Google サーチコンソールとは?使い方や見るべきポイントを徹底解説!

Google サーチコンソール(Search Console)とは、Googleが提供するサイトの管理者、SEO・マーケティングの担当者、ウェブ デベロッパーやアプリ デベロッパーなどに向けた無料ツールです。Googleが認識しているサイトの状態をいち早く把握できます。

Google サーチコンソールの概要

サーチコンソールのレポートは、流入を観察しているだけでは、Google botの「URLの発見」~「クロール」~「インデックス作成」のプロセスでGoogleがWEBサイトをどのように認識しているのかを把握することができます。そのため、サイトが正しくクロールされていない、一部のコンテンツで頻繁にエラーが発生している、などの気が付けない自社サイトで問題が生じた際に、すぐ対応することが出来ます。

Googleは、2015年5月20日に「ウェブマスターツール」の名称を「サーチコンソール」に変更されています。

関連:Googleサーチコンソールの登録・設定方法

サマリー

Googleサーチコンソールにログインすると各種数値の推移がまとめられているサマリーレポートです。

各種レポートは下記になります。

Googleサーチコンソール ダッシュボードサマリー

  • 検索パフォーマンス:検索結果とDiscoverでの合計のクリック数の推移
  • カバレッジ:有効なページとエラーがあるページの推移
  • 拡張:モバイルとPC別での速度(試験運用版)、構造化データ実装ページ、モバイル ユーザビリティページのステータスの推移

上記の直近3ヶ月の推移を確認することが出来ます。それぞれの項目からより細かなレポートを確認することが出来ます。

URL検査ツール

下記の検索窓にプロパティ範囲のURLを検索窓に打ち込むと、Googleのインデックスデータから、ページがインデックスされているか、クロールされた際のデータなどを確認することが出来ます。

Googleサーチコンソール 検索窓

あくまでも、前回にクロールされた際のデータになるため、最新の状態が変わっている場合差異があります。現状のページ状態を確認したい場合は「公開URLテスト」で確認することができます。

インデックスの登録確認

インデックスに登録されているか確認することが出来ます。インデックスに登録されていれば、下記のように「URL は Google に登録されています」と表示されます。

Googleサーチコンソール インデックス登録確認

また、「クロール済みのページを表示」でクロール済みの「HTML」のデータやHTTPレスポンスなどの「その他の情報」を確認することが出来ます。公開URLのテストではGoogle botのレンダリング情報であるスクリーンショットを確認することが出来ます。

インデックス登録がされていない場合

インデックス登録がされていない場合、下記のように「URL が Google に登録されていません」と表示されます。

Googleサーチコンソール インデックス登録されていない

もし、何かしらページに変更を行った場合は、URL の再クロールを Google にリクエストすることが可能で、対象のページがインデックス登録可能であれば、「インデックス登録をリクエスト」からサイト所有者からインデックスのリクエストも可能です。

カバレッジ

Googlebotが前回にクロールした際の詳細なデータを確認することが出来ます。クロールされていないページではデータは表示されません。

Googleカバレッジ

検出

  • サイトマップ:対象ページの検出元がXMLサイトマップであった場合、検出元のXMLサイトマップのURLが表示されます。
  • 参照元ページ:URLの検出元がサイト内や外部サイトのページであった場合、参照元のURLが表示されます。

クロール

  • 前回のクロール:前回のクロール日時が表示されます。
  • ユーザー エージェント:Google botの種類(パソコンかモバイル)
  • クロールを許可?:クロールが許可されているか
  • ページの取得:ページ内容を取得できたかどうか
  • インデックス登録を許可?:インデックスが許可されているか

インデックス作成

  • ユーザーが指定した正規 URL:Canonicalやリダイレクト正規先のURL
  • Google が選択した正規 URL:Googleが判断したURL

公開URLのテスト

上記の調査結果は、あくまでもGoogleのインデックスされているデータになります。今公開されているページの状態と前回クロールされたと時のページ状態が異なる場合は、右上にある「公開URLをテスト」というボタンで現時点で公開されているページのURL検査の結果を確認することが出来ます。

