Google検索結果の表示が変わった?タイトル表示変更の理由と予防策について

更新日: 公開日:
Google検索結果の表示が変わった?タイトル表示変更の理由と予防策について

Googleの検索結果に表示されるページタイトルが、設定しているtitleタグと別のものに書き換えられてしまった!という経験をしたことはありませんか?これはバグではなく検索エンジンの仕様の一種です。

ここでは、Google検索結果の表示が変わってしまう理由や、表示を変えさせないためにできうる対策など、詳しく解説していきます。

この記事のポイント

  • 検索ワードに対して、ページのtitleタグを表示するのが最適でないと判断された場合、検索結果に表示されるページタイトルが自動で変更されることがある
  • クリック数や流入数が減少してしまうなど、サイト管理者が望まない書き換えが行われてしまうこともある
  • 「全ページに固有のtitleタグを記載する」「【】や「」を多用しない」などの対策を講じることで、意図しない書き換えを防げる可能性があるが、完全にコントロールはできない

 

なぜタイトルは書き換えられるのか

通常検索結果に表示されるページのタイトルは、そのインデックスされたページのHTMLに設定されているtitleタグの記述が用いられます。Googleの発表によると、その割合は80%を超えているとのことで、多くの場合は、titleタグが参照されているようです。

しかし実際には、そのページのtitleタグを、そのまま検索結果に表示するのが最適ではないケースも多くあります。

そこで、ユーザーが検索結果のページのタイトルを見たときに、このサイトは自分の探している情報と関連のあるページだと認識しやすくするために、Googleが自動的に最適化して表示することがあるのです。

ユーザーのクエリを見てみると、指定されたタイトルよりもページ内の別のテキストを使った方が検索結果の関連性がわかりやすい場合がよくあります。この代替テキストをタイトルとして使用することによってユーザーの利便性を高め、ひいてはサイトにも効果をもたらします。ユーザーはクエリのキーワードや関連性を示す目印を探しながら検索結果を拾い読みしていきます。このとき、クエリに合ったタイトルが表示されると、ユーザーがサイトをクリックする確率が高まります。

検索結果に効果的に表示されるタイトルとスニペットを作成する - Search Console ヘルプ

Googleのテストでも、タイトルを修正した結果、検索キーワードに対して関連性が増し、検索結果のクリック率が向上し、ユーザーにとってもウェブマスターにとってもメリットがあることが証明されているそうです。

そういった理由からGoogleが最適化した方が良いと判断した場合には、そのページのmeta要素h要素などの情報から、代わりとなるページタイトルを自動で生成し書き換えるという現象が起きることがあるのです。

しかし、全ての場合において歓迎されるようなタイトル表記が出来るかと言えば、そうでないケースも多くあり、サイト管理者が望まない形に書き換えられてしまうケースも多く見受けられます。

\SEO内製化支援プランの資料ダウンロードはこちらから/

望まないタイトルに書き換えられるのを防ぐには

では、具体的にどういったtitleタグの記述をしているときに書き換えがされやすいのか、また自分の望まないタイトルに書き換えられるのを可能な限り防ぐにはどうすればいいのかを順に説明致します。

全ページにtitleタグを記述する

ページタイトルのもっとも重要な参照先は、当然ながらtitleタグです。仮にtitleタグを記述してないページが検索ページに表示されることがあった場合や、全ページとはいかないでもトップページや大きなカテゴリページにしかtitleタグを記述しておらず、他の下層ページには記述していない場合も、表示する情報がないのでGoogleが書き換えすることになります。

ですので、SEOでは基本中の基本とも言えますが、サイト内の全てのページに対し、きちんとtitleタグの内容が記述されていることはこういう意味でも必須と言えます。

オリジナルのtitleタグを適切な文字数で設定する

検索結果に表示されるページタイトルは、上限がおよそ全角30文字程度ですので、titleタグを長く記述している場合は、全てのテキストが検索結果に表示されません。多少タイトルが長い程度ではそれが原因でページの評価が下がるということはありませんが、キーワードを詰め込んでいるようなタイトル表記は書き換えられる可能性が高くなります。

従ってtitleタグはそのページやサイトの情報を端的に表し、ユーザーがクリックしたくなるようなオリジナルなテキストを記述することで、検索エンジンの書き換えの可能性を低くできるでしょう。

ページ毎に固有のtitleタグを記述する

全ページで同じtitleタグで記述している場合や、定型文を用い各ページほんの少しずつ変えただけのtitleタグを記述している場合も書き換えられる可能性があります。各ページ毎のテーマに合ったtitleタグを設定し、重複させないことで書き換えられる可能性は低くなるでしょう。

キーワードを詰め込みすぎない

キーワードを無理に詰め込まないようにしましょう。

「できれば、1ページで複数キーワード狙いたい」というのは非常にわかりますが、ページ内容にほとんど記載されていないキーワードを狙うことは難しいですし、何よりどういったページなのかわかりにくくなります。

また、同じキーワードを何回も使うのも避けた方がよいでしょう。何回も使っても順位に良い影響はありません。

(良い例)「ナイル軒 | 五反田の老舗ラーメン屋」
(悪い例:詰め込んでいる)「ナイル軒 | 五反田・大崎・品川のラーメン屋、中華屋、レストラン」
(悪い例:同じキーワード使いすぎ)「ナイル軒 | 五反田の醤油ラーメン塩ラーメン味噌ラーメン屋」
(悪い例:強調しすぎ)「【必見!激ウマ!!】ナイル軒 | 五反田最強No1のラーメン屋」

まとめ

  • 書き換えが起こるのは、ユーザーが関連のあるページだと認識しやすくするためである
  • 望まないタイトルに書き換えられるのを防ぐためには、titleタグの記述を最適化することが挙げられる
  • 対策したとしても、タイトルが変わってしまうことは一定ある

今回はtitleタグの望まない書き換えを防止するためのポイントについて説明してきましたが、実際には、内部リンクのアンカーテキストや外部リンクのアンカーテキストによっても影響が出ている、と思われるケースも多々見かけます。

現時点で完璧に書き換え対策を行うことが難しいですが、

  • キーワードを詰め込まない
  • 内容に即したtitleタグを、個別に設定する
  • 定期的にtitleを見直し、放置しない

以上のことを心がけることで、一定は対策することができるでしょう。

HTMLについて知りたい方はこちら

SEO対策の基本のHTMLであるタイトルタグの付け方を知りたい方はこちら

 


◎SEO戦略設計・運用コンサルティング
ナイルのSEOコンサルティングは戦略立案~運用改善~コンテンツ制作まで、コンサルタント・編集者がお客様に伴走し、全体を通して支援します。

SEOについて更に詳しく知りたい方はこちらも読んでみてください。

\SEOの疑問がある場合は、ぜひご相談ください!/

関連記事

Ahrefsの使い方 | ナイルSEOコンサルタントが実践する活用方法

SEOに有利?不利?エンジニアが見るHTML5とSEO

リンクビルディングとは?ペナルティを受けないための考え方

リンクビルディングとは?ペナルティを受けないための考え方

新着記事

SEO アウトソース

SEOをアウトソースするメリットと注意点とは?

リスティング広告 seo

リスティング広告とSEOはどっちが効果的?その違いを徹底比較

集客 導線

集客導線の考え方とは?入り口と出口に分けて8つの方法を解説!

サイト内検索