ヒューリスティック分析とは

ヒューリスティック分析とは

ヒューリスティック分析は、Webサイトのユーザビリティを評価する手法のひとつです。ヒューリスティック分析では、ユーザビリティの専門化が自らの経験則を基に、あるいは担当者がユーザビリティの原則に基づき、分析対象となるWebサイトのユーザーインタフェースを評価します。

ヒューリスティック分析の行い方

ヒューリスティック分析を行う際、前提条件を決めてから本調査を実施します。定める前提条件は様々ですが、例えば以下のものがあります。

・分析を行う目的

ヒューリスティック分析を行う目的を設定します。例えば、Webサイトからの成約率を向上するなどの目的が考えられます。

・ターゲット

ターゲットとするユーザーの属性を設定します。例えば、30代~40代の男性で、会社勤めをしているなど、ターゲットの大まかな人物像を設定します。

・調査対象とするWebページ

Webサイトを構成するWebページが多数ある場合、調査対象とするWebページを選定します。

・調査範囲

自サイトのほか、競合上位3社を調査対象とするなどが考えられます。

 

前提条件が固まったら、評価基準となるチェックリストを作成します。「エラー防止」「見つけやすさ」などから構成される、ジェイコブ・ニールセンの10のヒューリスティックなどを参考に作成する事例があります。

作成したチェックリストに従い、調査対象としたWebページを評価します。調査後のチェックリストを基に、課題の抽出を行います。

ヒューリスティック分析とアクセス解析、ユーザーテストの違い

ヒューリスティック分析と比較されやすい分析手法に、アクセス解析とユーザーテストがあります。これらは、ヒューリスティック分析と合わせて使用されることもあります。

アクセス解析は、評価対象となる自サイトのみ分析可能です。データに基づいた分析となるため、確かな根拠から結果を導き出すことができます。

ユーザーテストでは、自サイトのほか、競合サイトも分析可能になります。ターゲットに属性が近い被験者が評価を行うため、ヒューリスティック分析と比較して、主観が結果に及ぼす悪影響が軽減されます。一方で被験者を確保するため、金額面と時間面のコストは高くなります。

ヒューリスティック分析をアクセス解析やユーザーテストと比較すると、ヒューリスティック分析の長所はコストを抑えられる点です。短所は、分析者の主観が影響して、根拠が薄くなる場合がある点です。

まとめ

ヒューリスティック分析は、比較的低コストで実施可能なWebサイトのユーザビリティ評価手法です。分析を行う際は、評価者の主観が影響しすぎないようにすることや、本調査前の前提条件を正確に設定する必要があります。

Webサイトの運用・集客でお困りではありませんか?

デジタルマーケティング全般についてのご相談はこちら

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

  • 資料ダウンロード

    会社紹介資料・事例集からSEOのお役立ち資料まで無料でダウンロードできます。

  • メルマガ登録

    SEO・コンテンツマーケティングを中心にWeb戦略に役立つ情報を週一でお届けします。

×