h要素とは

SEOで使われる用語 「h要素」 について解説しています。

h要素の基本

h要素は「heading(=見出し)」を表すHTMLの要素で、h1,h2,…と段階的にレベル分けされた見出しを表現することが出来、検索エンジンに対してはページの論理構造を伝える役割を持ちます。特にh1タグは「大見出し」として扱われ、ページの主なテーマを伝える役割を持ちます。

h要素最適化のコツ

h要素の文字数

h要素はページごとの見出しを示す要素であるため適切な表現がなされていればとりわけ文字数自体の制限はありません。しかし、あくまで「見出し」ではありますので、基本的にはそこまで冗長な見出し文が入ることはないかと思います。またtitleタグやmeta descriptionのように検索結果での表記に関与することはあまりありませんので、各ページの見出しにサイト名を含める、などは不要です。

キーワードの含め方

h1のようにページの主テーマを表す見出しについては、検索キーワードを含み、かつシンプルに記述します。しかしh要素内に特定のキーワードが過度に詰め込まれたりする場合、検索エンジンにスパム判定される可能性もあるため不自然な表現は避けるべきです。

h要素の構造

h1要素は各ページ1つ設定します。(HTML5についてはこの限りではなくh1を1ページ内で複数設定することが可能です。)h1要素を大見出し、h2を中見出し、h3を小見出しのようにh要素は段落構造を適切に配置していきます。例えば、h2要素の下にいきなりh4要素が存在したり、h2が再び出現したりするような入れ子構造は本来適切な記述ではありません。
段落構造が適切にせっていされたh要素

h要素とSEO効果

見出し内にキーワードが含まれていることで大きな検索順位の向上効果はそこまで期待できるものではありません。ただし、ページ毎にどのような情報がどのような構造で記載されているかを正しく伝えることは、SEOには役立ちます。基本に忠実に、大見出しにはキーワードを含め、レベル毎に段階的にセクション分けしてHTML文書を設計するのが良いです。

h要素最適化のまとめ

  • 論理構造を適切に定める
  • 代表的な見出しには対策キーワードを含める
  • 代表的な見出しはページ固有のものとする

関連記事

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

初級者から上級者まで幅広くコンテンツマーケティングの知識を学べるセミナーもございます

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×