カスタム404ページとは

SEOで使われる用語「カスタム404ページ」について解説しています。

404ページとは

404ページとは、WEBサイトにアクセスする際、リンク切れなどで、ユーザーがアクセスしたページが存在しない場合に、表示されるエラーページのことです。この際、ステータスコードが404で処理されるため、404ページと呼ばれています。

404ページの一例です。
このようなページを見かけることがあると思います。これが404ページです。

しかし、アクセスしたページが存在していないと、ユーザーの興味関心をそぎ、離脱率を上昇させる可能性があります。たいていのユーザーは、ブラウザの「戻るボタン」を押してしまうでしょう。そのため、ページにアクセスできないようなことはできる限り、回避すべきです。

しかしながら、自分のサイトの内部リンクは管理できても、外部のサイトのリンクまで管理することは出来ません。また、大規模サイトで内部リンクを100%管理することが難しい場合や、ユーザーがアドレスを誤って入力した場合、あるいは、何らかの不都合でアクセスできないという場合も考えられます。そこでカスタム404ページという、「エラーであることを示しつつも、サイトの回遊性を担保するためのページ」を設置します。

カスタム404ページ

カスタム404ページとは、ページが存在せず404エラーを返すが、ユーザーが探している情報を見つけられるようにカスタマイズした404ページのことです。具体的にはトップページへのリンクや検索窓、重要なページへのリンクなどを追加したページを指します。ユーザビリティの向上や離脱率の低下が見込め、Googleも設置を推奨しています。

どのような情報を表示するべきか

まずは、ユーザーが探しているページが存在しないことを明確に伝えるべきでしょう。探しているページが存在しないことがわからないと、ユーザーがコンテンツを探し続ける可能性があります。また、この際、「Not Found」だけなど、文言が単調にならないように気を付けます。

次に、そのWEBサイト上で、ユーザーが目的の情報(あるいは、近い内容の情報)を探すにはどうすればいいのかを、伝えます。例としては、サイト内を検索できる検索ボックスを設けることや、カテゴリで情報を探せるように、カテゴリ別のページへのリンクを設置することなどが挙げられます。また、「もしかして○○ですか」のように情報ページへのサジェスチョン機能を設けることも一つの手段です。

一例として、nanapiのカスタム404ページを見てみましょう。
nanapiのカスタム404ページの例
nanapiでは、アクセスしたページが存在しないことを伝え、ユーザーが目的のページを探せるように、検索ボックスを設けたり、カテゴリ別のリンクを設置したりしています

参考:カスタム404ページの作り方

Apacheサーバーを利用の場合、カスタム404ページとして表示したいファイル(HTMLファイルなど)をアップロードします。そして、.htaccessというファイルに

ErrorDocument 404 [カスタム404ページのURL]

という一行を追加します。URLは相対パスでも絶対パスでも問題ありません。たとえば、404.htmlというファイル名でルート直下に保存した場合は、

ErrorDocument 404 /404.html

のように記載します。

少人数でSEO業務を担当されている方へ

社内外の関係者へ報告するためのレポート作成業務や日々の状況把握に追われ、施策の実行がおろそかになってにいませんか?Refractなら1つの画面で重要なデータを全て把握でき、その上ワンクリックで詳細なレポートを作成することが可能です。

SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中!

ワンクリックでレポート作成可能。SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中、15日間無料でお使い頂けます。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×