記事執筆の方法は?流れや外部に依頼する際の4ポイントを解説

記事執筆の方法は?流れや外部に依頼する際の4ポイントを解説

記事の執筆には時間がかかるため、自社で対応するほか、外部のライターに依頼するのもひとつの方法です。

しかし、闇雲に依頼しても、良いライターと出会えず修正コストがかかり、結局時間がかかる事態に陥りかねません。

そこで、本記事では自社で記事執筆をする流れや記事執筆を外部に依頼する際のポイントを紹介します。

良質な記事を執筆してウェブサイト運用の効果を高めたいとお考えの方は、ぜひ最後までお読みください。

※外部への執筆依頼について知りたい方は、下記をクリックしてください。(記事の該当部分に遷移します)

良質な記事を執筆するためには外部依頼もひとつの方法

そもそも記事執筆とは?

まずは、そもそも記事執筆とは何か、という点から確認しましょう。

広義で「記事」といえば、

  • ウェブ記事
  • 新聞記事
  • 雑誌記事

など、オンライン/オフラインを問わず文章全般を指しますが、本記事ではウェブ記事にフォーカスして解説します。

記事執筆とは

記事執筆とは、メディアに掲載する記事を書くことです。

紙媒体の記事と区別するために、「ウェブ記事」と呼ぶこともあります。企業が記事を執筆する目的の多くは、自社のメディア(オウンドメディア)に掲載して集客したり、認知度を高めたりするためだからです。

記事執筆とは ×執筆だけ行う ◯企画・構成・執筆など複数の工程がある→時間がかかる(コンテンツライティングを行うビジネスマン)

記事執筆は書く作業以外にも企画やリサーチ業務などもあり、1つの記事を完成させるまでに多くの時間を要します。

特に、執筆作業に慣れていない場合は、1記事書くのに6〜8時間と丸一日かかることも少なくありません。

また、記事の種類によって適切な文章の書き方も異なるため、記事を執筆するライターには記事の種類に応じたスキルが求められます。

記事執筆の種類

記事の種類は豊富で、ウェブ記事だけでも大きく下記に分けられます。

【ウェブ記事の種類】

  1. SEO記事
  2. セールス記事
  3. 取材記事
  4. レビュー記事

いずれも達成したい目的が異なるため、同じように記事執筆をしても目的を達成できない恐れがあります。

例えば、SEO記事は検索キーワードから考えられるニーズに沿って執筆し、検索上位表示による集客が目的です。

SEO記事に多くのユーザーを呼び込み、ユーザーの知りたいことを解説しつつお役立ち資料のダウンロードや会員登録を訴求します。

また、セールス記事は商品やサービスの販売、取材記事は取材対象のエピソードを掲載するなどの目的があります。

このように、記事執筆と一口にいっても目的や執筆内容はさまざまなので執筆を行う際には、下記のことを明確にしておくのが重要です。

【執筆内容の確認】

  • どの種類の記事を執筆する予定なのか
  • 記事の目的は何なのか

ウェブライターとして記事を書くときに求められるスキル

ウェブライターが記事を書くときに求められるスキルは、下記のとおりです。

【ウェブライターに求められるスキル】

  1. パソコンスキル
  2. リサーチ力
  3. 構成力・文章力
  4. SEOの知識
  5. コミュニケーションスキル
  6. スケジュール・タスク管理スキル
  7. インタビュースキル
  8. WordPressなどのCMSを使いこなすスキル
  9. 画像編集スキル

最低限のパソコンスキルやリサーチ力、文章力は必須です。さらに、SEO記事を執筆する場合は、SEOの知識が欠かせません。検索エンジンのアルゴリズムは日々更新されるため、最新情報をキャッチする能力も必要です。

また、取材が必要な場合のインタビュースキルや記事配信のツールであるCMSや画像編集スキルもあったほうがスムーズな作業ができるでしょう。

記事執筆を行うときの流れ

記事執筆を行う際は、大きく下記の流れで進めます。

【記事執筆の流れ】

  1. 企画
  2. 構成
  3. リサーチ
  4. 執筆
  5. 推敲
  6. 入稿

企画の段階でターゲットや記事を通して伝えたい内容、読者に促したいアクションを明確にしなければ、構成や執筆を丁寧に行っても記事の目的とする成果を出せない恐れがあります。

