保険業界のサイトでSEOを効果的に実施するためのポイント

更新日: 公開日:
保険業界のサイトでSEOを効果的に実施するためのポイント

保険業界では、対面販売の営業だけではなく、自社サイトを通じての集客施策が必要になってきます。一方で、保険についての情報発信は、人々の経済的安定に影響を与えかねないため、慎重に行う必要があります。

この記事では、保険業界のサイトのSEOについて効果的に実施するためのポイントや、注意すべき点を解説します。

\SEOで成果につなげる!資料ダウンロードはこちらから/

保険業界のサイトのSEO基本方針

保険業界のサイトのSEOでは、まずは契約を検討しているユーザーが、契約前にどのような行動を取るかをイメージしましょう。契約前のユーザー行動は大きく分けて2つあり、それぞれ違った考え方でSEOを行う必要があります。

  • しっかり検討したい保険:生命保険など
  • 手軽に申し込みたい保険:海外旅行保険など

一つが、申し込み前にきちんと吟味する「しっかり検討したい保険」です。その代表ともいえるのが、「生命保険」です。たいていのユーザーは、書籍やネット、周囲の評判などでリサーチしたうえで、契約にのぞみます。「しっかり検討したい保険」は、申し込みへのハードルが高い分、一度申し込めば、ずっとその保険と付き合ってくれることが多いです。契約期日が長い保険も「しっかり検討したい保険」に該当します。

もう一つが「手軽に申し込みたい保険」です。その最たる例が、旅行に行く前に空港で手短に申し込む「海外旅行保険」です。帰国したら契約は終わりなので、申し込むほうは、できるだけ手続きが簡便であることに重きを置きます。

そうは言っても、「しっかり検討したい保険」と「手軽に申し込みたい保険」の両者が、明確に分かれるわけではありません。例えば、自動車保険は、普段使いの車で加入する場合は、長く契約するので慎重になりますが、旅先のレンタカーの保険ならば、手続きの手軽さを重視する傾向があります。同じタイプの保険でも、ユーザーが申し込むときの状況により、どちらのタイプかに分かれます。ユーザーの心理をイメージするようにしましょう。

「しっかり検討したい保険」のSEO

「しっかり検討したい保険」の場合、ユーザーはさまざまな角度から、多岐にわたるキーワードで検索を行います。例えば、生命保険の場合には「生命保険 入院」「生命保険 遺産相続」「生命保険 糖尿病」「生命保険 いらない」など、ユーザーの悩みや心配事がキーワードとして現れます。

ところが、キーワード一つひとつに対して、正しい情報やユーザーが知りたい情報がそろっているページは意外と少ないのが実情です。大手サイトであっても、細かいニーズは拾い切れていないため、いかにユーザーが求める「これが知りたかった!」に応えるコンテンツを提供できるかが鍵となります。

イメージとしては「検索でいかに上位に表示させるか」よりも、「顧客の悩みに対して、いかに丁寧な接客ができるか」という観点でコンテンツ作りを行うと、自然と結果がついてくることでしょう。ユーザーは、求めている答えを見つけるためであれば、多少、検索順位が下にあったとしても、検索結果をクリックして情報を集めようとする傾向があるからです。

ユーザーの立場に立って、考えてみてください。生命保険や医療保険のようなサービスの場合には、検索結果1位のサイトの内容だけをみて、契約を決めるのは不安になるはずです。そのため、たとえ大手のドメインのサイトではなくても、自分の不安を取り除いてくれるサイトに、ユーザーは魅力を感じやすいのです。

「手軽に申し込みたい保険」のSEO

「手軽に申し込みたい保険」の場合は、わざわざ検索してまで調べようというユーザーは少ないのが実情です。海外旅行保険を考えても、旅行の行く前の空港で、すぐに申し込んでしまうことが多いです。

一方で「調べて選びたい」というユーザーも存在するので、そういったユーザーのために「手軽に申し込みたい保険」についてのコンテンツを作っておくのは、無駄ではありません。ただし、優先順位としては「しっかり検討したい保険」のSEOをきっちりと行ったほうが、費用対効果は高いといえそうです。

保険業界のサイトで注意すべきこと

保険業界のサイトでは、情報発信において注意すべき点がいくつかあります。それぞれ解説していきます。

保険業界 SEO

YMYLに含まれることを認識する

保険業界のサイトが発する情報は、ユーザーの生活に影響を与える可能性があるため、「YMYL」(Your Money or Your Life)に含まれます。Googleは「人々の幸福、健康、経済的安定、安全に影響を与える可能性のあるページ」のことを「YMYL」と位置づけて、検索の評価基準である「検索品質評価ガイドライン」の項目の一つに含めています。そのため、保険業界のサイトの場合、信頼性のあるコンテンツを発信することを意識してください。

\成果につながる記事を作る!資料ダウンロードはこちらから/

E-A-Tを重視する

保険に関わる情報発信では、E-A-Tを押さえておきましょう。E-A-Tとは「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼性)」のこと。E-A-Tを高めるには、以下のような方法があります。

専門家の監修をつける

記事をしかるべき専門家にチェックしてもらうのは、E-A-Tを高めることにつながります。できれば文章自体も専門知識のあるライターが執筆して、そのうえで権威のある専門家の監修をつけるのが、ベストです。

一次情報から引用する

コンテンツを制作するにあたって、信頼性の担保がない個人ブログや、書き手の顔が見えないウェブ記事から引用するのは避けること。引用するならば、厚生労働省や経済産業省などの調査や、研究機関が発表する論文、企業が実施しているアンケートなどを参考にしましょう。その際に、引用元を正確に明記することを忘れずに。

独自調査を実施する

E-A-Tを高めるためには、オリジナルの情報を盛り込むことも大切です。保険業界のサイトならば、現在、加入している保険について年代別に分析してもいいですし、将来どんなことを不安に感じているかアンケート調査を行ってもいいでしょう。

公開日と更新日を明記する

記事の公開日と更新日は、明示するようにしてください。更新頻度の低さを隠すために、日付を表示しないサイトを見かけることがありますが、E-A-Tを重視する方向から外れてしまっています。

正しい情報発信でユーザーに安心感を

保険業界のサイトでは、ユーザーの不安に寄り添うことが大切です。正しくて役に立つ、質の高い情報発信を心がけましょう。

なお、ナイルでは、集客だけではなく成果につなげるためのSEOコンサルティングが可能です。自社でSEOを実施するインハウスSEOに向かうためのサポートもできますので、ぜひ一度、ご相談ください。

\SEOの疑問がある場合は、ぜひご相談ください!/

また、SEO成功事例・法則資料をまとめた資料もご用意しております。

  • SEOの基礎知識
  • 効果的なSEO戦略の立て方
  • キーワード戦略の考え方
  • ナイルのコンサルティングサービスのご紹介

具体的な内容については、ダウンロードの上、ご確認ください。

関連記事

[寄稿]年間予算は1000万円未満?調査で明らかになったBtoB企業のWebマーケティングの実態

SEO会社って何を基準に比較・選定したら良いんですか?

URLパラメータとは?パラメータ使用URLでの注意点

URLパラメータとは?パラメータ使用URLでの注意点

新着記事

セッション

セッションとは?意外と知らない計測方法について解説

googleタグマネージャー 使い方

Googleタグマネージャーの使い方は?データ取得の方法を解説

データポータル 作成

Googleデータポータルのレポート作成方法をわかりやすく解説

サイト内検索