ハブとは

SEOで使われる用語「ハブ(hub)」について解説しています。

ハブとは

SEOに於いてハブ(hub)とは「優良なWEBサイトへの発リンクを多く持つ」ことを意味します。「オーソリティ」と、この「ハブ」という概念は、HITSアルゴリズム(Hypertext Induced Topic Selection)によって定義された参照度と被参照度を表す対になる概念です。

HITSアルゴリズム自体はページランクのようにGoogleが開発したアルゴリズムでもありませんが、より良いサイトを多くユーザーに紹介するWEBサイト(=ハブサイト)はユーザーにとって役立つものですし、それらのサイトからより多くのリンクを受けているWEBサイトは非常に価値の高い情報を発信している可能性が高いとも言えますので、その概念自体は存在していると考えて良いと思います。

SEOへの利用

オーソリティになることは難しくても、ハブサイトは自発的に優良なサイトへのリンクを多く持てば良いと考えれば、良いハブサイトを持つことは努力すれば比較的容易です。

良いハブサイトからのリンクはリンク先のWEBサイトにも良い影響を与えるとすれば、例えばブログサイトなどをメインサイトと別で設け、そちらでは自社サイト以外にも優良なWEBサイトを積極的に紹介していくなどとしてハブサイトとして育成していけば、そのハブサイトからの被リンクは非常に良質なリンクになると言えます。

自社でサテライトブログなどを複数運営されているのであれば、そういった活用もありますので、ご参考までに。

少人数でSEO業務を担当されている方へ

社内外の関係者へ報告するためのレポート作成業務や日々の状況把握に追われ、施策の実行がおろそかになってにいませんか?Refractなら1つの画面で重要なデータを全て把握でき、その上ワンクリックで詳細なレポートを作成することが可能です。

SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中!

ワンクリックでレポート作成可能。SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中、15日間無料でお使い頂けます。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×