また、記事の芯がブレてしまっては、集客数が多くても読者に刺さらず離脱されてしまいます。

例えば、ターゲットが法人担当者で読者に促したいアクションがシステムの購入の記事であるにも関わらず、個人向けの内容を執筆しても購入にはつながりません。

したがって、記事執筆は単に文章を書くことではなく、読者にいかにメッセージを伝えられるかが重要になります。

また、記事執筆を行う際は、あらかじめ「記事の設計図」を作るとスムーズです。具体的に記入できる、記事要件シートがありますので、ぜひ無料ダウンロードの上ご活用ください!

\情報整理に役立つ記事要件シートを無料配布中!/

自社で記事執筆をする際に意識したいポイント

自社で記事執筆をする際に意識したいポイントは、ライター自身が見聞きした体験や経験者へのインタビューなど一次情報を盛り込むのがおすすめです。

ほかは、下記を参考にしてください。

【記事執筆をする際のポイント】

  • 原則的に一次情報を作成する
  • SEOやナーチャリングなど、目的に合った情報を作成する
  • 読者にとって役に立つ情報を作成する

特に、AIが急速に進化し、簡単な文章作成は人の手を使わずともできるようになりました。検索結果の上位記事をまとめ直すだけの記事は、AIが十分に対応できます。

そのため、AIに作成できない一次情報を盛り込んだ情報は、現代にますます価値がある記事といえるのです。

例えば、個人向けの商品やサービスの場合は、自身で購入して実際に使用してみたり、法人向けの商品やサービスの場合は実際に導入した企業にインタビューしたりするなどです。

下記の記事では、高品質な記事を執筆する際のポイントを詳しく紹介しています。ぜひ、ご一読ください。

【よくある質問】AIに記事執筆を任せることはできる?

AIが急速に進化し、簡単な文章作成を任せられるようになりました。

ですが、まだまだ記事執筆を完全に任せることはできません。一次情報が足りないことはもちろん、執筆した内容が正しいか確証がないからです。

そのため、精度が上がったとはいえ、ファクトチェックを欠かさないように注意する必要があります。

AIツールは、記事をすべて全自動で書いてもらうような極端な使い方ではなく、アイデア出しなど、場面を限定した要所で活用することをおすすめします。

詳しいAIの活用方法については、「ChatGPTを普段のWebマーケティングに活かすためのヒント」をご覧ください!

良質な記事を執筆するためには外部依頼もひとつの方法

良質な記事を安定して作っていくためには、自社だけで記事制作を行うのではなく外部へ依頼するのもおすすめです。

コンテンツマーケティングは時間と手間がかかる業務のため、慣れていない場合は負担が大きいからです。

【よく用いられるコンテンツマーケティングの7つの手法】

  1. ウェブ記事
  2. ホワイトペーパー
  3. 動画
  4. ウェビナー
  5. メールマガジン
  6. SNS
  7. ウェブ広告

ウェブ記事やホワイトペーパー、動画、ウェビナーなどのコンテンツは1つ作成するとほかのコンテンツに流用しやすい特性があります。

コンテンツの流用相関図 ウェブ記事 ウェビナー 動画 ホワイトペーパー →流用できる

そのため、時間がかかる記事作成を依頼するだけでも、従業員の大幅な負担軽減にもつなげられます。

ウェブ記事以外にも何かしらのコンテンツマーケティングを行いたいと検討している場合は、負担となる部分をうまく外部へ依頼し、効率良く運営できる体制にしておくのがおすすめです。

記事執筆を外部に依頼する4つのメリット

ライターを起用する際は、コストを抑えるために単価を下げるのではなく、実力のあるライターを見合った単価で採用することを推奨します。

最初から適切な単価で依頼することで、結果的にコスト削減につながります。

記事執筆を外部に依頼するメリットは、下記のとおりです。順番に見ていきましょう。

記事執筆を外部に依頼する< 4つのメリット >(コンテンツの記事を書くプロフェッショナル・ライター)

