プロダクトレビューアップデートとは?注目のGoogleアップデートを解説

更新日:
プロダクトレビューアップデートとは?注目のGoogleアップデートを解説

プロダクトレビューアップデートは、Googleが2021年4月から3回にわたり実施した検索アルゴリズムの更新です。

現時点では英語サイトのみに適用されているアップデートですが、今後、日本語サイトにも適用される可能性があります。

この記事では、プロダクトアップデートの内容と影響が及ぶサイトの種類、そして対策方法などを紹介します。

\オウンドメディアを成功に導く!資料ダウンロードはこちらから/

プロダクトレビューアップデートとは?

プロダクトレビューアップデートとは、Googleの検索アルゴリズムアップデートのひとつです。

主に商品の紹介記事を配信しているアフィリエイトブログ・Webサイトに影響を及ぼす可能性があります。

プロダクトレビューアップデート

2022年6月時点での対象範囲は英語圏のみですが、今後Googleはこのプロダクトレビューアップデートを、日本語を含むさまざまな言語へ展開することが予測されています。

アップデートの概要

プロダクトレビューアップデートが対象とする範囲は、商品の内容を具体的に紹介し購入を促すことを目的とする「商品レビューサイト」です。

Googleは、検索エンジンを利用するユーザーにとって、できる限り便利で役立つ情報を表示するために、これまでさまざまなアップデートを実施してきました。

今回実施されたプロダクトレビューアップデートでは、商品レビューの内容を検索アルゴリズムが評価します。そして、品質が高いと判断したサイトの検索順位を上げるといった、ランキングシステムの改善が目的です。

例えば、商品の取扱説明書や利用マニュアルに掲載されている情報をコピー&ペーストしただけのコラムページや、商品を利用しないで事実とは異なる感想を記載している商品レビューサイトなどは問題です。ユーザーにとって役に立たない、つまり品質が低いサイトとしてGoogleに評価されます。

Googleに高評価のサイトは、独自の調査や他の類似商品との比較データを掲載するなどして、ユーザーが商品を購入する際の検討材料に役立つ情報を発信している商品レビューサイトなどです。こういった品質の高いサイトが、検索結果の上位に反映されるようになります。

2022年6月現在までに3回実施されており、以下の日程で実施されました。

【プロダクトレビューアップデートの変遷】

2021年4月8日に1回目

参考:Googleの商品レビューに関するアップデートについてクリエイターが知っておくべきこと(Google検索セントラルブログ)

2021年12月1日に2回目

参考:商品レビューに関するアップデートとサイト(Google検索セントラルブログ)

2022年3月23日に3回目

参考:この1年間における商品レビューのランキングの改善(Google検索セントラルブログ)

2022年7月27日に4回目

参考:Google 検索ランキングの更新(Google検索セントラルブログ)

アップデートの対象

プロダクトレビューアップデートの対象サイトは、商品レビューを掲載するサイトになります。

いくつかの商品を比較しておすすめするアフィリエイトサイトなどを想像してもらえるとよいでしょう。

商品の種類は、モノだけでなくサービスも対象になります。ただし、商品購入者が商品を使用した感想などを投稿する「ECサイト」は、プロダクトレビューアップデートの対象外です。

Googleがこれまでも厳しい品質評価を行ってきた金融や仮想通貨に関する情報を扱っているサイトも、プロダクトレビューアップデートの対象となります。今後もさらに厳しい品質のチェックが行われることが想定されます。

Google Discover(グーグルディスカバー)にも影響する

プロダクトレビューアップデートは、Googleが提供するサービス「Google Discover」にも影響します。

Google Discoverとは、スマートフォンのGoogleアプリのトップページに、ユーザーのさまざまな情報(訪問場所、閲覧・検索履歴)に基づいて、ユーザーが興味関心を持ちそうな情報を検索前に自動表示するサービスのことです。2018年9月にGoogle FeedからGoogle Discoverに名称変更されました。

Google Discoverは、ユーザーが検索を行う前に適切なタイミングで的確な情報を届けてくれるサービスです。しかしプロダクトレビューアップデートにより、Googleが「品質が低い」と判断した商品レビューサイトは、アップデートの影響を受ける可能性があります。

\サイトリニューアルで気をつけるべきポイントはこちらから/

質の高い商品レビューを書くコツ

プロダクトレビューアップデートの評価基準に適合した商品レビューサイトで品質の高い商品レビューを公開すれば、ユーザーの満足度を高めるとともにGoogleの評価を上げることができます。

ここでは、ユーザーの満足度を高めるための商品レビューの書き方を紹介します。

プロダクトレビューアップデート

専門知識を打ち出す

レビューで紹介する商品が、どのような性能を持つかを説明するだけでなく、レビューの内容を筆者の経験や知識に基づいたものにすることが重要です。

そのためには、まずレビューする商品に関する知識が豊富であることや、商品が属するカテゴリ、分野に関する専門家であることを具体的に示し、専門家ならではの視点からレビューを行いましょう。

例えば、スマートフォンのレビュー記事を掲載する場合は、家電アドバイザー、量販店店員などの肩書をアピールすることで、筆者の体験に基づいたレビュー内容として評価されるはずです。