もし、前回のクロール時とページ状態が異なる場合は、公開URLテストの検査結果からインデックスのリクエストを行うことが可能です。

参考:URL 検査ツール – Search Console ヘルプ

検索パフォーマンス(レポート)

検索パフォーマンスでは検索結果でのクリック数やDiscoverでのクリック数などを確認することが出来ます。

検索結果

検索結果上のみの各種数値の推移を確認することが出来ます。Google Analyticsでキーワードの流入数が確認することが出来なくなったため、非常に重宝する機能です。最近ではウェブでの検索結果だけではなく、画像、動画の検索結果でのクリック数も増加しています。そういったGoogle Analyticsで確認できない数値も確認することができます。

Googleサーチコンソール 検索パフォーマンス

確認できる数値

  • 合計クリック数:ユーザーがクリックしてサイトにアクセスした合計の回数
  • 合計表示回数:ユーザーの検索結果にサイトへのリンクが表示された回数
  • 平均CTR:インプレッションのうち実際にクリックにつながった割合
  • 平均掲載順位:検索結果にサイトが表示された時に常にサイトの最上位を使って算出された、検索結果でのサイトの平均掲載順位

フィルター条件

上記の確認できる値で下記の項目で絞り込むことが出来ます。例えば、特定の「クエリ」の「合計クリック数」の値や、また、複数の項目でフィルターを掛けることができます。例えば、特定の「クエリ」の「モバイル端末」での「平均CTR」など。

  • 検索タイプ:ウェブ、画像、動画の3種類の検索結果でのパフォーマンス。デフォルトはウェブ。
  • 日付:任意の期間を設定することが出来ます。デフォルトでは直近3ヶ月で絞り込まれており、最大過去16カ月までさかのぼることが可能です。
  • 検索キーワード:任意の検索キーワードでの絞り込み。絞り込み条件は特定キーワードが含まれる、含まれない、完全一致があります。
  • ページ:任意のURLを設定することが出来ます。キーワード同様の絞り込み条件が利用可能です。ただし、Google Analyticsのように正規表現は利用できません。
  • 国:230の国、地域で絞り込み可能。
  • デバイス:PC、モバイル、タブレットのデバイス別。
  • 検索での見え方:リッチリザルト、AMP: 通常の検索結果、AMP 記事、Web Light、動画、イベント リスティングなど。

参考:検索パフォーマンス レポート – Search Console ヘルプ

Discover

Google Discover上のみの各種数値の推移を確認することが出来ます。

Googleサーチコンソール Disacoverの検索パフォーマンス

確認できる数値

  • 合計クリック数:ユーザーがクリックしてサイトにアクセスした合計の回数
  • 合計表示回数:ユーザーの検索結果にサイトへのリンクが表示された回数
  • 平均CTR:インプレッションのうち実際にクリックにつながった割合

フィルター条件・比較

  • ページ:任意のURLを設定することが出来ます。キーワード同様の絞り込み条件が利用可能です。ただし、Google Analyticsのように正規表現は利用できません。
  • 国:230の国、地域で絞り込み可能。
  • Discover での見え方:動画、スポーツの結果、エンターテイメントの最新情報、株価、イベントの情報など。コンテンツの種類で絞り込むことが出来ます。
  • 日付:任意の期間を設定することが出来ます。デフォルトでは直近3ヶ月で絞り込まれており、最大過去16カ月までさかのぼることが可能です。

参考:パフォーマンス レポート – Search Console ヘルプ

インデックス

「URLの発見」⇒「クロール」⇒「インデックスの作成」のプロセスの中で、サイト全体において問題発生箇所の把握から、状況の把握の全体感をつかむことが出来ます。特に大規模サイトでは、サイト全体の状態を目視でカバーすることができないため、非常に重宝できます。

カバレッジ(インデックスカバッレジレポート)