【メリット1】実力のあるライター起用はコスト削減になる

ライターを起用する際は、品質面の観点だけではなくコスト面でも実力のあるライターを採用するのがおすすめです。

実力のあるライターが執筆した記事は品質が高く、編集のコストがかかりづらいためです。編集のコストがかからなければ、記事の公開も早くできます。

一方で、経験が少ないライターは修正ポイントが多くなることも珍しくないため、ライターに差し戻しが発生したり自社で修正したりなどの対応をしなければなりません。

たとえ、単価を抑えて発注したとしても、修正や編集のコストがかさめば結果的に負担が大きくなってしまう事態に陥ります。

そのため、コストを抑えるために低単価で発注するのではなく、求める品質に見合った単価で発注することが重要です。

【メリット2】自社のリソースは他のコア業務に集中できる

記事執筆を外部に依頼することで自社のリソースを確保でき、ほかのコア業務に集中できるメリットがあります。

コア業務とは売上に直接影響のある業務で、自社の従業員はコア業務をこなすのがよいとされています。

記事執筆も集客や販売にかかわる重要な業務ですが、SEO記事などを作成する場合は高い専門性が必要です。

専門性の必要な部分は外部ライターに依頼することで、品質を担保しつつ自身はほかのコア業務に取り組めるので効率的に進められるようになります。

【メリット3】記事の品質が上がり読者に満足してもらえる

外部に依頼することで記事の品質が上がり、読者に満足してもらえる記事の制作が可能です。

例えば、自社で執筆を行うと専門用語が多くなってしまい読者が理解しづらかったり、読み終わった後に疑問が出てきてしまったりするケースも少なくありません。

ですが、実力のある外部のライターへ依頼することで、わかりやすい文章や読者の疑問が解決できるような文章で記事作成してくれるため、読み終わった後、読者に満足してもらいやすくなります。

外部ライターに依頼する際に、実力をある程度見定めた上で発注することで、最初から一定の記事品質が保てるでしょう。

また、自社のジャンルに合った専門性を持つライターに依頼すると、読者の悩みに寄り添い満足が得られる高品質な記事になり、SNSでのシェアや紹介をしてもらえれば認知が拡大する可能性も高まります。

【メリット4】検索エンジンの上位表示で流入増が見込める

高品質な記事は検索エンジンで上位表示される可能性が高まり、流入数の増加が見込めます。

ウェブ記事を制作する意図のひとつに、SEOにおける上位表示があります。SEOで上位表示されればユーザーの目にとまる機会が増加し、検索流入数を増やすことが可能です。

しかし、上位表示されるようにするためにはSEOに配慮した記事を作成する必要があります。

例えば、「E-E-A-Tを意識する」「コンテンツの見やすさ・使いやすさに気を配る」などのポイントを押さえることが重要です。

SEOの知識があれば自社で記事執筆するのもよいですが、リソース面からSEOの知識がある外部へ依頼するほうが、効率良く記事コンテンツが作成できます。

また、下記の記事では最新のSEO施策やメリット・デメリットを紹介しています。これからSEOに取り組むことを検討している方は、ぜひご一読ください。

ご質問は、以下のバナーよりお気軽にご連絡ください。

\本記事に関するどんなことでもお答えします!/

記事執筆が依頼できる3つの方法

記事執筆を依頼先する際は、主に下記の3つの方法があります。

費用や品質などを考慮して適切な依頼先を選ぶことが重要です。ひとつずつ見ていきましょう。

記事執筆の依頼先 特徴
1)クラウドソーシング
  • 多数の応募が集まりやすい
  • ワーカーを指名したスカウトも可能
2)SNS
  • ライターと直接取引する
  • 人となりがわかりやすい
3)制作会社
  • 高品質な記事執筆が可能
  • ワーカーが音信不通になるリスクが最小限

