オウンドメディア運営を委託するときのポイントとは?

オウンドメディア運営を委託するときのポイントとは?

オウンドメディアを運営する際には、ユーザーへ継続的に情報を発信するための体制を整える必要があります。オウンドメディアの運営体制は企業・団体によってさまざまですが、運営を外部へ委託することで効率的なメディア運用が可能です。

今回の記事では、オウンドメディアの運営を外部へ委託するときのポイントを解説します。

\オウンドメディアを成功に導く!資料ダウンロードはこちらから/

オウンドメディアを外部へ委託することで何が実現できるのか

オウンドメディアの運営は、さまざまな業務を専門業者に依頼することができます。

具体的には、どのような業務を担ってもらえるのかを見ていきましょう。

オウンドメディア 委託

戦略設計

オウンドメディアを立ち上げる際の、「戦略の設計」を委託することができます。

戦略設計を委託すると、運営代行会社はオウンドメディアで目指す成果を上げるための方法を提案します。

運営代行会社に成果を上げるための精度の高い戦略を設計してもらうためには、まず社内担当部署内でオウンドメディア立ち上げの目的やターゲットのペルソナなどを明確に定義します。そして、事前に運営代行会社と共有することが重要です。

コンテンツ作成

次に、オウンドメディアの中核となる「コンテンツ制作」です。

運営代行会社が、オウンドメディアの目的を達成するために適したキーワードを選び、コンテンツの企画を行います。そして、運営代行会社が提携しているライターが記事を執筆し、コンテンツを制作します。

検証・分析

さらに、オウンドメディアを継続的に運営する中で、「状況の確認と分析」も運営代行会社へ委託することができます。

オウンドメディアの運営では、常にコンテンツの制作と発信に忙殺され、メディアの現状を把握するためのさまざまな数値の検証や、よりよいメディアにするための改善を行うことがおろそかになりがちです。

運営代行会社に検証と分析を委託することで、オウンドメディアの当初の目的に合致する成果が上がっているかどうかを把握し、検証することができます。

ナイルの記事制作・SEOコンテンツ制作代行の無料相談は、こちらより承ります。お気軽にお問い合わせください。

オウンドメディアを委託するメリットとは

オウンドメディアの運営を外部に委託する際の、具体的なメリットを3つ紹介します。

オウンドメディア 委託

プロ視点からの戦略設計ができる

オウンドメディアを運営するときに、メディアの目的に沿った戦略を構築し、コンテンツの制作と配信を行うことが基本的な業務です。

自社内で戦略を構築しようとする場合、自社の強みについて明確に認識することができず、競合他社に似かよったオウンドメディアができてしまうことも珍しくありません。

オウンドメディア運営代行の実績を豊富に持つ外部の会社へ戦略の設計を委託することで、社内メンバーが気づかなかった自社の強みが明確になります。独自性の高いオウンドメディアの戦略を設計してくれることでしょう。

質の高いコンテンツを定期的に更新することができる

オウンドメディアの運営業務を社内で行う場合、最大の課題はコンテンツを定期的に更新することです。

コンテンツを更新する際は、大量のコンテンツを配信すればよいわけではなく、オウンドメディアを訪問したユーザーが満足する良質なコンテンツを継続して配信する必要があります。

ユーザーがコンテンツの内容に満足し、継続的に自社のオウンドメディアを訪問することで、運営する企業とユーザーの信頼関係が醸成します。

その継続が、商品・サービスを利用する「顧客」への成長(リードナーチャリング)です。コンテンツ制作をプロに委託することで良質なコンテンツが継続的にユーザーへ配信されるため、オウンドメディアの運営にとって大きなメリットになります。

良質なコンテンツは、検索エンジンで上位表示されやすく、SNSなどを通じて拡散されるチャンスもあるため、さらなるPR効果も期待できるでしょう。

\プロの回答だから現場で役立つ!資料ダウンロードはこちらから/

社内メンバーの負荷を軽減することができる

オウンドメディアを社内スタッフで運営する場合は、専属の人材をしっかり確保する必要があります。

例えば、商品開発・営業など現場のスタッフで運営をすると想定以上の負荷が発生し、コンテンツの更新が滞る恐れもあります。さらに配信する記事の執筆は、時間を要する業務です。

