SEOライティングを本で極める!おすすめ書籍7冊

更新日:
SEOライティングを本で極める!おすすめ書籍7冊

SEOライティングについて体系的に学ぶには、書籍を手に取ることがおすすめです。ここでは、SEOライティングを習得するためのおすすめ本をご紹介します。

\成果につながる記事を作る!資料ダウンロードはこちらから/

SEOライティングとは?

SEOライティングとは、SEOの仕組みを理解した上で、記事を書くことを意味します。SEOとは検索エンジン最適化のこと

SEOライティングの流れとしては、まずは検索ニーズがあるキーワードを選びます。そして、キーワードをもとにして、ユーザーの検索意図を考えながら記事を書いていきます。

SEO ライティング

キーワードを選ぶにあたって、最低限行うべきことは「どれくらい検索されているのか」という検索ボリュームの調査と、「そのキーワードを使って書かれているほかの記事は、どれくらいアクセスがあるのか」という競合記事の確認です。そうして選定したキーワードから、ユーザーがどんなことに関心を持ち、どんな情報を求めているのかを考えて、記事に反映させていくことになります。

SEOライティングで成果を出すためのコツ

SEOライティングで成果を出すためのコツを確認しておきましょう。

ユーザーが知りたい情報は結論ファースト

疑問を持ってネットで検索し、ユーザーが記事にたどり着いたとしましょう。ユーザーがまず着目するのが「この記事に自分の知りたいことが書いてあるかどうか」ということです。そのため、結論はなるべく記事の前半部分で示してあげることが大切です。

魅力的なタイトルをつける

タイトルは、短い文字数の中で適切に内容を表現しながらも、思わず読みたくなるようなものにする必要があります。テクニックとしては、キーワードはタイトルのなるべく左側に持ってくること。タイトルタグも指定すべきです。タイトルタグとは、コンテンツのタイトルを指定するためのHTMLタグのこと。タイトルタグの指定は、検索エンジンに記事の内容を伝えることであり、検索結果画面にも表示されます。

ディスクリプションで要点をまとめる

ディスクリプションとは、記事の要約部分です。SEOには直接的な効果はありませんが、検索結果に表示されるので、タイトルと同様に、ユーザーがそのページをクリックするかを判断する材料となります。

気をつけたいのが、スマートフォンだと、表示されるディスクリプションの文字数がパソコンより少なくなるということ。モバイルのユーザーを重視するのであれば、ディスクリプションの前半で要点を入れるようにしましょう。

見出しの階層構造を明確にする

記事の見出しが的確であれば、ユーザーは全文を読まなくても、記事のどこにどんなことが書いてあるのかを把握できます。また、見出しをつけることは、検索エンジンに記事の構造を伝えることでもあります。hタグを活用して、検索エンジンに記事の階層構造を認識してもらうようにしましょう。

箇条書きで要点を整理する

ウェブで記事を読むユーザーは「簡潔に書いてある内容を知りたい」という欲求があります。そのため、記事の内容を文章で長々と説明するよりも、ポイント別に整理してあげたほうが、ユーザーには喜ばれます。内容を整理する「箇条書き」は、SEOライティングにおいて活用したいテクニックのひとつといえるでしょう。

ビジュアル要素を入れる

テキストばかりだと、ユーザーは読むのに疲れてしまいますので、写真やイラスト、図版などビジュアル要素を記事の随所に入れるようにしましょう。表を入れたり、要点を太字にしたりすることも、記事にメリハリを与えるため、ユーザーがより記事を理解しやすくなります。

代名詞はできるだけ使わない

ウェブ記事は「最初から最後まで読んでくれる」という前提で書くと、ユーザーにそっぽを向かれてしまいます。ユーザーは早く結論を知りたいので、記事の中でも、関心のある該当箇所のみを読むことがあります。 そのため、「あれ」「これ」「それ」「あの」「その」「この」といった代名詞は、なるべく使わないほうがいいでしょう。代名詞は、前後の文脈を踏まえなければ、意味を理解しづらいからです。

もちろん、代名詞を使ってはいけないわけではありませんが、「本当に代名詞でなければいけないか」という視点で文章をチェックしてみると、具体的な言葉に置き換えたほうが理解しやすいケースが多々あります。

SEOライティングを学べるおすすめ本

ここからは、SEOライティングを習得するためのおすすめ本を紹介します。それぞれ特徴があるので、自分に合いそうなものから読んでみてください。

『最新のGoogle対策! これからのSEO Webライティング本格講座』

SEO ライティング

SEOライティングでは「ユーザーの検索意図を読んで、検索欲求を満たす記事を書く」ことが大切です。しかし、検索エンジンへの対策も同様に重視しなければなりません。検索エンジンのアルゴリズムは、日々進化し続けていますが、それでも「良いコンテンツであるかどうかを明確に判断する」のは、まだ難しいからです。

本書では「ユーザーを強く意識しすぎるあまり、ロボット対策を怠ると致命的なほど成果が上がらなくなる」と警告。ユーザーと検索ロボットの両方に寄り添うライティング手法をわかりやすく解説してくれています。