【依頼先1】クラウドソーシング

クラウドソーシングは、ワーカーを探す発注者と仕事を探すワーカーのマッチングサイトです。

近年、副業の解禁やコロナ禍の影響により急速に普及しています。ワーカー人口が増加していることから応募が集まりやすく、時間をかけずに採用できる場合があります。

クラウドソーシングに依頼するメリットとデメリットは、下記のとおりです。

クラウドソーシングを利用して記事執筆の依頼をする場合
メリット デメリット
  • 低コストで高品質な記事執筆を得られる可能性がある
  • 多数のライターから応募が集まる
  • 過去の評価を参考にできる
  • ライターが多いため、品質の差が激しい
  • 複数の応募から選考する場合、時間がかかる恐れもある

 

発注者がクラウドソーシングサイトを利用する場合、一般的に手数料や利用料は発生しないため、コストを抑えられます。

ただし、ライター人口が多く記事の品質にばらつきがあるため、選考に時間を要する点がデメリットです。

また、クラウドソーシングサイトでは「ランサーズ」や「クラウドワークス」が有名です。

トラブル発生時はクラウドソーシングサイトのサポートもあるため、コストを抑えつつ安全に利用したい場合におすすめします。

【よくある質問】クラウドソーシングで採用したライターと直接取引したい

ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトは、基本的にライターとの直接取引を禁止しています。

コミュニケーションの速度が上がったりチャットツールを一元化できたりするため、直接取引したほうが便利ですが規約違反になるのでやめておきましょう。

ただし、契約と報酬の受け渡しをクラウドソーシングサイト内で行えば、コミュニケーション自体は外部ツールを使用できる場合もあるため、規約をしっかりと確認するのが重要です。

【依頼先2】SNS

SNSを営業ツールとして活用しているライターも多いため、募集をかけると複数のライターから問い合わせをもらえる可能性があります。

普段の発信内容が閲覧できるため、ライターの人柄を確認することもできるでしょう。

SNSで依頼する際のメリットとデメリットは、下記のとおりです。

SNSを利用して記事執筆の依頼をする場合
メリット デメリット
  • 直接取引するためコストを抑えられる
  • スピード感のあるやりとりができる
  • 発信内容から人柄を把握できる
  • ライターによって品質に差がある
  • トラブル発生時は自社で対応しなければならない

 

クラウドソーシングや制作会社と異なり、SNSを利用して依頼するライターは個人との直接契約です。

コストが抑えられる上、スピード感のあるやりとりができる可能性もありますが、相手が個人だからこそのトラブルも考えなくてはなりません。

例えば、納期遅れや音信不通になってしまうことなどが挙げられます。

事前に、発信内容を確認したり面談を設けたりすることで、ある程度は回避できるため、できる限りの対策を講じるのがおすすめです。

【依頼先3】制作会社

制作会社には複数のライターが在籍しており、メディア全体の記事執筆を一括して依頼できるため、クラウドソーシングやSNSと比べるとトラブルに発展するリスクは最小限です。

制作会社に依頼するメリットとデメリットは、下記のとおりです。

制作会社を利用して記事執筆の依頼をする場合
メリット デメリット
  • 実力のあるライターが多く、記事の品質が高い
  • 納期遅れの可能性が低い
  • トラブル発生のリスクが小さい
  • 比較的コストがかかる
  • 制作会社によっては苦手な分野がある

 

制作会社に依頼するとコストが高くなりがちですが、記事の品質は高く修正コストが抑えられます。

また、納期遅れや音信不通などの問題があっても制作会社内で対応するため、大きなトラブルに発展することが少ないのも特徴です。

コストと品質について、あらためて一覧でまとめました。

記事執筆依頼先 コスト 品質
クラウドソーシング
SNS
制作会社

なお、コンテンツの品質を高めるポイントや失敗しないコンテンツ制作の体制づくりなどを下記の資料にまとめています。ぜひ、無料ダウンロードの上ご活用ください!

