被リンクとは?被リンク(バックリンク)とSEO効果について

被リンク(バックリンク)とは、外部のサイトに運営サイトのリンクが貼られることを指します。検索エンジンは被リンクが多いページを良質なページであると判断するため、SEOの評価基準としても重要視されています。
ここでは、被リンクのSEO効果や確認方法、悪質な被リンクの対処方法について解説します。

この記事のポイント

  • 被リンクは外部サイトに運営サイトのリンクが貼られること
  • 被リンクが多いページは良質と判断されSEO効果が期待できる
  • 購入したリンクや関連性の低いサイトからのリンクなどは悪質なリンクとみなされる

 

被リンク(外部リンク・バックリンク)とは

被リンクとは、外部のウェブサイトから対象のウェブサイト・ページに向けて設置されたリンクのことを指します。
※外部リンク、バックリンクと呼ばれることもありますが、本記事では被リンクと統一表現します。

被リンクが設置される理由としては、

  • ウェブサイト・ページを紹介される
  • ウェブページの内容が引用され、出典として明記される
  • コンテンツについて言及される

などがあり、こうした目的で設置されるリンクが自然な被リンクとなります。

なぜSEOにおいて被リンクが重要視されるか

Googleが被リンクを検索順位の評価基準として重要視している理由は、検索エンジンがコンテンツの良し悪しを完全には理解できないためです。ユーザーから見て価値があるコンテンツには多くのリンクが張られるという思想のもとで、被リンクはウェブコンテンツの価値を示す基準として使われています。

これは学術論文における引用の思想を背景にしています。アカデミックの世界において、質の高い論文はほかの研究者に参照されることも多く、多数の論文に引用されます。そのため被引用が多い論文は良い論文であるという評価がなされます。

ウェブにおける被リンクも同じことが言えます。質の高いサイトやページほどほかのサイトに多く引用・紹介がなされ、リンクが増えます。その結果「被リンクが多いページは良いページである」という発想になり、ランキング付けの評価基準として用いられています。

 

被リンクが多いページは良いページである

近年コンテンツの重要性が叫ばれ被リンクの価値は低くなったとの声もあり、被リンクよりもページの内容や文字数のほうが重要であると言われることもあります。
しかし、検索エンジンはコンテンツの内容を人間のように評価はできないため、例えばユーザーにとって面白く斬新だと感じられるコンテンツだとしても、その価値を理解できません

こうした場合に、被リンクによる評価も併せることで、「人間が判断したコンテンツの質」も評価に含めることができるのです。したがって依然として被リンクは重要であると言えます。

※被リンクの重要性について詳しく知りたい方は、こちらの記事がおすすめです。

外部対策(被リンク対策)がSEOにとって重要な理由

被リンクを確認する方法

被リンクを確認する手段としては、次の2点があります。

①Search Consoleを利用する

Googleが公式に提供している以下のツールを利用することで、自身のサイトに設置されているリンクを抽出することができます。

参考(外部サイト):Google Search Consoleへようこそ

さらに詳しく知りたい方は、こちらの記事がおすすめです。

②サードパーティツールを利用する

Google以外から提供されている以下のようなツールでも被リンクの抽出が可能です。

良いリンク

リンクには良いリンクと悪いリンクがあります。Googleが評価するのは良いリンクであり、悪いリンクは逆に評価を落としペナルティを受ける可能性もあるので注意しましょう。

良いリンクとは、一言でいうと「ユーザーが自然な形で貼ったリンク」のことです。例えば、自サイトのテキストの専門性や信頼性が高い場合、同様のテーマの別のサイトから引用という形でリンクされることがあります。

良いリンクとは、一言でいうと「ユーザーが自然な形で貼ったリンク」のこと

こうしたリンクは自然に貼られたものであり、不自然さがありません。Googleはこのような自然に貼られたリンクを高く評価するのです。

自然なリンクにはほかにもコーポレートから自社サービスサイトへのリンクや、ビジネス上でつながりのあるほかの企業や団体から貼られたリンクなどがあります。いずれも自然なリンクとして評価を高めてくれます。

悪いリンク

一方で悪いリンクは、どのようなものでしょうか。実は悪いリンクについてはGoogleのガイドラインに明記されています。つまり、このガイドラインの悪いリンクに当てはまるようなリンクをしないようにすればペナルティを受けることはないのです。ここからはガイドラインで示されている悪いリンクについて詳細に説明していきます。