インデックスカバッレジレポートは、URL検査が個別のURLの詳細を確認するのに対して、サイト全体において問題が発生していないかの概況を確認できます。レポートは日時の推移なので、改修のタイミングで見落としの問題が発生していないかの確認に役立ちます。

カバッレジレポートは大きくは「エラー」「有効(警告あり)」「有効」「除外」の4段階のステータスに分かれています。

  • エラー:ページは何かしらの理由によりインデックスに登録されていません。
  • 有効(警告あり):ページはインデックスに登録されているが、注意すべき点がある。
  • 除外:ページはインデックスに登録されていないが、作成者の意図通りである。
  • 有効:インデックスに登録されています。

また、上記の分類にはより細かいステータス タイプがありますが、ここでは割愛します。詳細は下記のSearch Console ヘルプページをご参照下さい。

参考:インデックス カバレッジ レポート – Search Console ヘルプ

サイトマップ(サイトマップレポート)

XMLサイトマップは、Google botがクロールするためのURLを発見をする手がかりの一つになります。XMLサイトマップを正常にGoogleに認識させることは非常に重要です。

新しいサイトマップを送信する

サイトマップを設置しているURLを下記から送信することが可能です。Google サーチコンソールから送信しなくてもrobots.txtや他の方法でGoogleに伝えることも、Googleに認識させることは可能です。

サイトマップレポートの各項目

送信した各サイトマップが、正常に処理されているか、検出されたURL数、最終の読み込み日時などの各種ステータスを確認することが出来ます。

参考:サイトマップ レポート – Search Console ヘルプ

拡張

速度(レポート)[試験運用版]

2019年9月に実装された速度レポート。速度レポートは、実際のChromeユーザー測定に基づいています。「高速」「中速」「低速」の3段階の速度ステータスがページごとに付与されます。Googleは「低速」と判断されたURLは修正することをお奨めしています。

このURL速度のステータスは、「FCP」と「FID」の2つの項目で計測されています。

FCP(First Contentful Paint):ユーザーが URL をリクエストしてから、ブラウザが URL の最初の表示要素をレンダリングするまでの時間。

FID(First Input Delay):ユーザーが最初にページを操作したとき(リンクのクリックやボタンのタップなど)から、ブラウザがその操作に応答するまでの時間。

付与されているステータスは、ページ単位でどちらかの最低のステータスが適用されます。

参考:ユーザー中心のパフォーマンス指標 | Web Fundamentals | Google Developers

速度レポートでは、ページ内の表示スピードの問題特定までを行うことはできません。「低速」「中速」と判断されたページはPageSpeed Insightsを使用して改善箇所の特定を行いましょう。

参考:速度レポート – Search Console ヘルプ

モバイルユーザビリティ(レポート)

モバイル ユーザビリティ レポートでは、モバイルデバイスでページを表示した場合にユーザビリティの問題があるページを特定できます。

ステータスは 2 つあります。

  • エラー:モバイル対応に問題あり
  • 有効:モバイル対応に問題なし

エラーが出ているページでは問題の詳細を確認することができ、「テキストが小さすぎて読めない」「クリック可能な要素同士が近すぎる」「コンテンツの幅が画面の幅を超えている」「ビューポートが設定されていない」といった内容がエラーの対象となります。

参考:モバイル ユーザビリティ レポート – Search Console ヘルプ

AMP・構造化データ(レポート)

AMP・構造化データレポートでは、サイト全体のそれぞれの実装パフォーマンスをモニタリングすることが出来ます。

AMP、構造化データ(では種類)が認識されればサイドカラムの「拡張」のカテゴリに表示されます。構造化データは種類が識別できた種類がそれぞれ追加され、種類自体を識別できなかったものに関しては、「解析不能な構造化データ」としてカテゴライズされます。

ステータスは「エラー」「有効(警告あり)」「有効」の3種類です。

「エラー」「有効(警告)」ではそれぞれどのようなエラーなのかを確認することができます。

「URL検査」を行うことで、各ページのエラーや警告箇所を確認することが出来るので、改善に役立てましょう。

参考:リッチリザルトのステータス レポート – Search Console ヘルプ

参考:AMP ステータス レポート – Search Console ヘルプ

関連:構造化データとは?非エンジニアでもよく分かる!初心者向け徹底解説!

