リード獲得をするツール10選!それぞれの特徴を紹介

リード獲得をするツール10選!それぞれの特徴を紹介

リード獲得をするには、専用のツールを用いると効率がよく効果的です。

リード獲得ツールにはどのようなものがあるの?
リード獲得ツールの導入を検討している

この記事ではこのような悩みを持つ方に向けて、ジャンル別にリード獲得ツールを紹介します。これから導入を検討する方だけではなく、導入済みの方にも有益な内容をまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

\SEOで成果につなげる!資料ダウンロードはこちらから/

リード獲得のために必要なツールとは?

リードを獲得するための主なツールは、「営業リスト作成ツール」、「MA(Marketing Automation)ツール」、「セミナー・ウェビナー運営ツール」の3種類があります。

下記一覧をご覧いただいたうえで、詳しく解説していきます。

種類
概要
ツール例
営業リスト作成ツール
顧客になりうる企業の情報を自動的に収集して、営業リストを作成できるツール
  • FORCAS
  • Musubu
  • Urizo
MAツール
マーケティング活動として行う顧客情報の収集や顧客へのアプローチを自動化できるツール
  • APOLLO SALES
  • GeAIne
  • SATORI
  • HubSpot
ウェビナー運営ツール
セミナーやウェビナーの運営をサポートするツール(参加時に企業情報を入力してもらうことで、リードを獲得する)。
  • Seminar One
  • ネクプロ
  • Cisco Webex Events

「営業リスト作成ツール」は、企業の情報をデータベースやウェブ上から自動収集してリストを作成できます。人力で作業するよりも網羅的なリストを短時間で作成することが可能です。

「MAツール」は、マーケティングに関する業務を自動化するツールです。顧客情報の獲得・管理、顧客へのアプローチ、マーケティング活動の結果分析などを効率的に行うことができます。

「セミナー・ウェビナー運営ツール」は、その名の通りセミナー・ウェビナーの運営をサポートするツールです。オフラインとオンラインの両方に対応したツールと、ウェビナーに特化したツールがあります。

営業リスト作成ツール3選

リードを獲得する「営業リスト作成ツール」の代表的なものには、以下の3つが挙げられます。順番に解説していきます。

  • FORCAS
  • Musubu
  • Urizo

ツール1 FORCAS

リード獲得 ツール

概要
150万社以上の企業情報を持つデータベースから、自由に営業リストを作成できるツール
料金
固定月額制(詳細は問い合わせ)
公式サイト

「FORCAS」は、企業情報のデータベースから自由に営業リストが作成できるツールです。150万社以上の企業情報を保有しており、現在の企業の状況や課題などの情報入力なども充実しています。

リストを作成する上では、業界や売上高、従業員数などから絞り込みが可能です。また、キーワードから企業を検索して、独自にリストアップする機能もあります。さらに、他のMAツールと自動連携できるため、複数のツールを活用する場合にも使いやすいでしょう。

ツール2 Musubu

リード獲得 ツール

概要
140万社以上の企業情報データベースから、たった30秒で営業リストを作成できるツール
料金
有料プラン月額30,000円〜(フリープラン有)
公式サイト

「Musubu」は、140万社以上の企業情報データベースから、たった30秒で営業リストを作成できるツールです。リストを作成する際は、売上や業界から絞り込みができます。キーワードや商品名を指定してリストアップすることも可能です。

さらに、リストアップした企業に対してDMを送信する機能も付いています。送信したメールの開封率やクリック率の分析機能もあるため、営業リストの作成からリードへのアプローチ、結果の分析まで全て1つのツールで完結が可能です。

ツール3 Urizo

リード獲得 ツール

概要
iタウンページやハローワークなどから企業情報を集めて、営業リストを作成できるツール
料金
初期費用5,500円+月額6,578円〜
公式サイト

「Urizo」は、 iタウンページやハローワークなどから企業情報を集めて、企業リストを作成するツールです。ウェブ上から網羅的に情報収集をするため、対象範囲は560万社以上にもおよびます。

コストパフォーマンスの高さも大きな特徴。料金プランによっては、1件あたり1円以下で企業情報を取得することが可能です。また、UrizoではFAXを使ったDM代行サービスも行っています。

MAツール4選

リードを獲得する「MAツール」の代表的なものには、以下の4つが挙げられます。

  • APOLLO SALES
  • GeAIne
  • SATORI
  • HubSpot

順番に解説していきます。

ツール1 APOLLO SALES

リード獲得 ツール

概要
ウェブ上の企業情報から自動的に見込み顧客のリストを作成して、アプローチできるツール
料金
月額数万円〜(詳細は問い合わせ)
公式サイト

「APOLLO SALES」は、営業リストの作成とリストアップした企業への自動アプローチができるツールです。営業リストを作成する際は、条件を指定するとウェブ上の企業情報から自動的に見込み顧客がリストアップされます。また、すでに自社が営業リストを持っている場合には、APOLLO SALESへインポートすることも可能です。

APOLLO SALESには、営業リストが完成した後に、リスト内の企業へDMを送信したり、問い合わせフォームに投稿したりする機能も付いています。単純にアプローチするだけでなく、結果の分析もできるため、商談化の精度を高めることができるでしょう。さらに、APOLLO SALESはサポート体制も万全です。導入時から専任の担当者が付き、操作方法はもちろん、効果的なDMの文面の提案までしてもらえます。

