被リンクとは

SEOで使われる用語「被リンク」について解説しています。

意味:被リンクとは

被リンクとは、外部のWebサイトから対象のWebサイト・ページに向けて設置されたリンクのことを指します。

被リンクが設置される理由としては、
・Webサイト・ページを紹介される
・Webページの内容が引用され、出典として明記される
・コンテンツについて言及される
などがあり、こうした目的で設置されるリンクが自然な被リンクとなります。

なぜSEOにおいて被リンクが重要視されるか

Googleが被リンクを検索順位の評価基準として重要視している理由は、検索エンジンがコンテンツの良し悪しを人間のようには理解できないためです。ユーザーから見て価値があるコンテンツには多くのリンクが張られるという思想のもとで、被リンクはWebコンテンツの価値を示す基準として使われるのです。

これは学術論文における引用の思想を背景にしています。アカデミックの世界において、質の高い論文は他の研究者に参照されることも多く、多数の論文に引用されます。そのため被引用が多い論文は良い論文であるという評価がなされます。

Webにおける被リンクも同じことが言えます。質の高いサイトやページほど他のサイトに多く引用・紹介などがなされ、リンクが増えます。その結果「被リンクが多いページは良いページである」という発想になり、ランキング付けの評価基準として用いられるのです。

近年コンテンツの重要性が叫ばれ被リンクの価値は低くなったとの声もあり、被リンクよりもページの内容や文字数の方が重要であると言われることもあります。
しかし、検索エンジンはコンテンツの内容を人間のように評価はできないため、例えばユーザーにとって面白く斬新だと感じられるコンテンツでもその価値を理解できません。

こうした場合に、被リンクによる評価も併せることで、「人間が判断したコンテンツの質」も評価に含めることができるのです。したがって依然として被リンクは重要であると言えます。

※被リンクの重要性についての詳細はこちらをご覧ください
外部対策(被リンク対策)がSEOにとって重要な理由

被リンクを確認する方法

被リンクを確認する手段としては、次の2点があります。

①Search Consoleを利用する
Googleが公式に提供しているツールである、
Search Console
を利用することで、自身のサイトに設置されているリンクを抽出することができます。

関連:サーチコンソールとは

②サードパーティツールを利用する
Google以外から提供されている以下のようなツールでも被リンクの抽出が可能です。

Ahrefs
Majestic SEO
open site explorer

良い被リンクと悪い被リンク

被リンクは検索順位における評価基準として用いられているため、順位向上のみを目的に恣意的に貼られたリンクが存在します。このようなリンクを悪い被リンクと呼び、それに対し自然に貼られたリンクを良い被リンクと呼びます。

良い被リンクとは、前述したようにユーザーが自然に貼ったリンクを指します。具体的には
・引用や紹介を目的に自然に貼られたリンク
・コーポレートサイトから自社サービスサイトへのリンクなど、関係性を自然に示すリンク
・ビジネス上で繋がりのある、他の企業や団体から貼られたリンク
などを指します。

参考:被リンクはどう増やす?SEO HACKS事例からみるリンク獲得方法


一方悪い被リンクについてはGoogleが検索の品質に関して示しているガイドラインの1つであるリンクプログラム内で、検索結果においてサイトのランキングに影響を与える悪いリンクの例として以下を挙げています。

・PageRank を転送するリンクの売買。これには、リンク、またはリンクを含む投稿に対する金銭のやり取り、リンクに対する物品やサービスのやり取り、商品について書いてリンクすることと引き換えに「無料」で商品を送ることなどが含まれます。
・過剰なリンク交換、または相互リンクのみを目的としてパートナー ページを作成すること。
・アンカー テキスト リンクにキーワードを豊富に使用した、大規模なアーティクル マーケティング キャンペーンやゲスト投稿キャンペーン。
・自動化されたプログラムやサービスを使用して自分のサイトへのリンクを作成すること。

つまり、
・金銭や対価を払って獲得したリンク
・リンクを貼ることのみが目的のページからのリンク
・アンカーテキストが同一であったり、キーワードが過剰に含まれた被リンク
・APIなどで大量に自動生成されたリンク

などはGoogleから悪質なリンクであるとみなされます。前述した被リンクが作為的に自然なリンクを装うものであるため、検索エンジンを騙そうとするリンクであると判断されるためです。

大量にこうしたリンクが存在するとペナルティと呼ばれる状態になり、検索順位が大幅に低下したり検索結果に表れなくなったりします。

以前は人工のリンクでもペナルティにならず、順位向上に効果がある時代がありました。それは検索エンジン側の悪質なリンクを見分ける能力が低かったためです。
しかし2012年以降数度にわたってペンギンアップデートと呼ばれる検索エンジンのアップデートが行われ、リンク抽出と判断の精度は向上しました。現在では人工リンクは非常にリスクが高い行為であると言えます。

※参考:ペンギンアップデートとは

※悪質なリンクのリスクについてはこちらもご覧ください
低品質・不自然な外部リンクがもたらすリスクについて

リンク精査と削除について

現在は人工リンク施策を行っていなくても、過去に実施していた、あるいは外部から勝手にリンクを設置されているなどの理由で、悪質なリンクが貼られる可能性があります。サイト運営者側の意図していないものであっても、一定の基準以上の悪質な被リンクを獲得するとペナルティとなるため、定期的に自身のサイトの被リンクの状態を確認する必要があります。

このように、自身のサイトに貼られたリンクを分類する作業を「リンク精査」と呼びます。

精査の結果見つかった人工リンクは設置元に依頼して削除してもらうことがSEO上は望ましいです。それが難しい場合、Googleに対し自身のサイトを評価する際に特定のリンクを考慮に入れないように依頼することができ、これを「リンク否認」と呼びます。

自社サイトが以下のような状態の場合はリンク精査・否認を検討してもよいでしょう。
・過去に人工リンク施策を行っていた
・サイト内部に変化がないにもかかわらず、順位が大きく低下した
・同程度のコンテンツを持っている競合サイトに比べ、順位が明らかに低い

参考:バックリンクを否認する

※リンク精査の詳しい方法についてはこちらもご覧ください
リンク否認ツールの使い方・注意点・使用事例などまとめ

※外部リンク精査・否認業務の代行を希望される方はこちらをご覧ください。
外部リンク精査代行

※外部リンクを含めた、SEO課題点チェックを希望されてる方はこちらをご覧ください。

SEOのプロが行うSEO課題チェック

まとめ

そもそも被リンクをGoogleがランキング付けに利用しているのは、コンテンツへの読み手の評価も加味するためです。それを逆手にとって順位上昇を狙う人工リンクはペナルティの可能性が非常に高く、実施すべきではありません。ユーザーに紹介されうる良質なコンテンツを作ることで、自然な被リンクを獲得していくことを目指していくべきです。

 

被リンクはSEO上重要です。もしお困りでしたら弊社のコンサルタントがサポートいたします。弊社は、戦略策定から実装支援まで一貫してサポートしております。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

初級者から上級者まで幅広くコンテンツマーケティングの知識を学べるセミナーもございます

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×