内部リンクとは

SEOで使われる用語 「内部リンク」 について解説しています。

内部リンクとは

内部リンクとは、文字通り外部サイトではなく自サイト内を行き交うリンクのことを指します。

内部リンクを最適化することは、外部リンクを獲得することと同様にSEO対策を行う上で重要な要素のひとつです。何故ならば、クローラーはページ内のリンクを辿りながらページを移動しインデックスしたり、そのつながりを判断しページやサイトを評価していくからです。

内部リンクは、外部リンクとは違い完全に自分自身で設定が可能ですので、訪問者だけでなくクローラーにとっても最適化した構造にすることが望ましいでしょう。

内部リンク最適化のポイント

次に内部リンクを最適化していく上で押さえておくべきポイントを紹介していきます。

クローラーが巡回しやすい構造に

検索エンジンのクローラーはリンクを辿りながらページを見つけて、インデックスしていきます。従って内部リンクを最適化することによってクローラーが巡回しやすい環境を整えることは、コンテンツ規模が大きいサイトであればあるほど欠かせない施策となります。

  • サイト全体のナビゲーションとなる「グローバルナビゲーション」
  • コンテンツ間のナビゲーションとなる「ローカルナビゲーション」
  • 主要コンテンツへの誘導や、自分の運営する他サイトへのリンクを設置する「フッターリンク」
  • 上位の階層となるWEBページを階層順にリストアップしてリンクを設置する「パンくずリスト
  • わかりづらい単語の解説や、詳しい内容が他ページにあるときに設置する「補助リンク」
  • サイト上に展開されるコンテンツ一覧を示す「サイトマップ」

などのリンクを最適化することにより、訪問者だけでなくクローラーも、サイトを回遊しやすくコンテンツを探しやすい内部構造となります。

またこれらのリンクが合理的に整理されている状態を保つことで、サイト内の情報構造を検索エンジンが正しく理解しやすくなります。特にコンテンツ規模が大きなサイトでは非常に優先度の高い最適化と言えます。

内部リンクのアンカーテキスト

基本的にはユーザーもロボットも、リンクに記載されているテキスト情報があればそれを元にその先にどのような情報が掲載されているか理解することが出来ます。従って、内部リンクを設定する場合もアンカーテキストには、リンク先のページのテーマを指し示す具体的なキーワードを用います。

AページとCページのアンカーテキストからBページがカレーに関係するページであることが判断できることを説明した画像

上の図のような形でリンクが貼られていれば、AとCのページに設定されているアンカーテキストから、ページBが「カレーに関連する詳細ページ」であることが想像できます。

注意点

基本的にユーザーも検索エンジンのロボットもリンクにテキストがあれば、それを元にその先にどのような情報が掲載されているか理解することができます。従って、リンクのアンカーテキストに必要以上に特定キーワードが含まれていたり、同じアンカーテキストを同じページ内で使用しすぎるなどの手法を見かけることがありますが、もちろんこれは良くありません。

アンカーテキストを過剰に詰め込むなどの不自然な形で内部リンクをしすぎると、不自然な外部リンクと同様に、かえってユーザーの信用や検索エンジンの評価を下げてしまいますので注意が必要です。

少人数でSEO業務を担当されている方へ

社内外の関係者へ報告するためのレポート作成業務や日々の状況把握に追われ、施策の実行がおろそかになってにいませんか?Refractなら1つの画面で重要なデータを全て把握でき、その上ワンクリックで詳細なレポートを作成することが可能です。

SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中!

ワンクリックでレポート作成可能。SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中、15日間無料でお使い頂けます。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ(無料)

0120-304-864
受付時間:平日 10:00~18:30

フォームでのお問い合わせ

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。