Webサイトの集客でマーケティング手法を活用するには?

Webサイトの集客でマーケティング手法を活用するには?

企業が行う消費者へのアプローチはWebサイトは活用したいところです。ここでは、Webサイトの集客でマーケティングを活用する方法について解説します。

\SEOで成果につなげる!資料ダウンロードはこちらから/

Webマーケティングとは?

まずは、Webマーケティングという言葉の意味から見ていきましょう。Webマーケティングとは、名前のとおりWebを中心に行うマーケティング活動のことです。Webサイトにユーザーを呼び込み、さまざまなコンテンツを体験してもらって、自社商品・サービスの販売や成約、企業のブランディングにつなげていきます。

マーケティングでは、まず「こんな商品・サービスがある」といったことを顧客に知ってもらう必要があります。その後、ユーザーの好みやライフスタイルに合った商品・サービスを提案し、興味を持ってもらい、購入や成約へとつなげる流れです。これらの活動をWeb上で行うのがWebマーケティングであり、Webサイトによる集客は「自社を知ってもらう」最も初期段階になります。

よく似た言葉にデジタルマーケティングというものがあります。デジタルマーケティングはWebマーケティングを含む、より広義の概念です。

webサイト 集客 マーケティング

Webマーケティングは、あくまでWebサイトを中心とし、主軸に据えた施策を行います。それに対しデジタルマーケティングは、Webサイトの世界にとどまらずデジタルの世界で得られるあらゆるデータや顧客接点を活用します。

例えば、リアル世界に設置するデジタルサイネージの場合はWebマーケティングに含まれません。しかしデジタル技術を使っていることから、デジタルマーケティングに含まれる情報・広告媒体です。

Webマーケティングでは、企業が運営する自社Webサイトのコンテンツを充実させます。SEOやリスティング広告などを使ってユーザーを集め、購買や成約などのアクション(コンバージョン)につなげていくことが重要です。さらに、アクセス解析とその後のWebサイト改善などを通してPDCAサイクルを回すことも求められます。

Webマーケティングによる集客のメリット

では、Webマーケティングにおける集客にはどんなメリットがあるのでしょうか。ここでは、主なメリットを4つ紹介します。

1. 24時間いつでも集客ができる

Webマーケティングでは自社のWebサイトやオンラインショップ、Web広告などを利用して集客を行います。これらのサイトや広告は24時間365日ずっと表示し続けられるので、曜日や時間を問わずユーザーと接触することが可能です。時間に捉われない営業活動が行えるのは、Webマーケティングの大きなメリットといえるでしょう。

2. 狙ったターゲット層にピンポイントで宣伝できる

Webマーケティングでは、ユーザーが以前に入力した情報や、過去に閲覧していたWebサイトなどの情報を取得します。それにより、商品やサービスがマッチしそうなターゲットに絞ってピンポイントなアプローチが可能です。つまり、広告費を抑えながらも、自社の顧客になってくれそうなターゲットにだけ広告を打つことができます。

3. コンテンツを資産にできる

SEOをしっかり行なって制作したWebサイトは、検索結果の上位に長く表示されやすくなります。更新作業は必要なものの、24時間365日いつでもWebサイトの集客に役立つツール、資産として宣伝に使い続けられるのです。最初にコンテンツを作る手間や時間は必要ですが、長期的に見れば有料広告を設定し続けるよりもお得といえるでしょう。

4. 改善がしやすい

Webマーケティングは効果測定がしやすく、計測した数値を元に分析や改善も行いやすくなります。特に、Webサイトとアクセス解析ツールを使えば、売上やクリック数などの数値をリアルタイムで確認することが可能です。Webサイトの集客効果がすぐにわかり、検証と改善を短いスパンで繰り返すことができます。

Webマーケティングを使った集客の方法

Webマーケティングの考え方を使った集客施策はさまざまですが、ここでは主に使用される方法を7つ紹介します。

1. SEO

SEOとは、「Search Engine Optimization」の略で、日本語に訳すと「検索エンジン最適化」となります。Webサイトを検索エンジンに合わせて最適化するという考え方で、ユーザーがあるキーワードで検索したときに検索結果に自社が上位表示されるWebサイトにするということです。

SEOは内部施策・外部施策のほか、コンテンツSEOと呼ばれるものがあります。現在はコンテンツを充実させてユーザーに有益な情報をもたらし、価値のあるサイトを作ろうとするコンテンツSEOが主流です。

これらのSEOは、検索エンジンで上位表示されるよう、しっかりしたコンテンツや構成にしなければなりません。手間や時間はかかるものの、検索結果で上位表示されるようになれば無料で集客ができる有効なWebマーケティングの手法といえます。コストも低く抑えられるのが利点でしょう。

2. リスティング広告

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンにキーワードを入力して検索をしたとき、検索結果の上部に表示される広告のことです。掲載は有料ですが、検索キーワードに関連した自社広告が表示されます。さらに広告の表示場所が、検索結果の上段であるため最初にユーザーの目に留まるのが特徴です。必然的に、SEOと同等もしくはそれ以上の効果をスピーディーに発揮できるでしょう。

リスティング広告とは、キーワードはもちろん、ターゲットの年齢・性別・居住地域などを絞り込んで表示できるのが大きなメリットです。特に、病院や花屋など、地域密着型の経営を行う業種にマッチする集客方法でしょう。

3. アフィリエイト広告

アフィリエイトとは、直訳すると「提携する」という意味を持っています。つまり、個人ブログやメールマガジンなどと「提携して」広告を掲載してもらうことで、自社のWebサイトにユーザーの流入を狙うWebマーケティングの考え方です。

