HTMLとは

SEOで使われる用語「HTML」について解説しています。

HTLMとは

HTMLとは、HyperText Markup Language の略称で、WEBページを作成する際に、用いる言語のことです。HTMLを使用することによって、文章の論理構造を示すことや、リンクを貼ることや画像を表示することが可能になります。

タグを使い、文章に意味づけ(マークアップ)を行うため、マークアップ言語として分類されます。また、この際に使用するタグをHTMLタグと呼びます。HTMLの仕様は、W3Cによって策定されています。SEOを行う上でも、HTMLを使用に従い、正しく使用することが大切です。

HTMLの基本構文

HTMLは、要素と属性から成り立ちます。要素とは、HTMLを構成する基本的な単位のことです。通常これは、開始タグと終了タグで囲まれた範囲のことを指します。ただし、metaタグやimgタグのように、タグ一つで構成されるものは、それ自体が1つの要素として考えられます。

要素の例
HTML要素の解説です、

また、開始タグのみで、終了タグのない要素の例です。
終了タグのないHTML要素の例です。

要素は入れ子にすることができ、入れ子は親子関係を表し、これによりHTMLの基本構造が成立しています。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<title>タイトル</title>
</head>
<body>
<p>段落<a href=”link”>リンク</a></p>
</body>

これをわかりやすくすると次のようになります。
HTMLの要素を入れ子にしている例です。

また、属性とは、各要素の設定パラメータのようなものです。属性には、属性名と属性値というものがあり、属性名は、あらかじめHTMLの規格によって定められたパラメータの項目のことで、属性値とは、任意に指定できるパラメータの値のことです。
要素の例です

HTMLの規格

HTMLには規格によって違いがあり、具体的には、HTML4.01、XHTML、HTML5のようなものです。XHTMLとは、Extensible HyperText Markup Languageの略で、XMLという言語でHTMLを再定義したもののことを指します。そのため、HTMLと一部書き方が異なる場合があり、またHTMLと完全な整合性があるわけではないので注意が必要です。

HTML4.01とは、従来のHTMLの仕様のことです。このHTML4.01には、StrictとTransitionalという2つの種類があります。Strictの場合、HTMLの仕様で、廃止や非推奨となった要素や属性を使用することができなくなります。Transitionalの場合は、廃止や非推奨となったものでも使用することができます。

HTML5とは、次世代のHTMLの仕様で、新しい機能の追加やHTML上でのfont要素やbackground属性などの見栄えに関する要素や属性が、廃止や非推奨となる内容が盛り込まれています。これは、HTMLは文章構造のみを記述し、見栄えはCSSなどのスタイルシートで設定することを推奨しているためです。

SEO上で注目される主要なHTMLタグ

HTMLには、意味を持つ要素と装飾を表す要素があります。SEOでは細かなHTMLのマークアップというよりも、文書の意味が論理的に伝えられているかどうか、シンプルで無駄のないHTMLで記述されているか、ということを意識されれば良く、細かなマークアップを全て気にする必要はありません。

a要素

リンクを表す要素です。

<a href=”リンク先のアドレス”>リンクになるテキスト</a>

meta要素

ページの説明文やキーワード等を設定する要素です。head要素内に記述します。

<meta name=“description” content=”サイトの説明文”>
<meta name=“keyword” content=”キーワード1,キーワード2,キーワード3”>

title要素

ページのタイトルを示す要素です。要素内に記述します。

<title>タイトル</title>

hXタグ

見出しを表す要素です。Xは1~6まであり、h1が一番大きな見出しを意味します。

<h1>見出し</h1>
<h2>見出し</h2>
<h3>見出し</h3>

HTMLとSEOの関係

HTMLは文書を作成するための1つの書式でしかなく、本質的なコンテンツの品質を表すものではありませんので、SEOの中で細かなHTMLの書き方について議論することは滅多にありません。

ただし検索エンジンはHTMLデータを受け取りコンテンツを理解しようとしますので、HTMLを通して検索エンジンが正しくコンテンツの内容を理解し評価でき、正しい検索結果に表示されるようにすることは、SEOの前提でもあります。

そういう意味で、正しいHTMLを記述することがSEOに貢献する度合いは決して大きくはありませんが、それでも重要な取り組みの1つということは間違いありません。

関連記事

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

初級者から上級者まで幅広くコンテンツマーケティングの知識を学べるセミナーもございます

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×