URLパラメータツールでクローラを制御する

Google ウェブマスターツールの 「URLパラメータ」 ツールの使用方法について解説しています。

「URLパラメータ」 ツールとは

URLパラメータツールは、 Google ウェブマスターツールの機能の一つで、 個々のパラメータが持つ意味や役割をGoogleのクローラーに伝えることができます。

そのため、 サイト内にパラメータで生成された重複コンテンツがある場合は、 URLパラメータツールでクローラーを制御し、コンテンツの重複によって発生する問題を回避することができます。

以下では、 URLパラメータツールの使用方法を解説します。

※「制御」とありますが、サイト運営者の意図に沿うようにクロールしてもらう、程度のものです。
※URLパラメータツールはある程度の知識を要する機能ですので、 むやみに乱用するべきではありません。
※重複コンテンツについてはこちらの記事をご参照ください。

URLパラメータツールによるパラメーターの制御方法

URLパラメータは、 Googleウェブマスターツール内「ダッシュボード>クロール」にあります。

URLパラメータ 格納場所 加工済
※赤枠部分が2015年1月 現在の格納場所になります。

  1. URLパラメータにて、 「パラメーター設定」 をクリックしてください。 Googleに認識されているパラメータの一覧が表示されます。※対象のパラメータがない場合は、 「パラメータを追加」 から指定するパラメータを必要であれば値も含めて入力してください。
  1. 制御したいパラメータの 「編集」 をクリックしてください。

URLパラメータ 設定画面

パラメータがコンテンツに影響するものかどうかを”はい” か “”いいえ” で選択します。コンテンツの内容が変化する動的なパラメータの場合は、”はい”、パラメータによってコンテンツの内容が変化しないものは”いいえ”を選択してください。(よく分からない方はURLパラメータとはをお読み下さい)

  1. “はい” を選択した場合に4つの選択肢が表示されますが、 重複コンテンツの解消が目的の場合は、 以下のうちどれかを選択し最後に 「保存」 をクリックしてください。

URLパラメータ 設定 選択画面

「クロールしない」 : 指定したパラメータが含まれたURLをクロールさせないようにします。
※これらの設定を誤った場合、 検索エンジンにページがクロールされなくなりますので、 指定するパラメータには十分にご注意ください。

少人数でSEO業務を担当されている方へ

社内外の関係者へ報告するためのレポート作成業務や日々の状況把握に追われ、施策の実行がおろそかになってにいませんか?Refractなら1つの画面で重要なデータを全て把握でき、その上ワンクリックで詳細なレポートを作成することが可能です。

SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中!

ワンクリックでレポート作成可能。SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中、15日間無料でお使い頂けます。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ(無料)

0120-304-864
受付時間:平日 10:00~18:30

フォームでのお問い合わせ

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×