ブログなどに貼られたリンクを通じてWebサイトを訪ねたり、訪ねたユーザーがさまざまなアクションを起こしたりすることで広告費用が発生します。問い合わせ・資料請求・商品購入などのコンバージョンに至った場合に料金が発生する「成果報酬型」の仕組みを採用している広告が多いです。ブロガーやアフィリエイターといった職業にしている人たちもいます。

4. MEO

MEOとは「Map Engine Optimization」の頭文字をとったもので、Googleマップエンジンの最適化をはかるWebマーケティング手法です。ユーザーがGoogleマップ上で検索を行なったときに表示される店舗情報を充実することで、検索の上位表示を狙います。

MEOがSEOよりも手軽に行えるのは、「Googleマイビジネス」というGoogleの無料独自サービス内で対策ができるためです。基本的には実店舗を持つ企業向けのサービスですが、ユーザーが来店する店舗を持たなくてもマイビジネス登録はできます。そのため、ネット上だけでサービスが完結するECサイトの集客に使用することも可能です。

5. SNS広告

SNS広告とは、TwitterやFacebookなどのSNSに広告を掲載する方法です。リスティング広告などのように有料サービスになりますが、年齢・地域・興味関心などのユーザー属性を絞り込んだ広告配信ができます。そのため、よりピンポイントなターゲティングが可能です。各SNSを利用する層へ、確実にリーチできるので費用対効果を上げやすく、特に若年層へのリーチやブランディングに効果的なWebマーケティング手法といえるでしょう。

SNS内の「インフィード広告」は、タイムラインの投稿に馴染ませるよう自然に配置されるので、ユーザーが広告の違和感を感じにくいシステムです。自然に読んでもらいやすいことと、ユーザーが広告をシェアすればリーチが広がる可能性もあります。

6. リターゲティング広告

リターゲティング広告とは、ユーザーが過去に閲覧したWebページのデータに基づき、後を追いかけるように関連した広告を何度も表示するWebマーケティング手法です。「追跡型広告」とも呼ばれます。ほかの広告に比べてクリック単価が低い反面、コンバージョン率は高いため、費用対効果が高いでしょう。

一度Webサイトを訪問したユーザーは、そこに掲載された商品やサービスに関心を持っている可能性が高いという考え方のもと、繰り返しアプローチを行います。興味・関心を持っているユーザーにフォーカスできる確率が高いため、コンバージョン率も高い結果が得られるのです。

7. メールマーケティング

メールマーケティングとは、単にメールマガジンを配信するだけでなく、ユーザーの行動履歴に応じて内容や配信のタイミングを変えるWebマーケティング手法です。例えば、ユーザーが商品を買い物かごに入れたままECサイトを離脱した場合、かごに入ったままの商品情報をもう一度メールでアピールするといった誘導アクションをします。

ステップメールやシナリオメールなどの手法があり、ユーザーの行動に応じて、日時や配信内容を変えるといったパーソナライズが重要です。ユーザーの状況をよく想像し、適したフォローを行うのがメールマーケティングの特徴でしょう。

Webマーケティングの手法を使い、効率的なWebサイトの集客を

Webマーケティングはデジタルマーケティングに包括される概念で、Webサイトを中心として行われるマーケティング手法です。したがってWebサイトの集客にも、Webマーケティングの考え方が流用できますので、まずは効率的なWebサイト集客を計画することが目的達成への基盤作りとなるでしょう。

また、SEO成功事例・法則資料をまとめた資料もご用意しております。

  • SEOの基礎知識
  • 効果的なSEO戦略の立て方
  • キーワード戦略の考え方
  • ナイルのコンサルティングサービスのご紹介

具体的な内容については、ダウンロードの上、ご確認ください。

編集者情報

大澤 心咲
大澤 心咲
新卒でアクセンチュア株式会社を経て、2018年ナイル入社。
コンサルタントとして大手企業SEO戦略策定・コンテンツマーケティング支援を担当。
現在はナイルのマーケティングとセールスの統括マネージャーとして従事。
著書:「ひとりマーケター成果を出す仕事術

監修者情報

ナイル編集部
ナイル編集部

2007年に創業し、約15年間で累計2,000社以上の会社にマーケティング支援を行う。また、会社としても様々な本を出版しており、業界へのノウハウ浸透に貢献している。(実績・事例はこちら

PIVOTにもスポンサード出演しました!

PIVOTにもスポンサード出演しました!
チャンネル登録者数が100万人を超えるYoutubeチャンネルPIVOTにスポンサード出演しました!
動画内では、マーケティング組織立ち上げのための新しい手段についてお話しています。
マーケティング組織に課題がある方はぜひご覧下さい。
動画を見る

関連記事

ホワイトペーパーの サンプル&事例多数紹介!

ホワイトペーパーのサンプルや事例多数!効果を高めるポイントも紹介

【初心者向け】BtoBマーケティングとは?戦略の立て方や事例を解説

【初心者向け】BtoBマーケティングとは?戦略の立て方や事例を解説

メールマーケティングとは?効果を上げる方法を解説

メールマーケティングとは?導入の流れや効果がアップする方法を解説

新着記事

下層ページはSEO対策が必要 メリット、対策方法を詳しく解説

下層ページはSEO対策が必要!メリット、対策方法を詳しく解説

【初心者向け】オンページSEOとは?SEO対策との違いや対策方法を詳しく解説

【初心者向け】オンページSEOとは?SEO対策との違いや対策方法を詳しく解説!

SEO対策における検索ボリュームの目安は?対策方法や調べ方を解説

SEO対策における検索ボリュームの目安は?対策方法や調べ方を解説

サイト内検索

目次に戻る

もっと効果的な集客施策
してみませんか?

Web戦略の情報を
定期的に受け取りたい方

取材・メディア掲載に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。