セキュリティと手動による対策

手動による対策

Googleが、ガイドライン違反したと思われるコンテンツに、アルゴリズムではなく、手動で対策を行ったペナルティの詳細が表示されます。順位が急に落ちて「ペナルティを受けたのか?」と思った際は、このページを確認しましょう。

参考:[手動による対策] レポート – Search Console ヘルプ

関連:手動対策(ペナルティ)とは

セキュリティの問題

サイトがハッキングされている、サイト上でマルウェアの動作が検出された場合に、Googleの調査結果が表示されます。

Googelはユーザーを保護する観点で、検索結果上で警告されたり、アクセスしようとするとブラウザでインタースティシャルな警告ページが表示されるようになるため、その状態が続けば流入は大幅に減少してしまします。

セキュリティの問題は主に次のカテゴリに分類されます。

  • ハッキングされたコンテンツ:サイトにセキュリティ上の脆弱性があり、サイト所有者の許可なくサイト上に置かれたコンテンツ
  • マルウェアや望ましくないソフトウェア:ユーザーに対して有害な影響を与えるためにパソコンやモバイル端末で実行されているソフトウェアやモバイルアプリ
  • ソーシャルエンジニアリング(フィッシングや偽のサイト):機密情報の公開やソフトウェアのダウンロードなど閲覧者をだまして危険な行為に誘導するコンテンツ

参考:[セキュリティの問題] レポート – Search Console ヘルプ

以前のツールとレポート

インターナショナルターゲティング

複数の国に向けたWebサイトを管理している場合、特定の言語に適切なバージョンのページを検索結果に表示することができます。

参考:多地域、多言語のサイトの管理 – Search Console ヘルプ

関連:【多言語・多地域サイトを初めて制作する方へ】サイトの国際展開で抑えておくべきSEO要件

削除

Googleの検索結果からURLを一時的に削除することができます。WebサイトやGoogleのインデックスからコンテンツが削除されるのではなく、あくまで一時的に検索結果からコンテンツをブロックします。

クロールの統計情報

クロールされたページ数やページのダウンロード時間等、過去90日間のサイトでのGogolebotのクロールに関するデータを確認できます。

サイトの改修のタイミングで見落としいてる問題が起きていないか、インデックスカバッレジと合わせて確認しても良いでしょう。

参考:クロールの統計情報レポート(ウェブサイト) – Search Console ヘルプ

メッセージ

Googleからのメッセージの閲覧・管理ができます。WEBサイトが手動ペナルティやMFIの対象となった場合や、サイトがハッキングされた可能性があるといった連絡をメッセージで受け取ります。

URLパラメータ(ツール)

特定のパラメータを含むページをクロールする際のGoogleの動作を指定することで、不要なクロールを削減できます。

サイト全体でファセット構造でパラメータを用いている場合、クロール不要なページまでGoogleのクロール対象となり、クロールのリソースを無駄に使ってしまうことがあります。ECサイトといったデータベース型の大規模サイトではURLパラメータで特定のパラメータを含むURLのクロールをブロックの設定を行うことをお奨めします。ただし、不適切に使用された場合、サイト上の重要なページを無視するような設定にしてしまう可能性があります。ある程度SEOの経験が豊富な場合のみ使用をおすすめします。

参考:パラメータ化された重複コンテンツのクロールをブロックする – Search Console ヘルプ

Webサイトの運用・集客でお困りではありませんか?

デジタルマーケティング全般についてのご相談はこちら

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

  • 資料ダウンロード

    会社紹介資料・事例集からSEOのお役立ち資料まで無料でダウンロードできます。

  • メルマガ登録

    SEO・コンテンツマーケティングを中心にWeb戦略に役立つ情報を週一でお届けします。