オウンドメディア運営代行業者は、専門のライターと編集者を抱えているためスタッフの負担が減ります。SEOを含めたオウンドメディアの分析も専門性が高い業務であるため、専門業者への委託が安心できるでしょう。

オウンドメディアを委託する際の注意点とは

オウンドメディアの運営を外部へ委託する場合、事前準備が必要です。

ここでは、運営を委託する際に注意したいポイントを2つ紹介します。

オウンドメディア 委託

運用目的とターゲットを明確にする

オウンドメディアの運営で重要なのは、メディアを運営する目的を明確に定義することです。

オウンドメディアの運営を開始した当初は試行錯誤を繰り返しますが、運営する目的を明確に定義しておけば、成果を上げるための軌道修正が容易になります。

また、オウンドメディアで集客したいユーザーのペルソナを具体的に設定することで、社内メンバーや運営委託会社との目的意識の共有がしやすくなるでしょう。

「製品の認知度を高めたい」「サービスの内容について理解してもらいたい」「商品の特性を理解してもらった上で、購入を促進したい」といったように、オウンドメディアを運用する目的は多種多様です。運用を委託する前に、社内で明確な目的を定義しましょう。

成果はすぐに求めないようにする

オウンドメディアの成長は、ユーザーの満足度が高いコンテンツを増やすことで次第に検索エンジンでの順位が上がり、さらに訪問するユーザーが増えていくというプロセスをたどります。

事前に入念な準備をし、満足がいく出来栄えのオウンドメディアを立ち上げたとしても、すぐに効果が出るわけではありません。

オウンドメディアが効果を発揮するまでに、最低100コンテンツは必要とされます。オウンドメディアが成長するプロセスを進めるために、一定の時間がかかることは覚えておきましょう。

また、訪問者数の増加ではなく、商品・サービスの購入促進を目的に設定している場合、ユーザーの再訪頻度を上げ、理解を促進し、最終的に購入につなげるといった関係性を構築する期間も要します。

オウンドメディアの運営を外部委託する場合も、短期的に成果を上げることを目指すのではなく、長期的な戦略を持って運営を行うことが重要です。

実績や得意分野を見極めて委託先を選択する

オウンドメディアの運営委託先を選ぶ際に注目すべきポイントは、運営委託会社の実績です。

オウンドメディアの運営を受託している企業は多数ありますが、それぞれ得意とする業界やサービス・商品のジャンルはさまざまです。事前の情報収集で、自社が属する業界で豊富な実績を持つ運営委託会社を選ぶようにしましょう。

豊富な実績を持つ運営委託会社を選ぼう

オウンドメディアの運営を外部委託することで、戦略の設計・コンテンツの制作・そして効果の検証など、社内メンバーだけでは対応することが難しいさまざまな課題を解決することができます。

オウンドメディア 委託

その反面、外部委託をする際は、オウンドメディアを運営する目的やターゲットを明確にしなければ、委託にかかる費用などコストに見合う成果が上がらない可能性もあります。

オウンドメディアが成果を上げるために必要な期間について理解するとともに、自社が属する業界での豊富な実績を持つ運営委託会社を選び、効果的なオウンドメディアの運営を実現しましょう。

なお、ナイルでは豊富な実績を持つコンサルタントが、オウンドメディア全体の戦略設計から、コンテンツ制作、効果検証などさまざまなシーンを総括的に、または個別に対応することも可能です。

ほとんどのオウンドメディア運営者の悩みの種となっている記事制作など、課題解決のためのさまざまなプランがあります。記事制作は以下より、

オウンドメディアについてのご質問は、以下よりお気軽にご連絡ください。

\オウンドメディアについての無料相談はこちらから/

関連記事

オウンドメディアの成功事例

【成功事例】企業オウンドメディア12選!プロの視点で解説

SEO HACKSブログのマインド

SEO HACKSブログで大事にしている7つのマインド

【寄稿】セグメントなきユーザビリティはない「マーケティングの常識と通じるユーザビリティの考え方」

新着記事

リード文 書き方

効果的なリード文の書き方とは?その方法を一から解説

オウンドメディア 事例記事 書き方

オウンドメディアにおける事例記事の書き方とは?

オウンドメディア 意味ない

オウンドメディアは本当に意味がないのか?成果が上がらない原因と成功へのポイントを探る