Googleウェブ検索における画像コンテンツの扱いに関して

更新日:
SEO
Googleウェブ検索における画像コンテンツの扱いに関して

こんにちは!ナイル株式会社の青木です。

本日は「ウェブ検索における画像コンテンツの扱い」に関する考え方などの3つをお届けします!

※トピックは初級者~中級者くらいの方向けを想定して紹介します。

なお、本企画は取り上げるページを実際に読んでいただくことを想定しております。簡単なひとことコメントとお役立ち度(収集部隊の主観です)を参考に、該当ページを読んでみてください。

最新のSEOについて知りたい方はこちら

前回のニュース(2021年10月20日収集分)はこちらから

次回のニュース(2021年10月28日収集分)はこちらから

本日のSEOニュース

①Google「”ウェブ検索においては”画像の内容を気にしません」

記事紹介:Google Doesn't Care What's In An Image
(Search Engine Journal)

お役立ち度:★★★☆☆

ナイルのひとこと
誤解を招かないように先んじて記載しておくと、「画像が重要ではない」という話ではありません。ユーザーにとってわかりやすいコンテンツを目指す上で、一定の画像コンテンツは必須だと思います。

その上で今回の話は、ウェブ検索のアルゴリズムにおいては「素晴らしい画像や退屈な画像である」などの判断を加えないという話です
ページ上に有名な写真家の写真があっても、ストック画像があってもそこには差異を見いださないというニュアンスです。

また、遅延読み込みなどで画像が認識されない可能性があると思われる場合は、構造化データを付与しておくと、画像を検索エンジンは認識できるとのことです。

画像は検索エンジンだけではなく、むしろユーザーのために設置するものです。 今後も、ユーザーが必要とするか?ユーザーがその画像を読むことで理解が進むか?などの観点で作ればいいと私は思います。

②質の高いコンテンツとは?

記事紹介:Google Offers a Definition of Quality Content
(Search Engine Journal)

お役立ち度:★★★★☆

ナイルのひとこと
先にGoogleのジョン・ミューラー氏の説明を見てみましょう。

質の高いコンテンツは単なるテキスト以上のものを意味します。
これには画像、レイアウト、すべての表示方法、ページ速度、その他の要素が含まれます。ユーザーエクスペリエンスや、サイト訪問者への情報の配信方法にも関連しています。
https://www.searchenginejournal.com/google-offers-a-definition-of-quality-content/424644/ より引用の上翻訳

一般的に考えられている質の高いコンテンツよりも、その道は険しいようです。
単純にテキストコンテンツを追加したり、リライトしたりするだけでなく、そもそもの読みやすさや表示速度、理解を促進させる画像や動画など、目的に合わせて様々な手段を用いないと、質の高いコンテンツには至らないのかもしれません。

レイアウトや表示速度などは多くのサイトで改善の余地があるかと思います。テキスト周りはそれなりにやりきったと考えている方は、そうした全体的な質の高さを目指してみて下さい。

③2021年は昨年よりも順位変動が激しい

記事紹介:Google search results are more volatile this year than last year, says data provider
(Search Engine Land)

お役立ち度:★★☆☆☆

ナイルのひとこと
SEOを始めとしたツール「SEMRUSH」が出したデータによると、昨年に比べ2021年は順位変動の割合が大きいとのことです

あくまで、これは検索結果全体におけるデータであり、全体の順位変動が大きくても、自社サイトはほとんど変動がないということはよくあります
SEMRUSHMOZCAST のような順位の傾向を測定できるツールを参考にしつつ、自分のサイトはどうか?というポイントを忘れないようにしましょう。

最後に

みなさまのSEO施策にお役に立てるように、今後もSEOニュースまとめを平日数回更新する予定です。

また、SEO情報やセミナー情報などを配信しているメールマガジンもご用意しておりますので、よろしければご登録ください。

※もしSEOでお困りであれば、こちらのお問い合わせからお気軽にご相談ください!

前回のニュース(2021年10月20日収集分)はこちらから

次回のニュース(2021年10月28日収集分)はこちらから

また、ナイルではSEO内製化にも役立つ、「お役立ち資料」を公開しております。

今後も種類を増やしていきますので、よろしければご覧になって下さい。

集客・コンバージョン数を増やしたい方へ

ナイルのSEOコンサルティングは流入数の改善はもちろん、売上に貢献するコンバージョンも増やします。予算未定でも構いません。ぜひお気軽にご相談下さい!

サービス紹介をダウンロードする

ナイルに無料相談する

ナイルのSEOコンサルティングサービスの詳細と実績はこちらから

編集者情報

金子 光
金子 光(かねこ ひかる)
新卒で楽天グループ株式会社に入社。
営業管理として40人規模のチームをマネジメント。その後社員3人のベンチャー企業に入社し新規事業立ち上げを経験。
現在はナイルのマーケティング相談室編集長として、Webマーケティングに従事している。
無料相談はこちらから

監修者情報

ナイル編集部
ナイル編集部

2007年に創業し、約15年間で累計2,000社以上の会社にマーケティング支援を行う。また、会社としても様々な本を出版しており、業界へのノウハウ浸透に貢献している。(実績・事例はこちら

PIVOTにもスポンサード出演しました!

PIVOTにもスポンサード出演しました!
チャンネル登録者数が100万人を超えるYoutubeチャンネルPIVOTにスポンサード出演しました!
動画内では、マーケティング組織立ち上げのための新しい手段についてお話しています。
マーケティング組織に課題がある方はぜひご覧下さい。
動画を見る

関連記事

【告知】初心者向けSEO入門書として「10年つかえるSEOの基本」という本を書きました

内部リンクとは?SEO効果を得るための内部リンク最適化について

岸 穂太佳が執筆した『現場のプロが教える! BtoBマーケティングの基礎知識』発売中!

新着記事

動画で学ぶWebマーケティング【生成AI/ChatGPT編】

動画で学ぶWebマーケティング【生成AI/ChatGPT編】

サードパーティCookie廃止に伴う広告予算動向

【サードパーティCookie廃止に伴う広告予算の動向調査】

動画で学ぶGA4

動画で学ぶWebマーケティング【Googleアナリティクス4/サイト分析編】

もっと効果的な集客施策
してみませんか?

Web戦略の情報を
定期的に受け取りたい方

取材・メディア掲載に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。