オウンドメディアを徹底改善!具体的な施策を解説

オウンドメディアを徹底改善!具体的な施策を解説

オウンドメディアを立ち上げたものの、思っていたように集客できずに成果につながらない…。そんな悩みを持つ方は多いのではないでしょうか。オウンドメディアは短期間では成果が見込めるものではなく、改善を重ねながら、中長期的に運営していく必要があります。そのためには、何が問題なのか、現状を把握することが大切です。

ここでは、オウンドメディアを改善するために、具体的な施策について解説していきます。

\オウンドメディアを成功に導く!資料ダウンロードはこちらから/

オウンドメディアをやる前に知っておきたいよくある課題と解決策の無料資料をダウンロードするにはここをクリック

オウンドメディアに多い悩みとは?

ある程度、オウンドメディアを運営していると、ほぼ例外なく壁にぶち当たります。

  • アクセスが少ない
  • 直帰率が高い
  • コンバージョン率が少ない

このような悩みを抱えていないでしょうか。せっかく記事を作り込んだのに、思った結果につながらないと、がっかりするかもしれません。しかし、大事なのは現状を把握しながら改善していくことです。正しい改善方法を実施していけば、オウンドメディアのアクセスを伸ばし、必ずや成果につなげることができるので、あきらめる必要はありません。

それぞれの悩みに対して、どのような改善方法があるのか、整理していきましょう。

オウンドメディア 改善

アクセスが少ないときの改善策

オウンドメディアの記事を公開したときに、気になるのが「アクセス」ではないでしょうか。どうすれば、記事をもっと多くの人に読んでもらえるのか、改善策をご紹介します。

オウンドメディア 改善

改善策1 検索からの流入を増やす

オウンドメディア運営で集客を考えるならば、SEOを意識した記事作りを考えておくべきです。SEOとは、検索エンジン最適化を意味します。作成した記事のキーワードは、ユーザーにとって「知りたい!」と強く思うものになっているでしょうか。ユーザーが検索して知りたいと思うキーワードを意識して、記事作りを行わなければ、どれだけ中身がよい記事でも、そもそもたどり着いてもらえません。ターゲット層にとって、関心の高いキーワードについて、洗い直してみましょう。

改善策2 ソーシャルメディアでの露出を増やす

記事は作って終わりではなく、ソーシャルメディアでの露出を増やしていくことを考えるべきです。Twitter、Facebook、InstagramなどSNSの種類によって、ユーザーの年齢層や特性が異なります。各SNSの特性に合わせた適切な情報の出し方をすることで、SNSを通じて記事への流入を増やすことができます。

ただし、片手間でソーシャルメディアを運用しても、アクセスにはつながりません。記事内容以外に投稿できるネタを用意して、ソーシャルメディアの運用を日頃から行うようにすることで、オウンドメディアのアクセスにも貢献することになります。

改善策3 メールマガジンからの流入を増やす

メールマガジンで記事内容を伝えることも、オウンドメディアの流入につながります。メールマガジンは、ダイレクトに相手と接点を持てるのが、何よりの強みです。オウンドメディアやサイトだけではなく、ウェビナーやイベントで接点を持った見込み顧客に、メルマガ登録を促していきましょう。有益な情報を定期的に配信して、記事更新があればお知らせしていくことで、メールマガジンの読者からの信頼を得ることできます。

直帰率が高いときの改善策

直帰率とは、サイトに流入したけれども、最初のページだけを見てサイトを離脱した割合のことです。せっかくアクセスしてくれたユーザーがすぐに離れてしまっては、意味がありません。直帰率を下げるにはどうすればいいのか、確認していきましょう。

オウンドメディア 改善

改善策1 導線を用意する

直帰率が高いのは、訪れたユーザーがサイト内を回遊していないということになります。記事を読んだあとに、ほかのページも読んでみたくなるような導線を用意しておきましょう。読んでいる記事と関連性が高い記事を、内部リンクで設置することはおすすめです。ほかにも、記事のランキングを設置するといったことで、回遊してもらうことにつなげていきましょう。

改善策2 ユーザーが読みやすいようにする

せっかく訪問してくれたユーザーがすぐに離れてしまうのは、記事の内容以前に、サイトの使い勝手が悪いからかもしれません。例えば、読み込みのスピードが遅かったり、文字が小さくて読めなかったりすれば、どれだけ記事の内容がよくても、読もうとは思わないでしょう。

サイトスピードやデザインを改善することで、ユーザーが読みやすいページにしていきましょう。また、スマートフォンなどのモバイル端末でも読みやすいかどうか、モバイルフレンドリーになっているかも確認してみてください。

コンバージョン率が低いときの改善策

アクセスも問題なく離脱率も低いけれど、コンバージョンにつながっていない…。そんな悩みについて改善策をまとめていきます。

オウンドメディア 改善

改善策1 コンバージョンにつながる導線を設置する

コンバージョンにつながらない理由の一つに、コンバージョンの場所がわかりにくいという原因が考えられます。例えば、コンバージョンが問い合わせにしているのにも関わらず、問い合わせフォームへの導線がなければ、コンバージョンにつながらないのは当たり前です。記事内に、バナーやリンクを設置して、コンバージョンにつながる導線を工夫していきましょう。

改善策2 バナーやリンクのデザインを改善する

コンバージョンにつながるバナーやリンクのデザインも、改善ポイントになります。目立つようなデザインになっているか、ユーザーに訴求しているかを見直してみましょう。

また、訴求につなげる文章についても精査してください。短くキャッチーな文章にすることで、自然な流れでコンバージョンにつなげることができるでしょう。

オウンドメディアの改善を繰り返して成果につなげよう

オウンドメディア運営においては、地道な改善の積み重ねが、大きな成果につながっていきます。

なおナイルでは、オウンドメディア全体の戦略設計から対応することができます。また、さまざまなコンテンツを作成して、情報発信していきたいけれど、記事を書くリソースがないお客様に、コンテンツ制作代行のプランをご用意しております。まずはお気軽にご相談ください。

また、オウンドメディアでよくある課題と解決策をまとめた資料もご用意しております。

  • 1.成果を評価できない
  • 2.質を担保できない
  • 3.ネタ切れしてしまう
  • 4.人手不足・スキル不足

具体的な内容については、ダウンロードの上、ご確認ください。

オウンドメディアをやる前に知っておきたいよくある課題と解決策の無料資料をダウンロードするにはここをクリック

関連記事

知ってる人は知っているGoogleアナリティクスの基本設定~アカウント構造編~

重複コンテンツチェックはなぜ重要?重複の基準とペナルティ対策

重複コンテンツチェックはなぜ重要?重複の基準とペナルティ対策

「コンピレーションメディア」「コトバDMP」など出版社発の取り組みが盛んに。6月のコンテンツマーケトピックス

新着記事

マーケティング 集客

集客はマーケティングの1つ!押さえておきたい4つのポイントを紹介

ウェブ集客

ゼロからわかる!ウェブ集客の方法やメリット・デメリットを解説

リスティング広告

リスティング広告の6つのメリット・5つのデメリットを解説

サイト内検索