h要素とは

更新日: 公開日:

h要素は「heading(=見出し)」を表すHTMLの要素で、h1,h2,…と段階的にレベル分けされた見出しを表現することができます。

SEOの文脈では検索エンジンがページ理解する上で、引き続き重要な要素となります。

h要素の基本

h要素は「heading(=見出し)」を表すHTMLの要素で、h1,h2,…と段階的にレベル分けされた見出しを表現することができます。検索エンジンに対してはページの論理構造を伝える役割を持ちます。特にh1タグは「大見出し」として扱われ、ページの主なテーマを伝える役割を持ちます。

h要素最適化のコツ

h要素の文字数

h要素はページごとの見出しを示す要素であるため、適切な表現がなされていればとりわけ文字数自体の制限はありません。しかし、あくまで「見出し」ではありますので、基本的にはそこまで冗長な見出し文が入ることはないかと思います。またtitleタグやmeta descriptionのように検索結果での表記に関与することはあまりありませんので、各ページの見出しにサイト名を含める、などは不要です。

h要素の構造

h1要素を大見出し、h2を中見出し、h3を小見出しのようにh要素は段落構造を適切に配置していきます。例えば、h2要素の下にいきなりh4要素が存在したり、h2が再び出現したりするような入れ子構造は本来適切な記述ではありません。後述するように、多くのサイトではデザイン的にも読みにくいものになってしまいます。

h要素の構造

また、h1をページ内で複数回を使うことなど、それぞれの使用回数には制限がありません。必要に応じ適切に使用して下さい。

参考:h1とは?

ユーザーを一番に意識する

検索エンジンがついつい気になってしまいますが、ユーザーが読んで分かりやすい見出しを目指すことが一番です。

WordPressなどのCMSを使用していると、h要素と連動してページの表示方法が変わる場合があります。例えばこのページであれば、h2~h4が以下のように装飾が異なります。

ユーザーを一番に意識する

多くのサイトではこのようにh要素にデザインを指定していることが多く、雑に設定することは、論理構造が破綻するだけでなく、デザインとしても読みやすさを損ないます。

読んでも、見ても分かりやすいようにh要素は使用しましょう。

h要素とSEO効果

見出し内にキーワードが含まれていることで大きく検索順位が向上するといったことはありません。

h要素は、ページ毎、セクション毎にどのような情報がどのような構造で記載されているかを、検索エンジンが理解するために使用されます。

そのため、h要素に分かりやすく、ユーザーにとって一般的なキーワードを使用することはSEOを行なう上では必須とまではいかないまでも、意識的に行なうべきポイントといえます。

h要素最適化のまとめ

h要素は、基本に忠実に、大見出しにはターゲットキーワードを含め、レベル毎に段階的にセクション分けしてHTML文書を設計するのが一番です。

また、ページのデザインと連動していることが多いため、論理構造は一定意識してh要素を使用するようにしましょう。

こちらの記事も参考にご覧ください。

SEOについてさらに詳しく知りたい方はこちら

HTMLについて知りたい方はこちら

SEO対策の基本のHTMLであるタイトルタグの付け方を知りたい方はこちら

関連記事

ドメインとは

ドメインとは

被リンクはどう増やす?ものすごく具体的なリンク獲得方法

Googleインデックスを早く! ページのインデックス登録を短縮する方法

Googleインデックスを早く! ページのインデックス登録を短縮する方法

新着記事

CM 線引き

テレビCMの線引きとは?種類とチェックポイントを解説

スポットCM タイムCM

スポットCMとタイムCMとは?テレビCMの種類を解説

ウェブマーケティングとは?どのような手法があるのか解説

サイト内検索