\コンテンツマーケティングを中心に支援!資料ダウンロードはこちらから/

また、以下の記事では「高品質な記事が書けるライター」を探す方法を紹介しています。実力のあるライター探しにお困りの場合は、ぜひご覧ください。

外部に依頼する際はレギュレーションの設定が必要

外部に記事執筆を依頼する際は、レギュレーションの設定をしましょう。

レギュレーションは、納品記事に反映していきながら常にアップデートすることが大切です。

下記のポイントを、順番に解説します。

記事執筆を外部に依頼する< レギュレーション設定 2ポイント >(企業関係を円滑にするレギュレーションを共有するビジネスチーム)

「質を担保するためのレギュレーション」を意識する

レギュレーションは記事を執筆する際に守るべきルールとして、最低限の水準を担保するものです。

レギュレーションが必要な理由は、下記になります。

【レギュレーションが必要な理由】

  • 記事の品質を一定水準に保てる
  • 修正の手間が抑えられる

特に、複数人のライターに依頼する場合はそれぞれのスキルや癖が現れるため、メディアに統一感を持たせる意味でもレギュレーションが必要でしょう。

ただし、レギュレーションを細かくしすぎるとライターのモチベーション低下につながりかねないため、バランスを考えて設定することも大事です。

「レギュレーションを決める3つの要点」を押さえる

レギュレーションを作成する際に押さえたいポイントは、下記のとおりです。

【レギュレーションを決める3つの要点】

  1. メディア・ターゲットの目的を明確にする
  2. 表記ルールを統一する
  3. 随時アップデートする

表記ルールを設定することで、「ひらがな(開く)/漢字(閉じる)」や「ヵ月」のような、日本語特有の「複数表記のゆれ」を統一し記事を読みやすくします。

また、レギュレーションはアップデートして最適化することが大事です。特に表記ルールの統一は、修正コストを下げることにつながるため、常に確認しましょう。

なお、高品質な記事を執筆するためには、事前に要件を整理しておくことも重要です。

ナイルでは成果につながる記事要件シートを公開していますので、ぜひダウンロードの上ご活用ください!

\成果につながる記事を作る!資料ダウンロードはこちらから/

記事執筆を外部に依頼する際のポイント4つ

記事執筆を、外部に依頼する際のポイントを紹介します。

記事メディアの目的ターゲット」をライターと共有することで、品質の高い記事執筆が可能になります。ひとつずつ見ていきましょう。

記事執筆を外部に依頼する< 4つのポイント >(戦略の管理とトラブルシューティングに関する顧客支援をするプロフェッショナル・コンサルティング・サービス)

【ポイント1】執筆しやすいコミュニケーション環境にする

外部ライターに記事執筆を依頼する際は、コミュニケーション環境が作業効率につながります。

コミュニケーションやフィードバックなど、担当者とのやりとりは、伝え方や印象が大切です。

強い言葉を使ったり事務的な印象を与えたりするのは、ライターのモチベーション低下につながり、品質に影響を与えかねません。

ライターのモチベーションを保ち、品質の高い記事を作成してもらうためにも、やわらかい印象を与えたほうがスムーズなコミュニケーションができます。

外部ライターとはインターネット上でやりとりをするケースがほとんどですが、相手も人間だということを忘れず、伝え方には十分に配慮しましょう。

【ポイント2】成長を感じたときは報酬アップの検討をする

外部ライターの報酬はずっと同じにするのではなく、適宜見直すことをおすすめします。

報酬がいつまでも同じではライターのモチベーションが下がり、記事の品質にも影響を与えかねません。成長を感じた場合は、報酬アップの検討も必要な場合があります。

例えば、取引を始めたばかりの頃は、認識の違いによる修正が発生しやすいですが、やりとりを続けて認識のすり合わせができれば、修正数は少なくなり自社の対応コストも下がります。

自社のコストが下がった際は、その分の報酬を見直すとライターのモチベーションアップとともに、記事のさらなる品質向上にもつながるでしょう。

【ポイント3】特にYMYLの記事は専門家に監修を依頼する

金融や健康などをはじめとする専門性が求められる記事では、納品された記事をそのまま公開するのではなく、資格を持つ専門家に監修を依頼しましょう。

専門家の監修がない場合は記事の信頼性が下がり、検索エンジンの評価に悪影響を及ぼす場合があります。

例えば、YMYLと呼ばれるジャンルが代表的で、医療や法律などは各専門の医療従事者や弁護士などの監修が必要です。

また、専門性や権威性、信頼性などを重視したGoogleの評価基準として「E-E-A-T」があります。

【E-E-A-Tとは】

  • E:Experience(経験)
  • E:Expertise(専門性)
  • A:Authoritativeness(権威性)
  • T:Trust(信頼性)