比較して評価する

ユーザーが商品を購入するとき、商品のスペックだけなく機能性や価格などを他商品と比較して決めます。

ユーザーにとって役立つ記事となるように、特定の商品についてのみ詳細にレビューするのではなく、他の商品との比較を交えてレビュー記事を作るといいでしょう。用途や条件を設定して比較できれば、ユーザーは商品の購入を検討しやすくなります。

例えば、キャンプ用のテントを紹介する場合は、一般的な評価基準となる耐久性・価格のみを比較するのではなく、利用するシーン(夏・冬など)や目的(本格的な登山か行楽キャンプか)に応じたレビューを掲載するのが親切です。

独自の調査を行う

商品のカタログや他の商品レビューからの引用を主な内容にするのではなく、独自の調査に基づいた商品レビューを作ることも重要です。

例えば、以前の商品のモデルからどのように機能が向上したのか、または課題が改善されたのかなど、複数の資料とデータを比較することで、筆者独自の視点からのレビューとなります。

また、商品メーカーが公表している情報以外にも、自らが商品を使用した感想をレビューしてもいいでしょう。会社員、主婦など、筆者自身の職業やライフスタイルを自己開示し、丁寧に説明することも大切です。

リソースへのリンクを張る

商品レビューサイトで紹介した商品の機能、効能などの具体的な根拠となる情報をリンクなどで記載します。

例えば、詳細なスペックが記載してある商品メーカーのサイトへのリンクを記載したり、公的機関が効能に関する研究結果を表示しているサイトへのリンクを掲載したりすることは、根拠として有効です。

また、商品を気に入ったユーザーが最終的に商品をどこから購入するのか選択できると、利便性は高くなります。ECサイトやメーカーの直販サイトなど複数の購入導線に、リンクを設置することも重要な施策といえます。

Google公式のアドバイスを参考にする

Googleはプロダクトレビューアップデートの公開に合わせて、以下のポイントを紹介しました。

これは、プロダクトレビューアップデートが展開されていないとしても、参考になる指摘で、ぜひとも運営するサイトで見直して欲しいポイントです。

【自社サイトの見直しポイント1】

  • 必要に応じて、商品に関する専門知識を伝えているか。
  • メーカーが提供する情報以外の独自のコンテンツで、商品の見た目や使い方を紹介しているか。
  • 商品に求められる各種の性能がどの程度達成されているかについて、定量的測定を提供しているか。
  • 競合商品との差別化要因について説明しているか。
  • 比較対象となる商品を示しているか。または、特定の用途や状況にどの商品が最適か説明しているか。
  • 調査に基づいて、特定の商品のメリットやデメリットについて述べているか。
  • 以前のモデルやリリースから商品がどのように改善され、問題点が解消されたかなど、ユーザーの購入決定に役立つ情報を提供しているか。
  • 商品が属するカテゴリの主な意思決定要因と、その分野での当該商品の性能を明らかにしているか。たとえば、自動車のレビューでは、燃費、安全性、運転のしやすさが主な意思決定要因であると判断し、そうした分野での性能を評価します。
  • メーカーからの情報以外に、商品の設計と、それがユーザーに与える影響に基づいて、重要な選択肢を示しているか。

引用:Googleの商品レビューに関するアップデートについてクリエイターが知っておくべきこと(Google検索セントラルブログ)

【自社サイトの見直しポイント2】

  • 画像、音声、または商品に関する自分自身の体験に基づく説明へのリンクなど、専門知識を示し、レビューの信頼性を裏付ける証拠を提供します。
  • 複数の販売者へのリンクを記載し、読者が任意の販売者から購入できるようにします。

引用:商品レビューに関するアップデートとサイト(Google検索セントラルブログ)

アップデートに備えて対策を

プロダクトレビューアップデートは、今後商品レビューサイトの検索順位に大きな影響を与えると予測されるアップデートです。

現時点では英語圏のみに対応していますが、今後は日本語を含むさまざまな言語に対応する可能性が高いでしょう。

プロダクトアップデートが日本語のサイトに対応したときに大きな影響を受けないよう、今から情報を収集しアップデートに備えることをおすすめします。今のうちに、自らが運営する商品レビューサイトの価値を高めておくことが大切です。

なお、ナイルでは、サイトリニューアルでSEO上、気をつけるべきポイントをまとめた資料をご用意しております。

  • なにか重大なことを見落としていないか...
  • リニューアル後、サイトのパフォーマンスが落ちたらどうしよう...

とサイトリニューアルでは、ハラハラすることも多いかと思います。だからこそ正確な情報を把握することが必要です。資料の具体的な内容については、ダウンロードの上、ご確認ください。無料でご提供しています。

関連記事

SEOを知らないディレクターがビジネスをダメにする/Webディレクターズマニュアル中村健太氏インタビュー

Google-サーチコンソールとは?使い方や見るべきポイントを徹底解説!

Google サーチコンソールとは?使い方や見るべきポイントを徹底解説!

手動による対策(ペナルティ)とは

手動による対策(ペナルティ)とは

新着記事

リード文 書き方

効果的なリード文の書き方とは?その方法を一から解説

オウンドメディア 事例記事 書き方

オウンドメディアにおける事例記事の書き方とは?

オウンドメディア 意味ない

オウンドメディアは本当に意味がないのか?成果が上がらない原因と成功へのポイントを探る