ツール2 GeAIne

リード獲得 ツール

概要
自動で問い合わせフォームや企業メールにアプローチできるツール
料金
月額40,000円〜(基本プラン)
公式サイト

「GeAIne」は、問い合わせフォームや企業メールに自動でアプローチができるツールです。単純に文章を送る機能だけでなく、文章のA/Bテストも実施できます。そのため、より効果的な営業活動を展開することが可能です。

また、GeAIneには営業リストを作成する機能もあります。約45万社の企業データベースからリストを作成して、アポが取れた企業と営業がNGだった企業の管理も可能です。さらに作成した営業リストを分析する機能まで付いており、リストをアップロードすると、AIを駆使して商談の可能性が高い企業を抽出することができます。

ツール3 SATORI

リード獲得 ツール

概要
リードの獲得から管理、アプローチまで可能なオールインワンツール
料金
初期費用300,000円+月額148,000円〜
公式サイト

「SATORI」は、リード獲得と獲得後のナーチャリングの両方ができるツールです。リード獲得では、ランディングページの作成や問い合わせフォームの最適化、ポップアップ表示などの機能があります。収集した企業情報は、タグをつけたりグルーピングしたりして管理することが可能です。また、セミナーを開催するための機能もあり、参加受付フォームの作成や、セミナー開催前後のメール配信までできます。

リード獲得後のリードナーチャリング(見込み客から顧客への引き上げ)に便利なのが、メルマガ配信の機能です。条件を満たしたリードに対してステップメール(設定したスケジュールにしたがって自動で配信されるメール)を送ることもできます。

ツール4 HubSpot

リード獲得 ツール

概要
マーケティング、営業、カスタマーサービスと幅広い業務に活用できるツール
料金
月額5,400円〜
公式サイト

「HubSpot」は、マーケティングから営業、カスタマーサービスまで幅広い業務で活躍するツールです。「入力フォームの作成」、「リード管理」、「マーケティング活動の分析」などの機能があります。中でも便利なのは、入力フォームに登録された情報から、リードの役職やSNSのプロフィールを自動的に収集する機能です。リードの詳細な情報を集めることで、各人の特徴を把握したうえでの適切なアプローチが可能となります。

セミナー・ウェビナー運営ツール3選

リードを獲得する「セミナー・ウェビナー運営ツール」の代表的なものには、以下の3つが挙げられます。

  • Seminar One
  • ネクプロ
  • Cisco Webex Events

順番に解説していきます。

ツール1 Seminar One

リード獲得 ツール

概要
オフラインセミナーとウェビナーの両方に対応した、セミナー運営ツール
料金
月額50,000円〜(無料Webセミナー有)
公式サイト

「Seminar One」は、名刺管理で有名なSansanが展開する、セミナー運営ツールです。オフラインセミナーとウェビナーの両方に対応しています。Seminar Oneを使えば、「募集ページ作成」、「申し込み受付」、「参加者管理」、「アンケート回収」など、セミナー・ウェビナーに必要な工程を1つのツールで管理することが可能です。

メール送信機能もあるため、参加者に対して受付完了メールやサンクスメールを一斉送信することができます。さらに、Sansanのオンライン名刺の技術により、開催前に参加者の名刺を受け取ることができる機能も魅力です。

ツール2 ネクプロ

リード獲得 ツール

概要
オフラインのセミナー・イベントをウェブで同時中継できるツール
料金
月額5,000円〜
公式サイト

「ネクプロ」は、オフラインで開催するセミナーやイベントをウェブで同時中継できるツールです。参加申し込みや当日の受付の管理ができることはもちろん、ウェブ中継のための機材の手配や配信のサポートもしてもらえます。セミナー・イベントの様子はアーカイブにして配信する機能があるため、より多くの方へ向けて情報発信することも可能です。

また、配信したコンテンツの視聴履歴やアンケート結果の分析もできるため、その後のセミナー・イベントのクオリティ向上に役立てられるでしょう。

ツール3 Cisco Webex Events

リード獲得 ツール

概要
オンラインイベントやウェビナーを開催するためのツール
料金
月額1,490円〜(無料プラン有)
公式サイト

「Cisco Webex Events」は、質の高いオンラインイベントやウェビナーを開催できるツールです。単にスライドを表示させるだけではなく、Q&Aや投票機能、チャットなどプレゼンを手助けする機能が多数あります。

参加した企業の情報を分析する機能もあり、リードのスコアリングや、フォローアップも可能です。録画機能もあるため、イベントを見逃した人も後から視聴することができます。

ツールを活用して効率的にリードを獲得しよう

ツールを活用することで、効率的かつ効果的にリードを獲得することができます。工数削減・成果アップを目的として、ツールの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

CM制作会社の選定ポイントとは

CMの制作会社の選定ポイントは?おすすめの制作会社6選【2021年版】

リードナーチャリング kpi

リードナーチャリングのKPIはどう設定すべき?設計手順や具体例を紹介

家具と車とインターネット(後編)株式会社クラス/バチェラー・久保裕丈×ナイル株式会社・高橋飛翔

新着記事

パラメータとは?のイメージ

パラメータとは?アクティブとパッシブの違いについて

ディレクトリとは?のイメージ

ディレクトリとは?データ管理の理想的な構造でウェブサイトを最適化しよう

サブドメインとは?のイメージ

サブドメインを活用しよう!意味やメリット、サブディレクトリとの使い分けを解説