2022年2月からページエクスペリエンスアップデートがPCにも適用

更新日: 公開日:
SEO
2022年2月からページエクスペリエンスアップデートがPCにも適用
こんにちは!ナイル株式会社の青木です。

1週おやすみをいただきましたが、本日は「ページエクスペリエンスアップデート」に関する考え方などの3つをお届けします!

※トピックは初級者~中級者くらいの方向けを想定して紹介します。

なお、本企画は取り上げるページを実際に読んでいただくことを想定しております。簡単なひとことコメントとお役立ち度(収集部隊の主観です)を参考に、該当ページを読んでみてください。

前回のニュース(2021年10月28日収集分)はこちらから

次回のニュース(2021年11月18日収集分)はこちらから

本日のSEOニュース

①2022年2月からページエクスペリエンスアップデートがPCにも適用

記事紹介:Timeline for bringing page experience ranking to desktop
(Google Search Central Blog)

お役立ち度:★★★★★

ナイルのひとこと
2022年2月からページエクスペリエンスアップデートがPCにも適用されるというニュースです。
「モバイルフレンドリーかどうか?」のように、PCへ適用できないものを除き、全て適用され、またしきい値(LCPであれば2.5秒以内)に関してもモバイルと同じものが適用されるとのことです。

先んじてモバイル版だけ対応を進めた!という方も多いと思いますので、これを機にPC版での対策も検討を推奨します。

②「Googleマイビジネス」→「Googleビジネスプロフィール」に名称変更

記事紹介:Introducing new updates to Business Profile
(Google ビジネス プロフィール ヘルプ )

お役立ち度:★★★★☆

ナイルのひとこと
Googleマイビジネスが名称変更を行い、Googleビジネスプロフィールに変わりました。

また、ビジネスプロフィールを申請して、承認されたユーザーであれば、検索結果やGoogleマップ上から、情報を編集できるようになるなど、より情報更新がしやすくなるなどの変更も併せて紹介されています。

緊急事態宣言や各都道府県の発令などで、営業時間が大きく変わることが多く、Googleビジネスプロフィールなどを、最新の情報に保つのはとても重要です。商品情報の公開などの告知機能などもうまく使っていき、ユーザーが来店しようと思った際にためらわないようにしたいものです。

また、来店がそこまで重要ではないという場合でも、取引先や採用の面から検索されることもあると思いますので、最低限の更新は行いましょう。

③リンク否認ツールの使い所と効果が出るまで

記事紹介:Google: How Long it Takes for Disavow File to Affect Rankings
(Search Engine Journal)

お役立ち度:★★★☆☆

ナイルのひとこと
まとめると以下のような話です。

リンク否認ツールを使うことで、ペナルティにつながるようなことはない。
└過去にリンクスパムしてました!という自首のようなものではない。

勝手に張られたランダムなリンクには、否認ツールを使う必要はない。

サイト運営者がそのリンクに対し、責任を追っているようなリンクに関して使うべき。
└自分で張った場合や関係会社サイトからのリンクなど。

リンク否認ツールの効果は即日~1週間くらいで効果がでるようなものではなく、数ヶ月に渡って段階的にプロセスが進んでいくようなもの。

ということで、そもそも頻繁に使うようなツールではないですが、知識としてぜひ覚えておいてください。

④【寄稿】クリック数増に貢献!知っておきたい「構造化データ」の基礎知識

記事紹介:クリック数増に貢献!知っておきたい「構造化データ」の基礎知識
(MarkeZine(マーケジン))

お役立ち度:★★★★☆

ナイルのひとこと
MarkeZineさんに寄稿致しました。今回は「構造化データ」に関してです。
今回記事内で紹介した例のように、サイトによって構造化データは大きくプラスに働きます。特にレシピ系の検索結果などは、構造化データありきと言っても過言ではないかも知れません。

予算検討中の方は、ぜひ構造化データを来期の施策に入れてみてはいかがでしょうか?
参考:構造化データとは?非エンジニアでもよく分かる!初心者向け徹底解説!

最後に

みなさまのSEO施策にお役に立てるように、今後もSEOニュースまとめを平日数回更新する予定です。

また、SEO情報やセミナー情報などを配信しているメールマガジンもご用意しておりますので、よろしければご登録ください。

※もしSEOでお困りであれば、こちらのお問い合わせからお気軽にご相談ください!

前回のニュース(2021年10月28日収集分)はこちらから

次回のニュース(2021年11月18日収集分)はこちらから

また、ナイルではSEO内製化にも役立つ、「お役立ち資料」を公開しております。

今後も種類を増やしていきますので、よろしければご覧になって下さい。

著者紹介

青木 創平(あおき そうへい)
青木 創平(あおき そうへい) ナイルSEO研究所(所長)

大規模データベース型サイトなどの技術的に複雑なSEOのプロジェクトに携わることが多いです。その他ではECサイトや、BtoBのサービスサイトなどのプロジェクトを担当しております。
他にはABテストのサポートなども携わっております。

関連記事

Googleがアルゴリズムを変更する目的とSEOの役割

検索キーワードの表記揺れの対応方法について

検索キーワードの表記揺れの対応方法について

本日のSEOニュース(2021年6月23日収集分)

スマホとパソコンで順位が異なる理由

新着記事

自動車 SEO

自動車販売・整備工場サイトでSEOを効果的に実施するためのポイント

印刷 SEO

印刷業界のサイトでSEOを効果的に実施するポイント

マンション SEO

マンション業界のサイトでSEOを効果的に実施するためのポイント

サイト内検索