ペナルティとは

SEOで使われる用語「ペナルティ」について解説しています。

ペナルティとは

SEOにおけるペナルティとは、検索エンジンから検索順位を下げられたり、インデックスの削除をされたりなど検索結果で上位に表示されなくなってしまうような処置を受けることです。

Googleの場合、「ペナルティ」は手動で行わる対処のことを指します。検索エンジンの定めるガイドラインに違反をしている箇所がWebページに存在しているということです。ウェブマスターツールを通じてガイドライン違反の通知が届くこともあるため、通知を見てペナルティを受けたことに気づく場合もあります。

ですが、通知が届かない場合、検索結果順位の下落がアルゴリズムの変更によるものなのか、それとも手動のペナルティによるものなのかを見極めるのは難しいとされています。その場合でも、自身のWebページがペナルティを受けてしまうような状態であるかを一度チェックする機会にしてみると良いでしょう。

検索エンジンからペナルティを受けてしまう原因

Googleでペナルティを受けてしまった場合、Googleのウェブマスター向けガイドラインの品質に関するガイドラインに、自社のWebページが違反している可能性が高いと言えます。

具体的なガイドライン違反の内容として

  • 背景色と同じ色の文字を用いたり、CSS画像置換を悪用したりした隠しリンク・隠しテキストの使用
  • 検索者とクローラーでは異なる内容のWebページを見せるクローキングの使用
  • コンテンツ内への過度のキーワード詰め込み
  • 自動的に作られた価値が低いページの使用
  • オリジナルなコンテンツに乏しい
  • SEO目的で、ページランクを操作するためのリンク購入・販売

などが挙げられます。

明確に検索エンジンを欺く意志がなくても、ペナルティを科されてしまっている可能性もあるので、ペナルティには注意を払う必要があると言えます。

受けてしまったペナルティを解除するには

通常、受けてしまったペナルティは正しい手順を踏んで対応すれば解除することができます。そのためにはまず、ガイドラインに違反している部分を特定して修正を加えることが必要になります。

手動によるペナルティの場合は、ウェブマスターツールを通じて再審査リクエストを送る必要があります。再審査リクエストでは、どのような修正を加えたのか、修正が困難だった場合にはその過程でしてきたこと等を書くことが必要になります。
(参考)不自然リンクによるGoogleペナルティ解除事例 (基礎編)

ペナルティに関するまとめ

自社のWebページが突然の順位低下やインデックス削除をされてしまうと誰でも慌ててしまうと思いますが、ひとつひとつペナルティを受けてしまう原因を探し、その原因を取り除く・修正を加えるなどの地道な作業をし続けることが、ペナルティ解除への近道と言えます。

また何より、受けてしまったペナルティを解除し元の状態に戻す、という一連の作業はこちらの記事でも書いた通り時間も手間がかかることが多い割に、基本的には生産的な企業活動とは程遠い取り組みになります。まずは、Googleの品質に関するガイドラインを理解しておくことで、知らぬうちにペナルティの原因となるような施策を行なってしまっていた、ということがないようにしておきましょう。

Webサイトの運用・集客でお困りではありませんか?

デジタルマーケティング全般についてのご相談はこちら

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

  • 資料ダウンロード

    会社紹介資料・事例集からSEOのお役立ち資料まで無料でダウンロードできます。

  • メルマガ登録

    SEO・コンテンツマーケティングを中心にWeb戦略に役立つ情報を週一でお届けします。

×