以下の記事では、E-E-A-TとSEO、YMYLとの関連性を紹介しています。Googleガイドラインの見本を交えながら詳しく解説していますので、記事品質と検索評価を高めたい場合は、必ず読んでください。

【ポイント4】記事設計図を作成しメディア情報を共有する

記事やメディアの全体像を共有することで、ライターによる記事執筆がスムーズになる場合もあります。

目的やターゲットなどがわかれば、記事の着地点も明確化されるため執筆しやすくなるからです。

例えば、「ターゲットが法人担当者、目的がホワイトペーパーのダウンロード」の記事を制作する際、ライターに伝えていなければ「個人向けにSNSのフォローを訴求する」記事を執筆しかねません。

上記はかなり極端な例ですが、目的とターゲットをあらかじめ共有しておくだけで簡単に避けられます。

お互いの修正コストも下がるため、共有できる情報は積極的に共有しましょう。

成果を出すためには良質な記事の執筆が重要

記事を執筆する際は、自社対応のほかにも外部に依頼する方法があります。

自社ですべてまかなえる場合は問題ありませんが、時間や手間もかかるため専門家である外部ライターに任せるのがおすすめです。

レギュレーションの設定や執筆環境づくりなどを徹底して、実力のあるライターに記事執筆を依頼すると最小コストで最大の効果を実現できます。

もし、ライターの採用や記事執筆でお困りでしたら、お気軽にナイルまでご相談ください!

記事制作やコンテンツ制作でお困りの方へ

高品質なコンテンツを制作し、 集客やCV改善へ繋げることがナイルの強みです。「見積りが欲しい」、「専門性が高い記事の執筆」、「インタビュー記事の制作」など、お気軽にご相談ください!

サービスの詳細を資料で確認する

無料相談に申し込む

編集者情報

金子 光
金子 光(かねこ ひかる)
新卒で楽天グループ株式会社に入社。
営業管理として40人規模のチームをマネジメント。その後社員3人のベンチャー企業に入社し新規事業立ち上げを経験。
現在はナイルのマーケティング相談室編集長として、Webマーケティングに従事している。
無料相談はこちらから

監修者情報

ナイル編集部
ナイル編集部

2007年に創業し、約15年間で累計2,000社以上の会社にマーケティング支援を行う。また、会社としても様々な本を出版しており、業界へのノウハウ浸透に貢献している。(実績・事例はこちら

PIVOTにもスポンサード出演しました!

PIVOTにもスポンサード出演しました!
チャンネル登録者数が100万人を超えるYoutubeチャンネルPIVOTにスポンサード出演しました!
動画内では、マーケティング組織立ち上げのための新しい手段についてお話しています。
マーケティング組織に課題がある方はぜひご覧下さい。
動画を見る

関連記事

継続的なグロースハック「クラウド会計ソフトfreee」のユーザビリティ改善事例

【セミナー開催】マーケターのキャリアの作り方。JADE伊東とナイル土居が徹底議論!

重複コンテンツチェックはなぜ重要

重複コンテンツチェックはなぜ重要?重複の基準とペナルティ対策

新着記事

【無料テンプレート付き】ロジックツリーの概要やメリット、作り方解説!

【無料テンプレート付き】ロジックツリーの概要やメリット、作り方解説!

動画で学ぶWebマーケティング【生成AI/ChatGPT編】

動画で学ぶWebマーケティング【生成AI/ChatGPT編】

サードパーティCookie廃止に伴う広告予算動向

【サードパーティCookie廃止に伴う広告予算の動向調査】

もっと効果的な集客施策
してみませんか?

Web戦略の情報を
定期的に受け取りたい方

取材・メディア掲載に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。