『最新のGoogle対策! これからのSEO Webライティング本格講座』
著者:瀧内賢
出版社:秀和システム
定価:1,980円(税込)

『SEO対策のための Webライティング実践講座』

SEO ライティング

SEOの基本的な概念を踏まえた上で、ウェブライティングの技術をとことん実践的に教えてくれるのが、本書です。76ものSEOライティングのテクニックが紹介されているので、すでにSEOライターとして活躍している人がステップアップするのにもおすすめの一冊。

目的別でウェブサイト制作のポイントが解説されているほか、ウェブだからできる情報収集やさまざまな無料ツールの利用方法までを網羅。ウェブライティングについて、幅広く学ぶことができます。

『SEO対策のための Webライティング実践講座』
著者:鈴木良治
出版社:技術評論社
定価:2,178円(税込)

『沈黙のWebライティング』

SEO ライティング

もし、温泉旅館のオウンドメディアで記事制作するなら…。そんな具体的な状況設定のもと、本書は「SEOライティングでなにをすればいいのか」を解説してくれます。謎のウェブマーケッター「ボーン・片桐」のハードボイルド物語で、SEOライティングのノウハウを無理なく自然に身につけることができます。

資料やウェブをもとにしたSEOライティングだけではなく、取材記事やバズ記事についても網羅。誰にどう届ければ、心をつかむことができるのか、その疑問に答えるヒントになる一冊です。

『沈黙のWebライティング』
著者:松尾茂起
出版社:エムディエヌコーポレーション
定価:2,200円(税込)

『SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64』

SEO ライティング

SEOライティングの中でも「買わせる」ための文章に特化したのが、本書です。全日本SEO協会認定SEOコンサルタントが導き出した、SEOライティングの法則を解説しています。集客や販売アップといった成果を重視するサイト運営者には、特に参考になる本です。

『SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64』
著者:ふくだたみこ
出版社:ソーテック社
定価:2,178円(税込)

『世界一やさしい Webライティングの教科書 1年生』

SEO ライティング

これからウェブライターとして一歩踏み出したい人のための入門書。「ターゲットを明確にする」「主語と述語のねじれをなくす」「数字を入れて具体的に書く」といったライティングの基本となるノウハウがわかりやすく解説されています。何気なく目にしている「ストレスなく読める文章」はいかにして生み出されているのか、その秘密がわかります。

『世界一やさしい Webライティングの教科書 1年生』
著者:グリーゼ(福田多美子、坂田美知子、加藤由起子)
出版社:ソーテック社
定価:1,848円(税込)

『10年つかえるSEOの基本』

SEO ライティング

SEOって、何のためのもの?SEOライティングのテクニックを身につける前に、そもそもSEOの基本についてきちんと学びたい。そんな人にぴったりなのが、ナイル取締役が執筆した本書です。

会話形式で、SEOについて楽しみながら理解できますので、SEO初心者に最適な内容になっています。SEO上級者であっても、ふと立ち止まって、SEOに関する思考を整理したいときに最適です。

『10年つかえるSEOの基本』
著者:土居健太郎
出版社:技術評論社
定価:1,628円(税込)

『インハウスSEO 成功のための実践テクニック』

SEO ライティング

インハウスSEO とは、SEOの作業を内製化することをいいます。本書は、インハウスSEOを行うための、実践的な手法を詳しく解説。内部対策、外部対策、コンテンツ対策など、分野ごとのノウハウが詰まっています。

SEOライティングは、このうちの「コンテンツ対策」に関わってきます。SEOを内製化するためには、どんな点に気をつけるべきなのかを踏まえることで、SEOライティングを行う意義もより明確になることでしょう。

『インハウスSEO 成功のための実践テクニック』
著者:土井まなぶ
出版社:ソシム
定価:1,760円(税込)

SEOライティングでは多角的な視点が求められる

SEOライティングでは、検索エンジンの特性を知って、さらにユーザーを満足させるように、記事を書いていく必要があります。多角的な視点が求められるため、今回ご紹介した書籍を参考にしながら、SEOライティングを身につけていきましょう。

\SEOで成果につなげる!資料ダウンロードはこちらから/

ナイル編集部
監修:ナイル編集部
この記事は、ナイル株式会社のマーケティング相談室編集部が監修しており、わかりやすく役に立つ記事を目指しています。編集長青木がライティング、編集、入稿の全工程をチェックしています。記事内に気になる点がございましたら、こちらよりご連絡くださいませ。

関連記事

アイキャッチ

ワークマンファンのコンサルタントがワークマンのWebマーケティングの魅力を語る

「SEOで月間1000万PVのサイトを作る方法」のSEOセミナーがDVD化されました

人材 SEO

人材業界の求人サイトでSEOを効果的に実施するための対策方針

新着記事

有効な予算消化の方法とは

【効果的に使おう】予算消化はいつ何をすればよい?基礎知識から施策まで徹底解説

サービスサイト必須の11コンテンツとは?

サービスサイトとは?構成に必須な10のコンテンツと制作手順を公開

SEOを独学で身につける! 4ステップ法

【実践あるのみ】SEOを独学で身につける4ステップ!おすすめの本やメディアも紹介