USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門』

マーケティング 本

USJをV字回復させたマーケターによるマーケティング思考の指南書。「戦略的思考」と「マーケティング・フレーム」について図解や体験談を交えてわかりやすく解説した本書は、マーケティング初心者にもおすすめです。

 

『USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門』
著者:森岡毅
出版社:KADOKAWA/角川書店
定価:1,540円(税込)

『サイゼリヤ おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ』

マーケティング 本

サイゼリヤ創業者による著書。魅力的な商品開発と低価格の裏付けは、PDCAサイクルを回し続ける科学的な経営にあります。コスト削減や値付けの注意点など、利益を拡大するためのヒントが豊富に紹介された一冊です。

 

『サイゼリヤ おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ』
著者:正垣泰彦
出版社:日本経済新聞出版
定価:825円 (税込)

『ワークマンは 商品を変えずに売り方を変えただけで なぜ2倍売れたのか』

マーケティング 本

目覚ましい成長に注目が集まるワークマンのマーケティング戦術を解説した本書。既存の商品の売り方を変えるだけで、売上高を約2倍に伸ばした真髄に迫ります。新たな試みを続ける姿勢に、大いなる刺激と勇気を与えてくれる一冊です。

 

『ワークマンは 商品を変えずに売り方を変えただけで なぜ2倍売れたのか』
著者:坂井大輔
出版社:日経BP
定価:1,760円 (税込)

マーケティングを体系的に学ぶには書籍がおすすめ

マーケティングを学ぶには、体系的に情報がまとまった書籍がおすすめです。知識量によって状況によって、今回のご紹介した本を手に取ってみてください。

マーケティング支援ならナイルにお任せを

ナイルでは、SEOやオウンドメディア運営を中心に、マーケティング支援を行っております。自社の商品・サービスについて課題がある場合は、ぜひお気軽にご相談ください。

関連記事

アクイジション(Acquisition)とは

アクイジション(Acquisition)とは

離脱率とは?離脱率が高いページの対策を解説

離脱率とは?離脱率が高いページの対策を解説

グラフ

そのデータの解釈、正しいですか? 「データドリブンSEO」のために知っておきたい5つのこと

新着記事

マーケティング 集客

集客はマーケティングの1つ!押さえておきたい4つのポイントを紹介

ウェブ集客

ゼロからわかる!ウェブ集客の方法やメリット・デメリットを解説

リスティング広告

リスティング広告の6つのメリット・5つのデメリットを解説

サイト内検索