悪いリンクとは、購入したリンクや自演したリンク、質の低いリンクなどを指す

購入したリンク

間違いなくペナルティの対象となるのが購入したリンクです。他サイトからリンクを貼ってもらえるとGoogleの評価につながるのは前述したとおりですが、意図して増やせるものではありません。そこでリンクを販売する業者からリンクを購入して、見かけ上の被リンクを増やすという手段が以前は横行していたのです。購入したリンクでもかつては意味がありましたが、現在ではGoogleのアルゴリズムが進化し、不自然なリンクは見抜かれペナルティを受けることがあります。

ペナルティを受けると検索結果の上位に表示されないどころか、検索結果から消えてしまう可能性もあるので、リンクの購入は絶対にやめましょう。

関連性の低いサイトからのリンク

同じテーマを扱っている信頼性の高いサイトからのリンクは、質の高いリンクとして評価されます。逆に関連性の低いサイトからのリンクには注意が必要です。例えば、SEO目的でリンクをただ羅列したようなサイトや、同様にリンクを並べたリンク集サイトなどからのリンクはGoogleには評価されません。現在は検索エンジンのクロール技術が発達しており、「どのような文脈でリンクしたか」まで検索エンジンが理解するからです。

ワードサラダ

ワードサラダからのリンクも悪いリンクであり、SEO対策にはなりません。ワードサラダとは、単語や文章を自動生成で並べただけのサイトです。人間の目には明らかに文章が破綻しているのですが、昔の検索エンジンはそこまで判断ができず「しっかりコンテンツがあるサイト」だとみなしていました。そうしたサイトからリンクをもらうことでGoogleの評価を高めていたのです。しかし、この方法はもう通用しません。ワードサラダはペナルティを受け検索結果の対象外となっています。ワードサラダからいくらリンクを貼ってもらったとしても、SEO対策としてはまったく無意味なのです。

隠しリンク

隠しリンクとは、サイトのなかにこっそりリンクをまぎれこませる方法です。例えば、背景色と同じ文字にしてリンクを貼ったり、ほとんど目に見えないサイズまでフォントを小さくしてリンクを貼ったりと、ユーザーに見えないようにリンクを仕込むのが隠しリンクです。人間の目には見えなくてもHTMLにはリンクを示すソースが記述されているため、昔の検索エンジンは欺かれていたわけです。

こうした行為は現在ではスパムとしてしっかりチェックされます。その結果、ペナルティを受けて検索結果から除外されてしまうこともあります。隠しリンクは悪いリンクの典型ですので、行わないよう注意してください。

リンク精査と削除について

現在は人工リンク施策を行っていなくても、過去に実施していた、あるいは外部から勝手にリンクを設置されているなどの理由で、悪質なリンクが貼られる可能性があります。サイト運営者側の意図していないものであっても、一定の基準以上の悪質な被リンクを獲得するとペナルティとなるため、定期的に自身のサイトの被リンクの状態を確認する必要があります

このように、自身のサイトに貼られたリンクを分類する作業を「リンク精査」と呼びます。

精査の結果見つかった人工リンクは設置元に依頼して削除してもらうことがSEO上は望ましいです。それが難しい場合、Googleに対し自身のサイトを評価する際に特定のリンクを考慮に入れないように依頼することができ、これを「リンク否認」と呼びます。

自社サイトが以下のような状態の場合はリンク精査・否認を検討してもよいでしょう。

  • 過去に人工リンク施策を行っていた 
  • サイト内部に変化がないにもかかわらず、順位が大きく低下した
  • 同程度のコンテンツを持っている競合サイトに比べ、順位が明らかに低い

参考(外部サイト):バックリンクを否認する- Search consoleヘルプ

リンク精査についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事がおすすめです。

リンク否認ツールの使い方・注意点・使用事例などまとめ|ナイルのSEO相談室ブログ

外部リンク精査・否認業務の代行を希望される方はこちらをご覧ください。

外部リンク精査代行|ナイル株式会社-ナイルのSEO相談室

外部リンクを含めた、SEO課題点チェックを希望されてる方はこちらをご覧ください。

SEO課題点チェック・改善方針提案-ナイル株式会社-ナイルのSEO相談室

まとめ

そもそも被リンクをGoogleがランキング付けに利用しているのは、コンテンツへの読み手の評価も加味するためです。それを逆手にとって順位上昇を狙う人工リンクはペナルティの可能性が非常に高く、実施すべきではありません。ユーザーに紹介されうる良質なコンテンツを作ることで、自然な被リンクを獲得していくことを目指していくべきです。

SEOについてさらに詳しく知りたい方はこの記事も読んでみてください。

被リンクはSEO上重要です。もしお困りでしたら弊社のコンサルタントがサポートいたします。弊社は、戦略策定から実装支援まで一貫してサポートしております。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

お問い合わせはこちら