canonicalとは

SEOで使われる用語「canonical(カノニカル)」について解説しています。

rel=“canonical”とは

rel=“canonical”とは、ページ内容が類似もしくは重複しているURLが複数存在する場合に、検索エンジンからのページ評価が分散されないよう、正規のURLがどれなのかを検索エンジンに示すために用いる記述です。

「www」や「/(スラッシュ)」、「index.html」などの有り無しでコンテンツの重複が起こる場合には、多くの場合301リダイレクトを用いてURLを正規化しますが、301リダイレクトを使用出来ないサーバーを使用している場合どうしてもユーザーがアクセス可能な重複ページを作らざるを得ない状況があった場合には、rel=“canonical”を用いてURLの正規化をします。

rel=“canonical”は主要な検索エンジンでは、Google、Yahoo!、Bingなどに対応しています。

参考:URL正規化とは

なぜrel=“canonical”が必要なのか?

Googleなどの検索エンジンは、検索語からユーザーの意図を汲み取り、相応しいページを検索結果に表示しようとしていますが、仮に検索語に相応しいページに類似するページが複数存在していたり、重複ページが存在していた場合、どのページを検索結果に優先して表示するべきなのかがわからない場合があります。

重複コンテンツをそのままにしておくと、意図していないURLが検索結果に表示されてしまったり、ページ評価が分散されてしまい本来の評価を得られなかったり、パンダアップデートに引っかかってしまうなど、重複コンテンツが原因となるデメリットが生まれてしまう可能性があります。

そこで、これらを未然に防ぐためにrel=“canonical”を使用して、URLを正規化する事で重複コンテンツ問題を解消するのです。

参考:重複コンテンツによって生じる問題とその対策

rel=“canonical”の記述方法

正規ページAと重複ページBがあった場合、ページBの<head>タグ内に rel=”canonical”を記述します。

canonicalの記述方法の画像

rel=“canonical”の記述例

<head>

<link rel=”canonical” href=”http://www.example.com/hoge” />

</head>

※検索エンジンに出来るだけ早く読み込まれるように<head>タグ内の上部にrel=“canonical”を配置するのが望ましいです。

rel=“canonical”を使用するべきケース

以下のような状況だった場合には、rel=“canonical”を使用しURLを正規化するのが望ましいです。

  1. ユーザーにアクセスさせる必要のあるページが重複してしまっている場合
  2. サイズや色違いなどで異なるURLが存在し、サイズや色以外の内容が重複している場合
  3. 301リダイレクトの設定が出来ないサーバーを使用していて、URLの正規化を行いたい場合
  4. PCサイト、スマホサイト、モバイルサイトの関係性を検索エンジンに伝えたい場合

rel=“canonical”の間違った使用例

Googleウェブマスター向け公式ブログでは間違った使用例が紹介されています。

  • 間違い 1: 複数ページにまたがるコンテンツの 1 ページ目を rel=canonical のリンク先とする
  • 間違い 2: 絶対 URL のつもりで相対 URL を記述してしまう
  • 間違い 3: rel=canonical を意図しない形で指定している、または 2 つ以上指定する
  • 間違い 4: カテゴリ ページまたはランディング ページで特集記事への rel=canonical リンクを指定する
  • 間違い 5: <body>タグ内に rel=canonical を入れる

引用:http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2013/05/5-common-mistakes-with-relcanonical.html

補足:自己参照canonical

自己参照canonicalとは正規ページの<head>タグ内にrel=“canonical”で自分のURLを記述することを指します。Web上では追跡用パラメーターが意図せず振られるといったケースや、正規のURLではないURLに対してユーザーから外部リンクが設置される、ソーシャルで拡散されるといったケースが多く存在します。

例:http://www.example.com/hoge?utm_source=***

このようなURLでのリンクが発見された場合、何も対策を取っていなければ、正規URLを含めた複数の同一ページが検索エンジンの評価対象となってしまい、適切な評価を得られない可能性があります。

そこで、自己参照canonicalを用いてあらかじめページ内に自分のURL(上記例の場合、http://www.example.com/hoge のURL)をrel=“canonical”で記述しておきます。そうしておく事で上記のようなケースであっても、正規化したいURLに検索エンジンからのページ評価がまとめられることとなります。

参考:自己参照canonical設定時の注意事項:Googleに優先登録したいURLを記述すること(外部サイト)

SEO上の注意点

rel=“canonical”は重複ページが検索エンジンにインデックスされるのを防止し、評価対象ページを検索エンジンに示すことが出来る便利な設定ですが、間違った使用をしてしまうと正規のURLが検索にインデックスされなくなってしまう事にも繋がり兼ねません。

また、外部リンクによるページ評価も、rel=“canonical”で指定したURLに引き継いでいると考えられるため、使用する際は、間違った認識で使用する事は避け、正しい知識のもとで運用される事を推奨します。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

初級者から上級者まで幅広くコンテンツマーケティングの知識を学べるセミナーもございます

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×