301リダイレクトとは

SEOの文脈で用いられる用語「301リダイレクト (301redirect)」について解説します。

意味:301リダイレクトとは

301リダイレクトは、URLが恒久的に変更された場合に用いられる転送処理のステータスコードです。転送のステータスコードとして他に302リダイレクトがありますが、302リダイレクトは「一時的な転送」を表すものであり、その意味が異なります。

301リダイレクトが用いられる場面

サイトの移転などでドメイン自体が変更になる場合や、サイト構成の変更によるURL変更など、URLが恒久的に変更される場合には基本的に301リダイレクトで対応します。

301リダイレクトのSEO上の効果

301リダイレクトによって転送される場合、検索エンジンは転送前のURLが持っていた被リンク等の評価を、転送先のURLに引き継がせます。

そのため、たとえば転送前のURLが外部リンクを数多く集めている場合には、301リダイレクトで適切に転送をかけることでこれまでの得ていた被リンク面での評価を新しいURLにそのまま(※)引き継ぐことができます。なお、302リダイレクトはあくまで一時的な転送であるため、このような評価の引き継ぎは原則として行われません。

※ただし、実際には評価の全てを引き継げるわけではなく、301による転送であっても一定程度のアクセス減が確認されることがあります。また、即座に引き継がれるわけではなく、多少の期間(1~2週間程度)を要する場合があります。

301リダイレクトによるURLの正規化が好ましい場合

URLの変更を行っていない場合にも、301リダイレクトを設定することが検索エンジンからの評価向上につながる場合があります。
それは単一のコンテンツに対して複数のURLがあてられていて、これらのURLを統一することができるときです。

具体的には次のような状況がそれにあてはまります。

  • サイトのURLとして、”www.”のついているものとついていないものが混在している場合
    例: www.example.com でも、 example.com でもどちらでもアクセスできる場合
  • サイトのURLとして、”index.html”などの拡張子等のついているものついていないものが混在している場合
    例: example.com/index.html でも、 example.com でもどちらでもアクセスできる場合
  • 同じコンテンツのページが、サイト内の導線(経路)別に複数のURLが生成される場合
    例:「A→B」と絞り込んだ場合と、「B→A」と絞り込んだ場合で異なるURLが生成される場合

上記はあくまで一例ですが、「単一のコンテンツに対して複数のURLがあてられていて、これらのURLを統一することができるとき」には基本的に301リダイレクトによるURLの統合が望まれます。なお、この「URLの統合」のことをURLの正規化と呼びます。

上記にあてはまるからといって必ずしも検索エンジンからの評価が減じられるわけではありませんが、これらのURLを正規化することで、検索エンジンからの評価を向上させることを期待できます。

少人数でSEO業務を担当されている方へ

社内外の関係者へ報告するためのレポート作成業務や日々の状況把握に追われ、施策の実行がおろそかになってにいませんか?Refractなら1つの画面で重要なデータを全て把握でき、その上ワンクリックで詳細なレポートを作成することが可能です。

SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中!

ワンクリックでレポート作成可能。SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中、15日間無料でお使い頂けます。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×